ブログ更新はイザぶろぐで続いてますよぉ~。このFC2は停止となり。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とりあえず35歳の年収を調べてみました。参考までにどうぞ。
職業別・平均年収(年収相場)の比較表!
平均年収 - 職種別ランキング

確か、雑誌で読んだものによれば、マスコミ、銀行、一部公務員など、35歳で年収1000万を越える職種も多かったように記憶しているのですが。
確かに、医者の平均年収35歳で1200万は高いように感じますが、、、。
福利厚生だとか、退職金だとか、仕事を始める年齢だとか、不利な面も多いかもしれません。

人事で引越しを余儀なくされても引越し代はもちろん、住宅手当などは出ませんし、当然育児休暇などを取れば、その分の給料はゼロになります。(地方によれば、一戸建て提供、家賃なしという待遇もあるのですがw)

まぁ、、、医者は退職の年齢が自由だとか、1人天下だとか、優遇されているところもありますが。

確かに、1000万の年収は高いのかもしれませんね。
ただ、、、1000万って、どうでしょう。私は中流の下くらいかなと感じます。
だって、、、育児にいろいろなローンにと考えれば、決して余裕のある金額ではなく。。。
もちろん年収300万未満の人がかなり多くなってきている最近では、1000万で少ないといえば、ふざけるな!となるのかもしれませんね。

ただ、24時間365日、いつ病院に出て来いとの連絡があるかもしれない医者という職業。
そして、私が噛み付いているところは実はここなのですが、そう、マスコミ報道関係(特にテレビ)。
自分たちも医者をはるかに超える給料を貰っておきながら、医者と患者の裁判を扱う際、非常に不平等な報道をして平気、おまけに金儲けだなんだと医者を悪者にするけれど、そういう中立ではない報道をしているあなたたちは、本当にその年俸に見合った報道をしているのかと問いたい。

ただ、それだけ。

ただ、知っておいて欲しい事。
医者の年収平均って、何億も稼いでいる医者も含めての平均(他の職種ではIT産業でもない限りここまでの差は出ませんよね)。要するに中央値は1000万をはるかに下回る医者が多いってことも知っておいて欲しいし、実際、最前線で戦う医者ほど給料や条件はよくなかったりすることも知っておいて欲しい。病院経営者や院長さまなんて言った診察も治療もしていない医者が非常に高給取りで、その人たちに安値で働かされている医者の多いことも。

これを書くともうひとつの記事になってしまうけれど。
医者しか出来ない治療ではあるけれども、誰でも出来るじゃん、、、って仕事の方がべらぼうに給料が高い事がある、例えばコンタクト外来(眼科医ではない人がやっているもの、眼科医がやっているのはいろいろな考え方あり)、透析(同じく透析医ではない人が、、、以下略)、美容外科(一部の優秀な優良なものは除く)、美容皮膚科医者の腕ではなく機械の進歩)、卒後1年目から開業できるような科、、、。そういう楽して儲かる医業があるから、まともな医者になる志願者が少なくなり、地方に医者が居なくなり、、、。

だって、同じ医者と呼ばれるのに、片や優雅に自分の時間を楽しみながら年収3~5千万、一方で休むまもなく働いて燃え尽きて年収500万。でも世間(特にマスコミ)は高給取りの医者と言う目で私達を見る。やっぱり、、、あっちの方がいいかなぁ、、、と楽な方に流れそうになる。責任重すぎるし。

もちろんそれなりの高給を貰うのは頑張らなくてはもらえないと思うけれど、1000万では安いマスコミの人間に高給取りの医者が患者にひどい扱いを、、、と報道されるのだけは納得がいかない。

ただ、それだけ。

1000万が安いという意見に不快を感じた方がいたらゴメンナサイ。

折角なのでもうひとつ。
私の友人(医者だけど今は医者夫人)に旦那の年収3000万の方がいます。
使っても使っても減らないそうです。
家も財産も、親からの頂き者で、おまけに旦那の稼ぎが3000万(医者)。おまけに自分の親(医者)も3000万。おまけに時々外来(怪しげな美容皮膚科w)バイト週3日で私の年収よりも多くお稼ぎになります。

こういう医者家庭を見ると、、、やっぱり医者って、、、羨ましいなぁと感じます。
もちろん、土日は完全に休みですし、年に数回まとまった休みをとって海外に行かれます。

そういう医者ばかりではない、、、ということだけは知って欲しいなあとw。

お詫び記事の要旨としては、単純にマスコミに高給取りなのにと非難されたくないわって事だけの記事だったということで、訂正とお詫びにさせて頂きます。

しかし、、、世の中の年収300万の方へ問いたい。
何故そんなに買い物をして、生活やっていけるの?。
何故そんなに毎日遊びに行って、生活やっていけるの?。
余計なお世話かもしれないけれど、老後の事とか子供の教育だとか、いろいろ考えると、私なんて不安で一杯なのに、みんな買い物しまくってますよね、、、何故?。

私は、年収2000万を目指して(絶対に無理w)更なる高みを目指します。せめて中流に入りたいです。本気でそう思います。

まずは、、、1000万超えしなきゃねぇw。
世間のお医者さま並みにw。

はぁ。。。疲れた、、、1000万の壁は遠いなぁ。。。

そういえば、、、研修医の時の時給って驚きの100円台だったなぁ。あの頃は文句も言わずによく働いたものだw。
コメント
この記事へのコメント
医師が年収1000万円でも、実は易いのでは無いでしょうか。私学の医学部の場合、入学金等は、理学部や、まして文系よりも高いためです。以前、交際しておりました女医さんは、今でも、大学で勤務しているようですが、自宅が開業医でなければ、とうてい払う事が出来ない金額です。まして、大学病院にいる場合、年収は半分ぐらいと考えると、サラリーマンの方が気楽です。先生が、先日3億円の保険に加入されていると書かれていましたが、かなりの高額ですね。休日も無く働く姿を思うと、安いと思いまます。また、たとえ年収が多くても、多忙でお金を使う暇も無いのではないでしょうか。
2006/03/30(木) 12:36 | URL | そろそろ中年 #-[ 編集]
医者1人作るのに5000万?1億?かかるそうです。公費で留学して資格を取るとやめてしまう国家公務員ばりに、医師免許を取って3年以内に辞めてしまう医者も、金返せ!ですよね~w。

大学の助手なんて、研修医より給料下ですしw。(もちろん大学病院はは報酬だけでは語れない面もあります)

自分の同期は結構裁判を抱えています。もしくは経験しています。私は幸い訴えられる経験はありませんが、最近経験が増すに従い、診療に怖さを感じることも多くなりました。

多忙でお金を、、、という所で、医者は結構クルマにお金をかける人が多くなるのかなとw。(もちろん興味のない人もいますが)何せ、バイトだ学会だ口演だ授業だとクルマを使うことは非常に多いですので。

医者が年収1000万程度貰っても納得して貰えるような何かをしなくてはいけないのだろうなぁと感じました。確かに一般論として年収1000万は充分かもしれないのですが。。。

まぁ、、、いいかw。
2006/03/31(金) 00:42 | URL | 七瀬ルカ #-[ 編集]
この記事の趣旨からは少し外れますが、「職業別・平均年収(年収相場)の比較表!」を見て、私の勤める会社は一流会社とは言えないと思っていましたが、年収だけから見ると、3流会社なんだな、と実感しました。私は下層階級なんだなと改めて思いました。なお、私の義弟(独身)は体調が悪くて働くことができず生活保護を受けていますが、支給される生活費は約6万円/月です。(家は自己所有)年収は72万円です。これでも贅沢しなければ食べていけますし、少しづつですが、貯金もしているようです。ですから年収300万の家庭でも、贅沢さえしなければ生活にゆとりは無しでしょうが、十分に食べていけるのではないかと思います。
2006/03/31(金) 05:27 | URL | あすなろ #-[ 編集]
次の記事にも書きましたが、医者の報酬というのが、他の職種と比較して妥当なものかどうかという気持ちでこの記事を書きました。
社会で果たすべき役割とその責務は、一般職よりも目に見えてわかりやすい職種なだけに、わかりやすく1000万としたわけですが。もちろん、サラリーマンや公務員も社会にとって非常に重要なのですが、実感という意味で。
学校や鉄道、公務員などがストをしても困るなぁ。。。位ですが、医者や警察、消防なんてものがもし機能しなくなったら。

収入という意味で本当に困っている人に十分に支援できないのは何故だろうと考えると、一つは不当に公的な援助を受けようとする人が非常に多いというのもいえるかなと感じます。医者として診断書や証明書を書くことは多いですが、楽して暮らすために、、、(あまり詳しくは書けませんが)。

介護医療にしろ、終末期医療にしろ、もちろん医療も、必要のない人があり、一方で必要なのに受けない人もありで。

自己破産も含め、消費者金融の話が最近時々報道されますが、貯蓄もなく、年金もかけていない人は急増しています。金利を下げると審査基準が厳しくなって借りられない人が多くなるから、、、という理由がるそうなのですが、安心の銀行系とかCMしながら、取立てには怖い人が来る。そういうおかしなお金にまつわる意識。カードのリボ払いなんてものも、結局は借金ですから。

お金は沢山あっても、結局はそれに見合う生活をしてしまうので、いくらあれば十分という論議は出来ないのかなとも感じますが、本当の意味での弱者に厳しい社会だとは感じます。ただ、何をどう変えればいいのか。。。

記事内容の言葉の端々に冷たい心を感じてしまうかもしれませんが、イヤでも書かなくてはいけないこともあると思い、ブログを書いています。

また、何か書ければいいな、、、と思います。
2006/03/31(金) 11:37 | URL | ななせ・るか #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/10/25(土) 15:11 | | #[ 編集]
医師と一般の仕事を同列に比較するのは意味がありません。人の命を預かる仕事をしているのですから。時間外の仕事も多いです。医師は医局の都合で転勤が多く、退職金がかなり少ないです。給料は退職金込みの値段と考えるべきでしょう。
2009/01/28(水) 10:09 | URL | b #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nakoyusa.blog42.fc2.com/tb.php/154-8caae6f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
先日pickupした記事の続編が出ましたので、たまにはぐだぐだエントリで書いて...
2006/03/30(木) 02:08:34 | nni's blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。