ブログ更新はイザぶろぐで続いてますよぉ~。このFC2は停止となり。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
遊佐が過去に書いた記事がどんなのだったか、無責任な遊佐はワカラナイのですが。

医者以外が保険診療をするな。(この国では一部、何故か認められていますが)
医者以外が医学的「診断」をするな。

と、書いたことしかなかったような気がするんですが、、、どうだったかなぁと。




ということで。
鍼灸は保険診療でもありませんので、お好きならどうぞ、、、なんですけど。

確かドイツ?では鍼灸やアロマテラピィなんかの正式な授業が医学部であって、、、どうこうとか、
鍼灸には比較的見る目は「優しい」はずだったのですが。

記事で気分を害されたのであれば、申し訳ない。


どんな「医療」と呼ぶ治療でも。
効く人は効きます。

効いたらそれでいいのではないでしょうかと。
(それが医学的に正しいかどうかはともかく、楽になっているのならば)

正直。
日本の医者は患者が思っているほど、「あなただけ」のことを考えてはいません。
よほどのVIPか全額自己負担ならばそうでもないでしょうが。

1か月にたかだか3分の診察で、治るほうがおかしな訳で。


というわけで。
西洋医療否定結構。
遊佐をやぶ医者呼ばわり結構(遊佐は少なくとも名医の域ではありません)

あなたが、治った、良くなった。
その事実がとても嬉しいです。
よかったですね。

遊佐はいわゆる?「気功」ができます。
ただし、それを医療に使うことはしませんし、使いたいとも思いません。
実際エゲツナク疲れますし。

鍼灸は、十分に医学的に正しい点が沢山ある、可能性の大きな治療法の一つです。

鍼灸には鍼灸の、西洋医療には西洋医療の、代替医療や先進医療にも一理はあります。

なので。

今度、またいろいろな病状が出た時。
西洋医療の、まともな?医師にも診ていただければと思うのです。

あと。。
西洋医療など信用するな!などという、医師以外の医療をする人の意見を効かないで欲しく、そういう人がいれば、そのセンセイを信用しないで欲しいのです。


で、。
遊佐は、自分自身鍼灸を受けるかと言われれば、受けません。
内科医でタミフルばんばん出してますが自分では飲まないのと同列議論で。

同意書、不正医療請求などの記事でおそらく鍼灸を批難したのかと思いますが、そうであれば誤解です(と、させていただきたい)ので、。

是非、鍼灸の名医に施術を続けていただきながら、
定期的に、整形や麻酔などの先生にも診ていただきたい。
そう願います。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nakoyusa.blog42.fc2.com/tb.php/1497-d35f6788
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。