ブログ更新はイザぶろぐで続いてますよぉ~。このFC2は停止となり。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 富山県警による冤罪(えんざい)事件で、再審で無罪が確定した柳原浩さん(40)が20日、同県高岡市の高岡法科大学で開かれた学園祭で講演し、法律を学ぶ学生ら約70人に、誤認逮捕や不当捜査の恐ろしさを伝えた。


 再審弁護団長の藤井輝明弁護士が同大学で客員教授を務めていることから実現。「冤罪事件を考えよう」と題し、小林大介・主任弁護士との対談形式で講演した。

 柳原さんは、02年に突然、理由も分からずに氷見署に連行され、長時間の聴取で罪を認めさせられて有罪になった過程を説明。「誰も味方がいないと絶望し、自分は罪を犯したんだと言い聞かせて2年余りの刑務所生活を送った」と話し、「取り調べを録画・録音する可視化を進めてほしい」と訴えた。

 来場者からは「同じ悲劇が二度と起こらないよう、体験を日本中に伝えてほしい」などの意見が上がっていた。法学部3年の高見哲朗さん(20)は「取調室で倒れるなど、警察の捜査は報道されているよりこわいものだと実感した。学んだことを法律の勉強や将来にも生かしたい」と話していた。【茶谷亮】

毎日新聞 2007年10月21日
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nakoyusa.blog42.fc2.com/tb.php/795-e77f4e4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。