ブログ更新はイザぶろぐで続いてますよぉ~。このFC2は停止となり。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
危険運転致死傷罪が適応されない卑劣な交通事故判例が出ましたよね。

1年以上前に読んだ論文より。。。

法律ってものは、その場の勢いとか、流行とか感情に流されてはいけないんだとか。

その時代に、その時代の感覚では「死刑!しかないやろ!」って思うような判決でも、恒久的にその判決は支持されるものなのか?。平等であるのか?とかが大切なんだそうな。

危険運転致死傷罪っていうのが出来た。
でも、これが出来るまでは業務上過失致死でしか裁けなかった。

じゃぁ、、、同じ犯罪なのに、いきなりそんなに重い判決にしていいのか?。
昨年までは7年だった犯罪に25年の判決を出していいものか?。

とか、そういう考え方があるんだそうな。

冷静で平等で、時流に流されない判決。。。

法が間違っている!と言ってしまう、裁判官に人間の血が通っていない。
なんて批判をするのは簡単。

結局は、、、。。。
酒を飲んで運転することが、
危険運転致死傷罪になって
25年も刑務所で暮らすほど
重い罪だ、、、と、酒飲みがみんな認識していて、それでも自己責任で

そんな重い罪になってでも俺は酒を飲んで車に乗るんや!

ってことをみんな承知するくらいに社会が同意しないといけないんだろうなぁと。

私はここ5~10年くらいは酒を飲んで運転したことはないけれど。。。
ちょっと飲んで、これくらいならいいだろう。。。

って人は多いと思う。

そういうひとがほとんどいなくなって、、、危険運転致死傷罪っていうのが適応されるんだろうなぁと。


しかし、、、法律家や裁判官、そして、法そのものが、弱者・被害者を守るためにあるのではない!

ということに、、、日本の国民はあまりにも気がついていないのよねぇ。。。
そこんとこが理解されていないのに、危険運転致死傷罪の判決を出さない裁判官だけを責めてもなんの解決にもならないんだけど、、、

ね。

冷静さ、欠いてきたでしょw。

だから。
私は裁判員制度に召集されたら断固拒否する。

コメント
この記事へのコメント
そのとおり、世の中冷静さを欠いてますよね。
人が人を裁く意味を裁判員制度が始まる前に、国民みなが考える必要があると思います。
2008/01/26(土) 14:04 | URL | 裁判員制度 #-[ 編集]
人間が人間を裁くことができるのか、裁いていいのか、、、という問題にまでさかのぼってしまうと。。。

医者が患者に、患者も病気の事を勉強しろ!って説教するのと同じで、、、自分のことをやりながら、専門的なことを学ぶのは結構難しい。。。

裁判員なんて気楽に気軽に参加すればいいのだろうけど、、、それは無理だろうてっていうのはわかりきっていますしね。。。

年金の書類ひとつ理解できない国民が大半なのに、、、役人が決めて、エライヒトが実行するような事って、。

参加することがまずなによりも大事というのはわかるのですが。
2008/01/27(日) 00:19 | URL | 管理人 遊佐 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nakoyusa.blog42.fc2.com/tb.php/732-dfb55be6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。