ブログ更新はイザぶろぐで続いてますよぉ~。このFC2は停止となり。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆24時間体制、7年で出番11回 読売新聞より

さすが医師会会長選挙で内紛している、勘違い医師会のある大阪府。
そして、役に立たないことと私腹を肥やすことでは全国トップクラスの悪名高き太田房江前知事のいた大阪府

救急の最前線で不眠不休で当直料金1回1万円程度で命を張っている先生もいる中。

寝てるだけで(そもそも業務請け負っているという気すらないかもw)1日15万円、、、とは。

医師会所属の開業医からの緊急入院依頼は断らない?って冗談が本気に聞こえそうなくらい、救急の現場を逆なでするようなことが、、、あったんだなぁと。

医師会に入った私と同期の開業医の先生も。。。
医師会の先生方の御用聞きは大変だよとw。
ゴルフのセッティングからコンペの賞品、タクシーやホテルの手配から、料亭の手配、、、老人クラブのお守はと。(まぁ、彼もそういうのが大好きな人なので苦痛ではないようだけれどw)

橋下大阪府知事なら、こういうのも変えられるかなぁ?
それとも、医師全体の無責任、、、として、、、しっかりと理解しないまま、、、医者全体を断罪するのかなぁ。

どこかの新聞で、大阪大学の教授の談として、大阪の堺より南は過疎地、、、っていうのがウソじゃないのに、大阪府医師会は何しとんねん、、、って。

さすが、大阪府、さすが、大阪府医師会!
あきれて物も言えん。。。
救急救命士に救急搬送患者の処置に関する指示を与えるため、大阪府が医師会に委託して「府救急医療情報センター」(大阪市天王寺区)に24時間体制で配置している医師が、2000年度以降の7年間に指示した件数は11回にとどまることがわかった。医師に対する報酬はこの間で総額3億5000万円を超えており、利用実績のない事業に多額の公費を投じる府の姿勢が問われそうだ。

救急救命士が患者の気道を確保したり強心剤を投与したりする場合、救急救命士法に基づき医師による指示が必要。府は1994年、府医師会館(同区)内に同センターを開設した際、救命士からの電話に応えて指示を与えられるよう医師を常駐させた。

府はセンターの運営を医師会に委託し、府内の病院などが救急医療に詳しい医師らを派遣。1日3交代制で常駐している。府は、年間約5700万円(06年度)の報酬を医師会に支払っており、1勤務あたり平均で5万円程度になる。

しかし、常駐医師による指示は97年度に22件、98年度に23件あったが、2000年度以降は激減。02~04年度は毎年1件で、05、06両年度も2件ずつだった。

救命士が患者受け入れの可否を病院に問い合わせる際、電話に応対した医師に救命措置の指示を受けているため、センターの医師の指示を仰ぐ必要がなく、件数が減少。消防機関からは「センターは不必要」という指摘も出ている。

大阪府医療対策課は「指示件数は少ないが、センターの医師は最後の砦(とりで)。医療機関の医師の負担を減らす意味でも常駐医師は必要だ」としている。

内科医でもある柿原浩明・立命館大教授(医療経済学)の話「いつ掛かるかわからない電話を受けるため、多忙な救急医をセンターに配置するのは無駄。医師の配置場所を再考するなど、効率的運用を図るべきだ」
(2008年3月25日 読売新聞)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nakoyusa.blog42.fc2.com/tb.php/975-62d12bae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。