ブログ更新はイザぶろぐで続いてますよぉ~。このFC2は停止となり。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
面白かったというか、なんかさびしくなったので転載してみました。。。
こんなもんですよねぇ。。。
でわ、以下本文

ある男性が郵便局に勤めていました。

彼の仕事は正しく住所が記載されいてない宛先不明の手紙を処理することでした。するとある日、震えたような筆跡で「神様へ」と書かれた住所の記載のない手紙が届いたのです。

とりあえずどんな内容なのか、封を開けて手紙を読んでみることにしました。

『神様へ

私は小額の年金で細々と暮らす83歳の未亡人です。

昨日誰かが100ドル入った私の財布を盗みました。それは次の年金の支払いを受け取るまでの全財産でした。

次の日曜日はクリスマスで、私は二人の友人を食事に招待しています。しかしながらそのお金なしには食べ物を買うこともできません。

私は特に助けてくれる家族もなく、神様にしかすがれません。

どうか私を助けてください。

エドナより』

神様へ

この手紙を読んで郵便局員の男性は心動かされました。そしてこの手紙を仲間に見せると、みんなポケットや財布から数ドルずつ寄付してくれたのです。

郵便局を一周したころには96ドルも溜まっており、そのお金を封筒に入れて、女性に送ってあげました。

少なくとも、エドナが何とか友人たちと夕食を共にすることができることを想像し、スタッフ一同温かい気持ちになっていました。

クリスマスは過ぎ去り、数日後に同じ女性から別の手紙が神様宛にとどきました。

手紙の封が開けられると、スタッフのみんなが手紙の周りへと集まってきました。

『神様へ

何とお礼を言っていいのかわかりません。あなたの愛情あるギフトのおかげで、友人のためにとてもおいしい料理を作ることができました。天候にも恵まれ、友人にもあなたのギフトのことを話しました。

ところで金額は4ドル足りませんでした。きっと郵便局員が盗んだんだと思います。

エドナより』
コメント
この記事へのコメント
おもしろい話ですね。
話を考えた人に、座布団を2枚ほどあげて下さい。
2009/12/10(木) 09:12 | URL | O #-[ 編集]
たぶん・ここで~終わって欲しくない気持が湧いてきて
この話には(つづき)を期待・いや~お願いだから創って欲しい
凡人の一人です
2009/12/10(木) 12:35 | URL | Marian #-[ 編集]
先生、今日は。
 さて、明日(12月14日)から大寒の頃に様な、寒い日になるそうです。風邪で掛かる患者さんが増えそうです。
 この物語、最後かとっても寂しい感じがします。先日、TV放送で、アメリカでの20ドルを困った人にメリークリマスと言って、手渡した方の実話を放送していました。若い時、クリスマスの日に、レストランで食事をして、支払いをする時、20ドル札が有りません。このままでは、無銭飲食。すると、店長のコックさんが、『20ドルが落ちていましたよ。』と言って、手渡してくれました。そのお金で、支払いを済ませました。一年後、そのお金が手渡してくれた物と気が付くと、そのお店に行って確かめました。すると、店長のコックさんは、『クリスマスの日は、誰でも幸せに慣れるんだ。』と、言ってくれました。そのご恩を忘れることなく、今度は自分自身で、結婚しても、黙って20ドル札
をお金に困っている方に、サンタのかっこうをして、手渡しました。起業家として成功した後も、奥さんもこの運動を応援してくれました。やがて年が立ち、自分がガンだと分かると、自らの名前を公表し、全米で話題になりました。不景気で、毎日、電車に飛び込み事故の知らせ。私は、とっても心暖まる放送でした。私は、少しばかりの税金と、献血/2回年を続ける事が、世の中のためと思って続けております。
 
2009/12/13(日) 20:17 | URL | そろそろ中年 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nakoyusa.blog42.fc2.com/tb.php/1544-bcee5576
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。