ブログ更新はイザぶろぐで続いてますよぉ~。このFC2は停止となり。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
告知の通り
自分のブログに検索で来て下さるキーワードの高い記事をコピペします。3~4年前の記事ですので、内容は古くなっている可能性もありますが、昔の遊佐はこんな記事(文章)を書いていたのだなと楽しんでいただければ幸いです。では、遊佐劇場?はじまります。

うちの大学病院ではバルーン(尿道カテーテルー簡単にいうとおしっこの管)をいれるのは研修医または主治医の医者の仕事です。(女性は看護婦さんがやってくれる、まあ、女医だから暇なときは私がするときもあるけどね。)ちなみに一般病院ではバルーンや末梢の点滴ルート入れは看護婦さんがやってくれますね。
で、救急ではもちろん、循環器内科の心臓カテーテル前なんかでは数時間安静がいるので、いれることになります。やり方としては女性は尿道口探して入れるだけ(簡単)だけど、男性は結構難しいのよ。当然おちんちんの先に尿道口がある訳で、また長いしふにゃふにゃしてるしで、テクがいります。まず手袋をして陰茎をむんずとつかんで亀頭の先を露出して(包茎の場合は無理ない程度にね)消毒して、ここからがポイント!
1、しっかりと陰茎の裏?下側に指を沿わせしっかり握る。(バルーンがしっかりまっすぐ入っているか判りやすくなる。)
2、軽く腹(臍?)側に陰茎をひっぱる。尿道をまっすぐにするため。
3、抵抗無く途中で曲がったり管がねじれたりしてないことを握っている手で確認しながら、ゆっくり挿入(もちろん麻酔のゼリーはつけてるよー)
4、管を奥まで入れて軽くおなかを押して尿が逆流してくるかを確認。
5、抜けない様に膨らませる管の先の風船が抵抗無く膨らむことをしっかり確認。
6、あとは、引いて固定(出血ないか確認)
以上w。なれれば簡単だけど結構簡単なだけにトラブルことも多い。

<追記>
いやぁ、心臓内科に研修している時は、毎日のようにバルーン入れてましたねぇ。看護婦さんはやらない(女性だから)のに、医師は女医でもいいのかよ!と眠い目をこすりながらカテ出し前に血管ルート確保とバルーン挿入w。
カテするような人は、若い人は少ない(というかいないw)ので、とっても残念?でしたw。救急でもバルーンは不人気?な手技だったからよくやってましたねw。アレを扱うのが上手、、、とか言われたとか言われないとかw。ちなみに、手技中はモノ扱いですから、変な期待はしないでくださいね。

男子編、女子編、コメントレス編と続きますw。
コメント
この記事へのコメント
そんなに美人先生に触られたら勃起しちゃう患者さんいません?

そのほうが真っ直ぐになって入り易いのかな?
2007/03/20(火) 07:06 | URL | cat #-[ 編集]
私のお相手??は比較的年齢層の高い人が多く、処置の最中に、、、ということはないですが、やはり外科系の若い患者さんには、そうなって困るということがあるそうです。

で、、、対処法。

単純に男性医師に頼む。
手術前にサクッと術場で入れる。

って、感じです。

勃起すると尿道は圧迫されて細くなるので、挿入は不可能になります^^。
2007/03/21(水) 10:29 | URL | 管理人 遊佐 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nakoyusa.blog42.fc2.com/tb.php/347-1a2cd5bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。