ブログ更新はイザぶろぐで続いてますよぉ~。このFC2は停止となり。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事はここに4月1日にトラバする予定です。
念のため、何度も言いますがこの記事は<4月1日>の記事です。
2006年度版トラックバック集積所 
4月1日未明より、東京の国立日本臓器移植センターで世界初となる脳の移植手術が開始され、世界中からその成功が注目されている。さらに、この移植は日本初となる脳死小児から小児への移植とのことで、日本国内からもその是非を問う声がある中、日本の移植の中枢である臓器移植センターが先鞭をとっているのだが、世界的脳外科の権威、ブレイン・フール・エイプリル教授も立会っていると噂されるものの真相は何故か一切伝わってこない。なお、病院長からは移植手術は確実に何が何でも4月1日内に終了する、小児は神経の順応能力が非常に高く、必ず成功する確信があるとだけ、声明を出している。

小児の家族は、このようなコメントを出している。
日本で小児の移植が開始されたことを歓迎する。
国内で移植すると医療費が300万円程度で済むそうで、非常にありがたい。
1億円以上集まった募金は返金せず、今後も募金を続ける。会計報告はしない。
もし、手術が失敗したら、直ちに国を相手に裁判を起こす覚悟である。
臓器提供者にはいくらかの謝礼をしたいと考えている。

主治医からはこのようなコメントがあるらしい。
私は韓国のあのES細胞の教授とやり取りがある。私の論文は捏造はしていない。
もし手術が失敗しても私のES細胞から脳を作り出せるので次はそれを移植するつもりだ。
今後、小児の移植は国内でどんどん推進する。世論や議会などどうでもいい。
そのためには、まず脳死の小児をもっと増やす必要がある。
手術を成功させる自信はあるが、もし家族ともめた場合、裁判で争う覚悟だ。
小児移植、脳移植を正しく報道できない日本のマスコミに情報を提供する用意はない。

国会からはこういった声が聞かれる。
主治医を直ちに国会で証人喚問すべきだ。
小児の臓器移植について、可及的速やかに検討すべき問題だ。持ち帰って担当各部署と連絡を取り合いたい。
安楽死と脳死はどう違うのか?。

市民の声を集めてみた。
脳を移植すると性格や記憶はどうなるんでしょうね。
今回の移植は早急過ぎる、もっと議論を煮詰めるべきだ。
移植しないと助からないんでしょ、じゃぁ出来るといいですよね。
保険入ってないから風邪で病院にかかるお金もない俺にとっちゃどうでもいいことよ。

なお、各種学会や医師会はこの件に関して何のコメントも発していない。





即興で考えた(忘れてたw)ので、今年はこんな感じでどうでしょう?。
結構皮肉一杯込めてます。楽しめました?。
コメント
この記事へのコメント
こんばんは。
この前のチャット大会でらませんでした。
掲示板再開したのですね!!!!
このブログにリンクが無いのですが
出来るときに、作って下さい。
臓器移植、僕には難しすぎてわらりません。
2006/04/01(土) 02:48 | URL | マー君 #-[ 編集]
チャット大会、またやりたいと思っていますので、その時は是非w。

臓器移植は難しいのですが、気軽に移植ドナーカードに記載してしまう人は多いかと思うのですね。

結構、自分は死ぬ事がないと思っているから(若い人は)、すべての臓器を提供に○をつけてしまうけれど、実際に自分が死に面すると、同じ判断でいられるか、、、というのは。

例えば、骨髄バンク登録。実際に提供を依頼されると拒否する人は、実は非常に多いです。もちろん登録するという行為、そして善意の心だけでも充分にありがたいのですが。。。

ホワイトバンド運動なんてものも含め、本当の意味を知らないでなんとなく参加するのではなくて、わからないなりに考えてみる助けになるようなことも、こちらでは書いてみたいなとも(偉そうですがw)。

まぁ、、、またチャットするので、よろしくです^^。
2006/04/02(日) 23:54 | URL | 七瀬ルカ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nakoyusa.blog42.fc2.com/tb.php/156-c09aac53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 さて、このブログでもさんざんコケにした大集会だけど、すでに来年の開催をめぐって、水面下の駆け引きがはじまっているよーだ。 実は大坂大会のときは表に出なかったけど、中心メンバーを影で支えていた第三の人物の存在が明らかになった。名古屋で「SALUの会」という乳
2006/04/01(土) 00:22:03 | 出もの腫れもの処嫌わず
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。