ブログ更新はイザぶろぐで続いてますよぉ~。このFC2は停止となり。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事5回分くらいコメントレスを書きました。
あくまで、医者から医者を擁護する立場で?書いています。

相当に負の姿勢が強い意見ばかりですが、よろしければ目を通していただけるとありがたいですw。

NHKスペシャル<日本のがん医療を問う>を勧めない訳

NHKスペシャルの記事の反響
最高の医療が提供できない理由は実はたくさんあります。
報道に出てくる名医先生には信じられない世界なのでしょうが。

わかっていても出来ないこと。医療にもそれは多く存在します。
でも、出来ないことも含め、現状レベルで提供できる医療だと思います。

それが満足いかない人は、どうぞご自分の足で、ご自分のお金で最高の医療が受けられる病院を探して受けていただくことを強く望みます。

絶望という結論に行き着く隠れた本当の名医が倒れないように私は少しでもくだらなくてもいいから書いていきたいと思います。

これだけ好き放題書いている(ように思われる)でしょうが、書いてはいけないこと、書けないことなどいくらでもあります。それを伝えようとは思いませんし伝えたいとも思いません。

日本の医療はまだ悪くないと思います。
でも、今、患者の力(を国が利用して)でどんどん悪くなっていると思えてなりません。

今ならまだ多分間に合います。

あれ、宗教の教祖みたいなこと書き始めましたね。
手が疲れたのでw、そろそろやめときます。

なお、FX投資とか、おちゃらけ話はちょっと今すべきではなさそうなので、波風落ち着くまでちょっと保留しますw。
コメント
この記事へのコメント
 たくさんコメント頂いたので、また書いてみました。
 遊佐さんと同じような職場環境で働いているものとして、自分は報われてないなあと感じることは多々あります。ただそれは別に患者さんのせいやマスコミの報道のせいだけでもないでしょうね。開業医や勤務医の待遇の差、大学医局での無給医師などなど、医者世界の不合理なシステムの弊害が患者さんの不利益になっていることってたくさんありますよね。別に患者を盾にしてというつもりはないですが、医者の中でそういう身内へ批判がなく、自分たちで改革できないから官僚や行政にいいように制度を変えられてしまうのではないでしょうか。医者以外の世界への不満は、誠実に熱心に働いている医者では感じることかもしれないけれど、そこまでなにもできず追い詰めたのは同じ医者でもあるはずです。医者が医者を擁護ばかりしていても医療や今の医者の立場が良くなるには限界があるのではないでしょうか。自分たちで改革できないことを外からやろうとして声を上げている人がいるのにそれをいちいち跳ね除けていたら私たち医師の未来ってどうなるんでしょうね。

 医者の倫理のような教科書的なだいぶ極端な理想論を振り回しましたように思われたでしょうが、患者、医者の限られた時間のなかでの関係なのでもちろんできることの限界があるという前提です。そんな名医が自分でできな領域まで患者さんを抱えるとか、最後まで患者さんを診ないとその人への不利益になるなんてつきつめたものでもないです。遊佐さんの言うとおりそこで医者が燃え尽きたりして、更に新しい多くの人の診療に当たれないのは、逆に患者さんにとって不利益で、医療としても非効率的ですよね。(先ほどの医者の世界の仕組みだと、今はそいう医者をたくさん生み出していると私は思っています。)格好いいことを言いたくという訳でなく、そいうことを今は医者が示して、実行ないと回りから理解してもらえないのが現実なのではないでしょうか。そいう気分でない医者もいると思うので、発言できる人がどんどん示して欲しいものです。別に民間療法みたいに治りもしない病気を治せるということではなく、当たり前の医者のしていること、(別に聞きたくないような裏話や実態を暴いて歓心を引いたり、不快にさせる必要はあまりないと思います。)、医者以外の人に正しく、納得しはてもらえるように働きかけるという話は別に理想論でないと思いますよ。それには私たちの論理をありのまま伝えるのでなく、分かるように伝えるのが大事でしょう。(死にそう人本人に何のフォローもなくあと1週間しか余命がありませんというのはスマートでないということは臨床医なら実感している人は臨床医ネットの意見書は一臨床医としての感想は、世間に誤解を与えるだけの内容であり決して私たちの利益にもならず、患者側
の理解も得にくいのではないかと思っています。同じ運動でも、もっと患者のニーズにきちんと答えることなら賛同できるのですが。
 
多くの収録時間を編集するとどうしても話のつながりを欠いてしまうのは仕方ないのかなと。ただ、一般的な現場の医師の意見は、、、おそらくいいよなぁ、そんな充実した医療のできる病院に勤める医師は、、、となってしまうのですね。

所詮、奇麗事。
すべての病院でそのレベルの医療を提供できないことは誰もが知っています。例えば外科、数千人の命を救った神の手を持つなどと馬鹿げた表現に惑わされるでしょうが、それでは聞きたい、その先生、そのあとすべての患者のフォローをしているのですか?。それは無理でしょう。

もちろん、その先生がいなくては今の自分はないという人はたくさんいますが、それを支えているのは他の医者であったり看護師であったり、医療職の人であったり、当然家族や友人その他人間以外のもの(宗教、ペット、趣味など)も含め。

そう、理想を言うのはかっこいいよなぁ、確かにアナタのところではできるんだよなぁ、じゃぁ?アナタがすべて面倒見ればいいじゃないの。だって他の人に任せたら死ぬんでしょ、患者の不利益になるんでしょって。

人間的に優れていて完璧な人は多分医者にはなればい。医者自身が潰れるか、支えている誰かが泣くかです。

24時間365日、毎日患者のことばかり考えている先生はたくさんいます。ただ、そんなすばらしい先生でも出来ることには限界があります。

より高い次元を求めれば、それに答えられない人材はリタイアしていきます。それが長い目で見て有意義なことなのかどうかは。。。

すいません、マイナスの意見ばかりですが、頑張っているけれどどうしようもないこともたくさんあります。医者を燃え尽きるまで頑張らせないこともそろそろ必要ではないかと。

また、医者叩きか。。。

最前線で誠心誠意頑張る情熱、意欲ある医者でもこう思えてしまうのは、やはりどこか報道はおかしいのだと思います。

2006/01/17(火) 01:30 | URL | tantan #-[ 編集]
 たくさんコメント頂いたので、また書いてみました。
 遊佐さんと同じような職場環境で働いているものとして、自分は報われてないなあと感じることは多々あります。ただそれは別に患者さんのせいやマスコミの報道のせいだけでもないでしょうね。開業医や勤務医の待遇の差、大学医局での無給医師などなど、医者世界の不合理なシステムの弊害が患者さんの不利益になっていることってたくさんありますよね。別に患者を盾にしてというつもりはないですが、医者の中でそういう身内へ批判がなく、自分たちで改革できないから官僚や行政にいいように制度を変えられてしうのではないでしょうか。医者以外の世界への不満は、誠実に熱心に働いている医者では感じることかもしれないけれど、そこまでなにもできず追い詰めたのは同じ医者でもあるはずです。医者が医者を擁護ばかりしていても医療が良くなる、今の医者の立場が良くなるには限界があるのではないでしょうか。自分たちで改革できないことを外からやろうとして声を上げている人がいるのにそれをいちいち跳ね除けていたら私たち医師の未来ってどうなるんでしょうね。
 医者の倫理のような教科書的なだいぶ極端な理想論を振り回しましたように思われたでしょうが、患者、医者の限られた時間のなかでの関係なのでもちろんできることの限界があるという前提です。そんな名医が自分でできな領域まで患者さんを抱えるとか、最後まで患者さんを診ないとその人への不利益になるなんてつきつめたものでもないです。遊佐さんの言うとおりそこで医者が燃え尽きたりして、更に新しい多くの人の診療に当たれないのは、逆に患者さんにとって不利益で、医療としても非効率的ですよね。(先ほどの医者の世界の仕組みだと、今はそいう医者をたくさん生み出していると私は思っています。)格好いいことを言いたくという訳でなく、そいうことを今は医者が示して、実行ないと回りから理解してもらえないのが現実なのではないでしょうか。そいう気分でない医者もいると思うので、発言できる人がどんどん示して欲しいものです。別に民間療法みたいに治りもしない病気を治せるということではなく、当たり前の医者のしていることを医者以外の人に正しく、納得しはてもらえるように働きかけるという話は別に理想論でないと思いますよ。別に聞きたくもないような裏話や実態を伝えるのは、歓心を引くにはいいかも知れないけれど、何の解決にもならないでしょう。そこまで全部知る必要もないし、必要なことや自分たちのアピールしたいことを分かるように伝えるのは情報操作とはいわないですよね。臨床医ネットの意見書は、世間に誤解を与えるだけの内容であり決して私たちの利益にもならず、患者側の理解も得られないでしょう。
 
 最後に、幕を引きたい話題だったのに、こんなに長く重いコメントになりごめんなさい。他の医師掲示板でもこのNHKの番組への反響がたくさんのっていました。もちろん本音や愚痴もあり決して日常での、診療の考えと相容れないコメントや考えかもしれません。ただ、あまりにも偏りがあり過ぎて怖くなり、敢えてアンチテーゼを唱えています。
2006/01/17(火) 01:47 | URL | tantan #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nakoyusa.blog42.fc2.com/tb.php/45-15e6dd23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
折角、ブログ移転したのに、、、私の書きたかったブログはこういう重い内容ではなくって、、、と思いながらコメントを頂いたら放っておくことも出来ない性分に恨み節w。ということで、気楽な日記をまた再開しようかなと思います。過去の自分の楽天サイトはいくつかあるの..
2006/01/15(日) 18:42:50 | 遊佐奈子のお気楽な医療日記
こちらのブログ再利用するかもしれません。楽天ブログはやはり使い勝手が悪い。。。(私にとってはね)本ブログに書けないこと?はこちらに気軽にw。本ブログは医療ネタだけにするっかなぁ。。。
2006/01/15(日) 23:37:19 | 女医繭奈のお気楽な医療日記
恒例の裏千家宗家の初釜はことしは10日のご案内でした。直門のお仲間とご一緒の席でしたが、最終の時間帯になったようです。兜門を辞去しましてから、和の学校にご年始にまいりました。編集長といっても可憐な女性、吉田りえこさんと事務局長の山下さんという若い男性がき
2006/01/16(月) 15:36:45 | blog 漱石サロン ランデエヴウ
2006/01/16(月) 21:22:57 | どうかな?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。