ブログ更新はイザぶろぐで続いてますよぉ~。このFC2は停止となり。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いい病院! ランキング!。

特に外科系などで、いい病院としての指標として症例数が多いことがあげられます。

で、、、

そういう病院って、、、どうして症例数が多いのだと思います?。
(と、話題を振っておいて核心に迫ることは私には出来ませんが)
もちろん、紹介患者が多い、症例数が多い、執刀医が多い、手術体制が優れている、名医がいる、医療スタッフが優秀、病院の理念が優れている等、、、。

というのが見かけ上の理由ですが。

症例数を押し上げている理由のいくつかは医者ならばわかると思います。そして、本当にそこの病院で手術を受けたいですか?と聞きたい。いや、医者としてのプチVIPとしてではなく、身分や経歴を隠してでもその病院で受けたいと本当に思いますかと。

おそらく、そこの病院で研鑽を積み、技量を高めた先生には、影の部分は口外できないと思います。

これだけ話を振っておいて、そこを書かないのはずるいかと思われるでしょうが、、、まぁ、、、あなたもそこで受けてみればいいと思います。何かがわかると思います。そこがどんな病院で自分はどんな扱いを受けるのか。

だからといって、私が言わない理由はおそらく一般の患者さんにはなんら不利益な事ではありませんので、安心して受診してそこで受けたいと思われれば受けていただいて最高の治療を受けられるものと私も信じます。

で、何故、症例数が多いかわかりますか?。
私には書けません。。。
コメント
この記事へのコメント
こんにちは。

何故、症例数が多いのか、どんな扱いをされるのか、と言われると少し怖いです。なんなんだろう。

でも遊佐奈子さんでも書けないなにかがあるのですね。
だから症例数とかで報酬の高低が決まっていたものを、やめる方向に決まったのでしょうか。
2006/01/30(月) 20:31 | URL | 一般国民 #-[ 編集]
はじめまして白神と申します。息子が難病に付き、HPで情報を探している最中、こちらのお気楽な日記に辿り着きました。

さてクイズ(?)の答えですが二つばかり思いつきました。
その1).権威ある大先生が「この病気だったらワタシの所に回しなさい」と号令を掛けているから。目的は論文(権威増大)か補助費(研究費?)をたくさん申請出来るから。
その2).その筋の省庁が「この病気だったらこの病院に回しなさい」と号令を掛けているから。目的は一極集中型によるコスト削減かな。

何れにしてもお金がらみ、また何れにしても患者は「一般の患者さんにはなんら不利益な事ではありませんので...最高の治療を受けられるものと私も信じます」とう事を信じて診療を受けるということにしかなりません。
2006/01/31(火) 07:09 | URL | 白神 #mQQEfdr.[ 編集]
症例数は、、、日本ではあまり意味のない評価法なんでしょうね。

確かに症例が多い所は技量が高いのは当然なのですが、1000例のうち800例はひとりの先生ならともかく、そういう病院には、多くの研修に来ている先生がいるわけで、、、。

そういう先生の練習台になる患者も当然いるわけですね。(もちろんそういう病院に勉強に来る時点で、結構腕は優れていると思われるのですがw)

怖い話のヒントとしては、、、
若いドクターが練習をするためには、練習してもよい患者が沢山必要だということです。患者側にもいろいろ事情がありましてね。。。

また気が向けば、、、書きます^^;。
実は、そういう本も探せばありますので、興味があれば、、、w。私から紹介はしませんけどねw。
2006/02/01(水) 19:12 | URL | 遊佐奈子 #-[ 編集]
個人的には、まれな病気をはじめ、症例が少ない疾患を集約することは、悪くないことだと思います。日本はあまりにも専門外の病気を自己流の治療法で治している(私も他人のことは言えませんが)先生が多すぎると思います。もちろんエビデンス、、、とかいうものに縛られるのも抵抗はあるのですが。

お金は絡んでくると思います。研究目的も含んだ治療でなければ、発表の場がなくなるため、実際の薬の効果判定や新しい治療法など出来ないわけですし。もちろん、薬を使う以上薬の会社からの寄付やら薬剤の提供やら資料の、、、いろいろな関係がありますが、金儲けでやっている、、、もちろん金儲けも必要ですが、そして、自分の研究の名声ももちろん必要なのですが、、、。

カネや地位がなくては新しいことや理想とする医療には近づけないことも事実かもしれません。有名にならなければいい論文を書いても著名な雑誌に取り上げられにくく、素晴らしい業績でも世間の目を見ることがなく、、、など、理想論だけではやはり語れない所もあります。

短く書こうとして長文になっていますが、患者を治したい、病気を治したい、という方向性はどんな医師にも共通なことだと思いますので、患者としては、自分にあった医師を探す、、、のが重要になります。非常に難しいのですけどね。

とりあえず、カネや名声も必要だということは納得してもらいたいなとちょっとだけ思いました。(文章まとまっていなくてすいません。)
2006/02/01(水) 19:22 | URL | 遊佐奈子 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nakoyusa.blog42.fc2.com/tb.php/60-0d620ea6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。