ブログ更新はイザぶろぐで続いてますよぉ~。このFC2は停止となり。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
H5N1 強毒性新型強毒性日本上陸のシナリオ/岡田春恵という本があります。
パンデミックとかアウトブレイクとかいうキーワードもありますね。)

書評ではないのですが、この本、国の研究施設にいる人が書いた小説で、
出てくる施設の名前や登場人物が実在している。
政府の無策ぶりを指摘している。
最悪のシナリオが起こりうることを説いている。

いろいろな意味でスゴイ本です。

政府は、今年は流行しなくて良かったね安堵するだけ。
(安倍ちゃんが政府直轄でこの問題に対策チームを作ろうとして挫折したことを知っている人はいますでしょうか?。)
マスコミは、今年も備蓄したワクチンが無意味に終わり、税金が無駄となったと報道するだけ。

全国民のワクチンを用意している国も多い中、日本は、軍、警察、医療関係、役所そして国にとって大事な方々の分しかワクチンなどは備蓄されていないことが多いですよね。
パンデミックの記事も以前書いた(よね、、、w)のでもう書きませんが。
本屋に寄って、へぇ~こんな本あるんだ~と思ってたら、車で移動中ラジオの「こんちわコンちゃんお昼ですょ!」で紹介されていたので、私も紹介してみました。実際に本を読んだわけではないのですが、、、2ヶ月前に出た本ですが、、、話題になってませんよね。。。

さて。
あなたは病院に、この新型で強毒性なインフルエンザが疑われる患者が来たら、、、。。。

どうします?。

私は、逃げるかもしれない、情けない医者です。。。

以前、何が起こっているかどうしてもわからず、2日で急変して死んでいってしまった患者の話を書いた(書いたっけ?)ことがありますよね。あと、可能性として考えられることは、、、未知の感染症?。

マスクなどせず、手袋もせず、不眠不休で戦った後2週間くらい、自分の身にも同じ症状が出ないか、、、正直恐ろしかった経験がありますので。。。

未知の感染症を疑った時、医者として使命を果たせるか?。。。

そういえば、、、この感染症で、簡易の仮設感染症隔離テントみたいなのを全国の病院にひとつずつ、1台数百万円したと思うものを導入したよねw。2,3日対応遅れるだけで、数万人に感染が広がるのに、その対策に、政府がやったことはたったこれだけw。
感染症指定医療機関は全国に315医療機関(1,635床)
第1種感染症指定医療機関の数は、国民は、、、知らない方がいいので載せない方がいいでしょうねぇw。

感染者数十万から200万人、死者が70万人とまで言われる感染症上陸が目の前です。

役所と政治家の人のワクチン接種を優先して、当然、高級官僚や政治家の方は、自分の家族や親戚、支持者や縁者の分も持っていかれるでしょうから、、、一般人がワクチンを打てる頃には、感染症は収まってきているんでしょうねぇ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nakoyusa.blog42.fc2.com/tb.php/680-dbf61f63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。