ブログ更新はイザぶろぐで続いてますよぉ~。このFC2は停止となり。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日頃頻繁に使うスーパーによく出没するおじさん(50歳くらい)
子供を見ると近づいてきて声をかける、お菓子を渡そうとする(もちろん売り場で売っているお菓子)。
おまけに気にいった??子がいると付きまとう。。。(体を触ったりとかはもちろんしない、そういう意味では理性あり、単純に子供が好きなんだろう)

そう、社会一般的にいう精神病の人。
別に子供に危害を加えるわけでもなく、スーパーで確かに買い物もしているようなので、スーパーの人もあからさまに注意する訳にもいかないようで、、、。しかし、おそらく数時間はスーパー内にいるようで、どんな時間に行ってもいることが多い。(ベンチに腰掛けて待機、子供が来るとお菓子売り場へ歩いていくような感じ)

医者の意見としてこんな事を言ってなんなのですが、やはり自分の子供に声をかけてくる人は怖くありませんか?。

よく精神病患者の施設が出来るとき、それを建てるほうは社会に必要な施設で誰でもお世話になるかもしれない、地域に必要な、一緒に考えましょう、、、などと勝手なことを言うのですが、建てられる近隣住民にとっては大きなお世話、多大なる迷惑なわけで。

精神病は普通の人と少し違うだけ。

総論賛成、各論反対という明確な例の一つですよね。

障害者と精神病患者とはまた定義が違うのでしょうが、世間一般の人にとっては同じようなものですし、成熟した社会であれば、そういう施設があり社会に溶け込んでいる地域ほど民意が高いのでしょうが、日本ではまだまだではないかと。

前にもブログで書いて、アナタのような医者(女医)がなんという暴言を、、、というコメントやら他のブログでの紹介を頂いたこともあるし、公園に住むホームレスは出て行け!という記事では非常に叩かれた(いい思い出w)。

でも、怖いものは怖くないですか?。

医者として、精神は一見正常に見えるし振舞える人だからこそ、病気なんだ、、、ということを少しは知っているので、100人の同じ症状の人がいてもダイジョウブ(何を根拠にそういう無責任なと思うけど)でも、もしその人の精神のタガがもうひとつ病的に外れていたらどうなるの、、、と思うと。

見てはダメ、相手になってはダメ、何故って?、、、そんなこといいの、とにかくダメなの!!!

子供にはそう教えるしかないのが実情のような気がするのですが。。。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nakoyusa.blog42.fc2.com/tb.php/205-98fcf057
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。