ブログ更新はイザぶろぐで続いてますよぉ~。このFC2は停止となり。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
女性勤務医の育児サポートに関する実態調査 出産・育児への支援の重要性浮き彫りに 休職理由「働く必要なし」も 07/08/22
記事:Japan Medicine
提供:じほう


 水田祥代・九州大病院長らのグループが行った「女性医師の勤務に際しての育児サポートの状況に関する実態調査」がこのほどまとまった。女性医師1800人に、勤務の実態や出産・育児支援に対する考え方を聞いた。それによると、医療に現在携わらない理由の多くは出産や子育てで、女性医師が働き続けられる職場環境の整備の必要性をあらためて裏付けた。ただ、そうした一方で女性医師の多くは医療活動を再開する予定がないことも浮き彫りとなり、「働く必要がない」「他の職業に就いている」という人も少なくないことが分かった。

 調査したのは全国医学部長病院長会議・女性医師の労働・環境問題に関する検討ワーキンググループ。
  医学部を卒業してから5、10、15、20、25年目の女性医師1808人へのアンケートを集計した。調査票の配布数が不明のため回答率は出していない。
  設問は女性医師の勤務体制、出産・育児のサポート体制、出産・育児中の医学知識・技術の維持-に分けた。
  集計は開設主体別、地域別、年代別に行った。年代別集計に絞って内容をみると、非常勤や休職している理由に「育児」や「家庭生活との両立のため」を挙げた医師が多く、30歳以下で42%、31歳以上になるとすべての年齢区分で6割以上を占めた。
  31-50歳を5歳刻みで区分しており、36-40歳になると家庭との両立(44%)を挙げる人が育児(25%)を上回る。51歳以上になると、育児は5%と少ないものの、家庭との両立を合わせると64%が常勤で勤務できない理由に挙げていた。
  非常勤や休職をしている期間は、年代が上がるにしたがって「5年以上」と答える割合が増える。31-35歳では13%だが、36-40歳で33%、41-45歳では58%と半数を超え、51歳以上では82%に達している。
  さらに、今後の予定についても、30歳以下で20%が「5年以上非常勤・休職の状態を続ける」と回答。31歳以上になるとその割合が増え、41-45歳で68%、51歳以上では76%に達していた。
  医療にほとんど携わっていない理由については、45歳以下では51-80%の人が「妊婦・出産・子育てのため」を挙げ、46歳以上になると「介護のため」が増える。医師と結婚した人が8割前後と多い影響からか、「働く必要がない」が41-45歳で15%と二けたを超え、46-50歳が20%、51歳以上になると37%が診療に従事しない理由に挙げていた。  医療現場から離れている理由としてはそのほか、「他の職業についている」も目立ち、36-40歳で14%、51歳以上では37%だった。

「復帰したい」は少数派?

 医師不足対策では、女性医師の復職を支援するための研修がクローズアップされ、今回調査では「医療現場から遠ざかり医療を行う自信がない」という質問も設定した。ただ、それを復帰しない理由に挙げた医師は少数派で、上位2位が13%(51歳以上)、9%(36-40歳)にとどまった。特に46-50歳では0%だった。
  そのほか医療を再開する予定についても、年齢が上昇するとともに「予定がない」の割合が増えている。31歳以上の区分では、いずれも半数以上、特に41-45歳、46-50歳では80%が復帰する考えがないこともわかった。
  仕事と育児を両立させるために必要な条件としては、「配偶者の意識」が全年齢区分で13-14%でトップ。そのほか「自分の意志」や「上司の理解」「同僚の理解」も10数%で上位に挙げられた。物理的な支援では、保育園、託児所への期待が強いこともあらためて裏付けられた。
  回答者の現状については40歳までは大学病院で勤務する人が多く、41歳以上になると開業が増加している。診療科はすべての年代で内科・精神科が30-37%と多かった。


Copyright (C) 2007 株式会社じほう

コピペすると自分が偉くなった気がするなぁ、、、そんなことはさておき。

やっぱ、女医なんていらねぇ!。
という結論でよろしいんでしょうか。。。

私も正直な所、、、友人や先輩後輩で、まともに医者やっている女医の半数以上(内科系に限りますが)は独身です。
私よりもはるかに優秀な女医さんも10年目くらいともなれば、ほとんどが家庭に入っているか、小遣い稼ぎ程度(とはいえ、医者はバイト(フリーランスっていうんですかw)のほうが稼ぎが多かったりしますがw)でやってるか、、、それこそ「他の職業についている」子も結構多いです。

そもそも、女医さん(というか、女子医学生)の中には、学生時代から医者になって医者として頑張るつもりはない子も少なからずいます。そういう人に高いお金をかけて医者にならせること自体、女医はいらねぇ論になるので。。。

女医になって医者と結婚して、跡継ぎを医者にすることこそが最優先課題な人もいますし。。。

もちろん、眼科や皮膚科など早く開業(独立?)できる科を選ぶ、賢い??女医さんも多いですが、、、。。。
私のように、医者っていったら内科だろう、、、と内科を選んだようなアホは、、、結局、、、最先端にも最前線にも残れず、、、結婚して、育児して、、、母としての幸せの方が、医者としての幸せなんかよりも素敵なことなのかなぁとか思い始めたり、、、。。。

おまけに、今の所はありがたいことに医者不足なので、普通に勤務するよりもフリーランスの方が、、、給料よかったりするとあれば、、、死ぬまで働く気もないし、第一うちなんて開業医でも病院経営してるわけでもないし、、、子供が独立するくらいまで食べていければいいかなぁとか思えば、、、認定医や専門医なんかの資格も維持するのって、、、オカネの無駄じゃんとか思えるくらいだしw。

要するに、女性として、結局、、、男女均等でもあるし、ある意味、女性に有利なような医者の世界って、、、(産休だ、女医だとかいって、優遇してもらえる、、、これが男性医師だと、死ぬまでどころか、死んでも働けだもんねぇ。。。)

やっぱ。。。
女医は要らないっしょ。。。少なくとも産休なんて取る医者は。。。子供なんて産む医者は、、、結婚なんて。。。

私も既に他の職業についているから復職する必要がないわぁ~
なんて言ってみたいぜ!w。

さぁて。
こんだけ書いたら、女医なんて要らない!って思うでしょ。
少なくとも貴女みたいな医者は要らないって。

はぁ、、、そっかぁ~やっぱ、、、私、要らないんだぁ、、、自分で書いて、自分で落ち込んじゃうよねぇw。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nakoyusa.blog42.fc2.com/tb.php/527-109552c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。