ブログ更新はイザぶろぐで続いてますよぉ~。このFC2は停止となり。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
名医

スバラシイです。

マンガや医療ドラマには常にそんな名医のセンセイがワンサカと出てきます。

いやぁ。。。
実際にいるんですけどね。

という、意味でして。(昨日の記事のスーパードクターの話)
野球などのスポーツでも同じだと思いますが。

必ずしも名医が良き指導者とは限らないので。
たとえば
大腸を見るカメラなんてやつ(俗にいう胃カメラのおしりから入れるやつね)
誰も入らないのに、その「名医」がやると簡単にするすると。。。

どうやったら、、、そんなにうまくって、、、

どうやったらそんなにうまくいかないのかがわかんないので、教えらんないって。。。

いや。
スーパードクターの多くは、スバラシイ指導者でもあるので、本当にスーパーなんですけど。

日本が世界に誇るなんて医者は「内科医」でもごろごろいるんですけど。
う~ん、どうかけば誤解されずにいくんだろ。

学会の雑誌とか、まぁ、読んでいるとだ。
それはもう、すごい医者がごろごろといるわけだ。
日本の医療のトップの方のレベルは本当にすごくて、世界レベルなワケです。

で、、、

それをとりまく、犬のポチ的な、、、これまた実力派の医者がいて、、、

で。

どんな社会でも同じだと思うんですけど。。。


救急で救ってしまったけど、それ以上はどうしようもない患者の「敗戦処理」をしていたり
ひたすら毎日風邪ばかり診ていたり。
健康診断の説明だけする技術も最先端医療も知らない医者もいたり(健康診断医にもいろいろいますので、全てがそうではないですよ)
老人病院で、動かない患者の相手ばかりしていたり。


スーパーな医者の周りには
その後を引き継ぐ医者がいて。
良くなったらよくなったで。
悪くなったら悪くなったで。
それを診る(テレビ的には存在価値も取り上げられ脚光を浴びることも決してない)医者がいて。

ってことで。

スーパーじゃない医者も沢山いるから、
スーパーな医者がスーパーでいられるんだよぅ~
ってことも

知って欲しいものだわなぁ~と思うわけで。


まぁ、これを
負け犬の遠吠えなどともいうのですがw。

学会とか行っても。
優秀な医者が多くって。。。

優秀すぎて、専門性が高すぎて、、、「それしかできない」ならまだしも
「それしか興味がない」

スーパードクターが実は量産されていたり、、、。。。

するんですわ、、、実際にはね。。。


下っ端の医者が助けを求めて紹介しても。。。
何の知恵も使わず、患者の不安さえ取り去らず、元の医者に診てもらえと返してくる、、、。。。
「名医」といわれるセンセイとか。
「名医本」に載っているけど、あのセンセイには絶対紹介しないよねぇ~っていうのとか。。。

負け犬の遠吠えなんですがw。

テレビにわざわざ出演してくれるような先生はおそらく本当に「名医」なのだと信じたいですが。


あくまで。。。
テレビというものを通していますから。。。

昨日のNHKのインフルエンザのWHOの方の話とかでも。。。
都合の良いように「編集」されちゃってますからね。。。

じゃぁ、素人は何を信じれば、、、となるんですが。。。


医者だって自分自身がこの病気になったらどの先生にかかろうかなんて。。。
わかんないんですもん。。。

(たとえば大学の医局に先生(当然専門性の高い先生方ばかり)が数十人いても、主治医になって欲しいような先生は実際には2~3人もいないものでw)


なんかうまく伝わるかしら?

ま、そんだけ。
スーパードクターには実は裏があるみたいな書き方をしてしまったので、誤解されたら、「名医」の先生に大変失礼だったので、一応、書いてみました。
(多分こういう記事を書いたのは過去にも数回あるよねw)


ひとこと

救命の救急(処置、行為)だけでいいなら
そんなに楽しくかつ楽な医療はない

これ、本当です。

助けた後、、、どんだけ、、、しんどいか。。。

医療ドラマも、医療番組も、マンガも、、、書かないもんね。。。
(あ、、、内科医と外科医はこのあたり、感覚が違うかもですけど。。。)

内科は、、、治らないもんねぇ、、、基本はw。
「全治」ないもんねぇ。。。

あ、そうそう、追加
医者を増やせ!とか、医学部定員増とかいうけどね。

良い医者になるよりも
良い医者を育てることの方が何十倍も面倒で手間でうっとおしいもので。
そういうのをやりながら最前線の医療水準やさらにはその人しかできないようなことまでされている先生方は本当に素晴らしいのは事実ですね。

自分でやったほうが、うまい、はやい、かくじつ、、、ですもんね。。。
なので、医療の進歩には、、、これは前に書いたのでもうやめときますw。
コメント
この記事へのコメント
僕のコメントへの返事が入っているエントリーですよね(間違えてたらすみません)
なんとなく、言いたいことがわかるような気がします。僕はスポーツが好きで、それを取り巻く環境なんかと比較して考えてみたりしました。
早速のご返事、ありがとうございます。
2009/10/01(木) 00:59 | URL | ハーネス #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nakoyusa.blog42.fc2.com/tb.php/1493-571448c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。