ブログ更新はイザぶろぐで続いてますよぉ~。このFC2は停止となり。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
移植をなめんじゃネェ!

院長は何者なんだろうとか。
手が震えてるのに手術は出来ねぇとか。
頼むから、点滴滴下始める時、エアーが入らないようにしてくれとか。
てかぁ、ルートの中の空気が全部入っちゃうだろうが、、、。。。とか。

敗戦処理だ?
敗戦処理のオペ担当だ?。

敗戦処理の治療なんてないんだよ。
何が何でも勝つんだよ。

そのためには医療費めっちゃかかるけど、、、
そんなの関係ネェ。

この国は~~~国民皆保険~~~さらに高額医療費は後で帰ってくる~~~だから無駄な医療にも金使い放題~~~でもそんなの関係ネェ。でもそんなの関係ネェ。でもそんなの関係ネェ。はいオパピ~。

ちゃうちゃう。

無駄な医療に金使うくらいなら、助かるかもしれない命に向かって無駄な医療費使う方がよっぽどましだと思わねぇか?。

ほとんど死んでる90才の患者に週2回、輸血して、週3回、透析回すんだったら。。。
あ、話思いっきりずれてる。

肝臓移植、順調に数をこなし、残るは心臓移植の認定施設になることのみ?。
あんた、肝臓移植された患者の生存率はご存知か?。
生体間のドナーとなった人の副作用報告は見てるのか?。

その程度の成績で成功?。

そんなんで、成功だったらなぁ、医者はとっくに神の領域超えてるってばよ。

移植くらい誰だって出来るワイ。難しいのは移植後なんだよ、ばかやろう!。

移植をなめんな!
ところで、、、マンナミ医師にアメリカ移植学会から招待状が届いたそうですね。。。

それはさておき。
移植は、移植後、何年も、何十年も患者の精神も病気もフォロー続けて診て、始めて成功したって言えるんだよ。

移植をなめんなよ!。

骨髄移植後、いろいろあったけど、無事に社会復帰もされて、10年以上経過して、再発なんて患者を診たらなぁ。。。
悔しくって言葉も出ないんだよ!。
コメント
この記事へのコメント
先生 こんばんは
医龍ってこんなに面白かったんですね~。
「エアが入らないよう」の下りでゲラゲラ笑い出したらネコが起きて来て・・・うるさいと噛まれました(涙)
再放送が楽しみでございます。
私もたまにカプランの集計などするんですが、辛いっす。
2007/11/23(金) 04:30 | URL | Cyber #-[ 編集]
先生、3連休は如何お過ごしですか。医師に休日は無いのですか。
 さて、最近先生のこのブログの更新、凄い。読み切れない位の投稿量です。失礼ですが、もう少し力を抜かないと、ネタが無くなりませんか?
2007/11/23(金) 23:13 | URL | そろそろ中年 #-[ 編集]
ここんとこ、医龍がつまんなくなってきました。「お立ちだ~い」「むっちゅ、ななぁ~ちゅ・・・はい落ちたっ!」がもっと聞きたいわけで。アベサダは神。
医療なんですが、今後の医療はどこで線引きされるんですかね。理論的にはどんな臓器も肉体も作れるし、(記憶を含む)クローン人間だって作れるようになるはず。つまりは不老不死だって夢物語ではないわけで。クローン化が進むと「医者いらず」なんてことにも。
そうなるとですよ?延命処置の権利が認められるなら絶命処置の権利も認められなければおかしいわけで。不老不死が現実になったときこそ、人間が肉体を捨てる時ですね。
なんか、マトリックスの世界がどんどん現実味を帯びてきた気がします。
人間は死ぬからこそ意味があるわけで。
2007/11/29(木) 08:22 | URL | 医牛 #z8Ev11P6[ 編集]
がんばって!!です。

老人医療費が高い、、、とか言う前に、終末期医療の医療費をどうするかが論じられていませんよね。

死ぬ前に、、、できるだけのことをしてください!といわれ、、、出来るだけの事をしちゃって、、、医療費が恐ろしく高騰するんですけどね。。。

助かる見込みなし(その線引きがまた難しい?)それ以降は、、、医療費全額私費になったら、、、すぐやめてください!!!って家族は増えそうですよね。。。

年金制度バンザイ!ですからw。

老人生かして医療費タダ同然、年金はがっぽり家族でワケワケ。

死ぬ直前に繰り返される、見たこともない患者の親族が続々と押しかけて、、、どうなっているんだ!!!の恫喝。もう、、、辞めてって感じです。。。
2007/12/06(木) 13:10 | URL | 管理人 遊佐 #-[ 編集]
「もう十分生きたんで、生きたいと思ってる人に私の臓器でよければ差し上げます。その代わり麻酔をかけて安楽死させてください。」
こんな人いっぱいいるはずです。単純計算では人口的にはプラマイゼロだし。いや、むしろプラスかな。
不謹慎かも知れませんが、マジでこんな狂気な世界を心配する今日この頃であります。
「生きる権利を認めるなら死ぬ権利を認める義務」ってやつなんですけどね。
2007/12/07(金) 09:52 | URL | 医牛 #z8Ev11P6[ 編集]
今流行の?自虐の詩(えっと映画です)の作者の続きのマンガ(4コママンガ雑誌で連載中です)(医者の人はほとんど読んでないと思いますが、、、)で、お金が無くなると、あちらの世界に行かなくちゃダメで、あちらの世界ではそれはもう非合法しかないという世界で、、、(話はもっと良く出来ていますがw)


死ぬ権利を認めちゃうと、死にたくないんだけど、死ぬ道を取らされる人が多発するんでしょうね。。。

昔記事で、「ソイレント・グリーン」という映画を小さい時に見て衝撃を受けたというのを書いたとき、いくつかのコメントがいただけて、嬉しかったのを思い出しました。

2007/12/13(木) 00:38 | URL | 管理人 遊佐 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nakoyusa.blog42.fc2.com/tb.php/699-5e792644
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。