ブログ更新はイザぶろぐで続いてますよぉ~。このFC2は停止となり。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
受け入れ不可能が原因で何らかの不利益を被られた患者様が一人でもいらしたら、医療従事者として謝罪します。

さて、また、受け入れ拒否報道です。
はっきり言って、拒否と言われると、じゃぁ、もう救急やめようって気分になります。
必死で命助けている最中なのに。必死で病棟の患者を管理している最中なのに。

どうしても「受け入れ拒否」と報道したいのなら。
少なくともこれを調べて欲しい。

その受け入れ拒否の各症例。
日本の全ての病院(病院と名がつく所には必ず医者が当直している)に、各ケース、あなたのところなら受け入れますか、そして受け入れたらすぐに診察できますか?。

と、調査して欲しい。
私の所は受け入れ拒否をしないのが誇り!と豪語する病院も確かにある。
しかし、受け入れたはいいが、何でも受け入れるため、受け入れてから何時間も待たされたりすることもある。。。

それと、絶対に、、、院長と病院経営者には聞くなよ!

彼らは勤務医、当直医とは利害が対立しかねない存在だから。
体制も人材も整っていないのに、救急、どんどん受け入れて、なんでもとって、断るなんてもってのほかよ、、、。と言い放つ病院経営者は少なくない。だから、そういう病院責任者に聞けば、うちなら受け入れると必ず答えるからね。

そういう病院は、医者も看護師も使い捨てなの。。。

日本中に、条件をつけずに、絶対に受け入れられると答えられる病院が一体いくつあるのか?。

そして、もうひとつ。
受け入れたものの、此処では対応できないと当直医師が判断した場合、速やかに他の病院に受け入れてもらう体制があるのかも、聞いてもらいたい。

最近、救急隊は疲弊して、、、医者に嘘をつくことが多くなっている。
救急依頼を受けて、引き受けたものの、状態が聞いていたのとはあまりにもかけ離れた、患者が搬送されてくることは少なくない。

もう、ヤダ。

拒否というなら、拒否しない病院が一体いくつあるのか、それを調べて公表するのが、報道のあるべき姿ではないのでしょうか?。


そもそも、当直医が救急の患者を診るのは、労働基準法に違反しています。(詳細は他の先生のブログを読んでねw)法律を犯し、自らの命を削ってまで、当直の先生は救急を引き受けています。

医者だって人権のある人間です。

マスコミや厚生省は何をしてくれたんですか?。
何人我々の同士が死ねば許されるのですか?。
何人、燃え尽き、鬱になれば救急やめてもいいよと言ってもらえるのですか?。

いい加減、聖職として最前線に立っている医者でも、、、プチっと何かがきれるよ。
コメント
この記事へのコメント
いつもわかりやすく実態を解説していただき、なるほどな と理解を深めています。
医療関係の方も、マスコミの一方的な報道に怒りを感じておられますね。友人の医師もいつも嘆いていて、最近では年賀状にまで書いてきます。
実感として、マスコミは庶民の味方と称して、実態を無視して社会的に優位な立場にある層を攻撃します。そこにたどり着くまでどれだけ努力をしたかは無視して、不公平感を強調しますね。社会システムを作るにあたり本当に責任のあるところではなく、表面化して攻撃しやすいところを。緊急医療などはその最たるところ。
同じような憤りを感じながら、ちょっと書かせていただきました。
2008/03/05(水) 07:36 | URL | ラドバム #-[ 編集]
医者は患者に奉仕するものです。
そんな当然の事が嫌なら辞めなさい。辞めないのなら文句を言わずに働きなさい。
大変でない仕事などありません。
2008/03/06(木) 09:29 | URL | #JalddpaA[ 編集]
色々と違和感を覚える事が多いと感じます。
テレビのマスコミはじめ、日常で接する人達の中でも同様に。
いずれも独特な「空気」を感じます。
医療という現場でも同様なことが起こっているみたいですね。
医療制度崩壊の危機・・・などという言葉を聞きますが、この「空気」はその一因になっているように思います。

とても大きな、言い知れない不安が日々募るばかりです。
2008/03/06(木) 16:34 | URL | mk-g #Ml2OdNAs[ 編集]
不安があることは良い事です。
治す部分が明確なのだから。
しかし、問題点がはっきりしない場合の不安は得てして、問題点が複雑であるのではなく、それらが隠されている為です。
医師は患者に奉仕するものです。
しかし現在の医療現場は大変だということも事実です。
現在の医療制度に問題を生じさせたのは、国民に奉仕すべき人たちです。
そのことを議論しないで、医師を責めるのは対症療法にしか過ぎません。
まずはマスコミや厚労省から変えていかねばなりません。

ちなみに私は、「金を払っているからサービスを受けるのは当然だ。」というアメリカ的考えは、公共社会の崩壊に繋がると思っております。
これって、「店員にありがとう」と同じ問題ですよね?
2008/03/06(木) 18:20 | URL | Mk-2 #PQz7vE8o[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nakoyusa.blog42.fc2.com/tb.php/930-e55dcdf4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。