ブログ更新はイザぶろぐで続いてますよぉ~。このFC2は停止となり。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週「内科」診察中(遊佐は内科医なので当たり前ですがw)
娘さんがインフルエンザにかかったとのことで、インフルエンザ「治療薬」タミフルを予防投与したいと患者さんが来ました。

遊佐は、ネットで知りうる限りのお話をしました。

で。

保健所にも予防投与するように言われましたと。

えっと~、、、。。。
妊婦さんでしたかと。

話が一からやり直しです。

今度もネットで知りうる限りのことを話しました。

で。。。
かかりつけ医も内科に行けと。。。
まぁ、、、この辺りはネットで知りうる限り「正しい」指導なので、「内科医」はにこやかに受け答えします。

で。。。

娘が感染したんですが、弟もいるんですが、、、
弟が感染したら、どうすればいいのでしょうと?

う~ん、どうすればいいんでしょう?。

これは、、、ネットにも書いていませんねぇ。。。


タミフルを飲んだからといって、これはインフルエンザを治したりする薬でもなければ、かからないという夢の薬でもないので、、、という所からはじまりまして。


タミフルを飲んでも、熱が出た場合、100%インフルエンザ感染の熱とは言えませんし。
弟がやはりタミフル予防投与後に熱が出たら、やはりもう一度予防投与をするのかなぁ?と。

そもそも。
妊婦さんに、タミフル内服しても大丈夫なんでしょうかと、、、言われても。。。
大丈夫、、、だといわれていますけど、、、
妊婦さんはインフルエンザ感染で重症化しやすいといわれていますし、良し悪しを天秤にかけるとウンヌンカンヌン、、、。。。


ということで。。。

子供が何人もいる妊婦さんの子供がインフルエンザにかかった場合。
そして
子供が次々とインフルエンザに感染した場合。
どんだけインフルエンザの特効薬?タミフルを
予防投与しても。。。

胎児には問題ないのか?


根拠や自信を持って説明できる「内科医」はいるんでしょうかしら?。


あと。。。
インフルエンザが次々と出てしまっている、学校の先生とか保育園・幼稚園の先生とか。。。
一体いつまで予防投与し続けられるんでしょうか?。


子供がインフルエンザにかかったかなというだけで。
症状がなくても。
検査で陽性に出なくても。
10代禁忌のタミフルを飲ませろと命令が出ていますが。
タミフル先行予防投与まで推進されていますけど。

本当に安全と。
言いきってよろしいのでしょうか?

ちなみに妊婦の彼女。
過去にタミフルで副作用が出たそうで。。。

リレンザを予防投与処方しましたが。。。

すぐに「内科」でタミフルを処方してもらえと指示、ご指導いただいた産科医の主治医の先生と、保健所の先生。。。

出してもよかったんですかねぇ。。。
患者さんは処方貰う気マンマンだったので。。。

出せませんとは、、、とても言えませんでしたが。。。

いや。
妊婦さんは2人の命ですから、もちろん本人は必死なのはわかりますが。。。



内科医に丸投げするの、、、そろそろやめてはもらえないでしょうかしら?。
(産科医を責めているものではありません、某掲示板にも論争がありましたがw)


そもそも。。。


タミフルってさぁ。。。


あ、ちなみに。
妊婦さんの娘さん、半日で熱が下がってけろっとしてても。。。
当然。。。
5日間タミフル飲みきってくださいね、、、という指示でよろしかったのでしょうねぇ。。。
(既に他病院で5日処方されてますし。。。)



タミフルなんて薬、いっそなければ簡単なのにねぇ。。。
世界中のタミフルの7~8割をたった一つの国で使用して。
インフルエンザワクチンまで金で買い叩こうとしている国がありますけど。

インフルエンザは水分とって休息とりゃ、、、勝手に治るんじゃねぇ?
インフルエンザは予防したとしても、かかる時はかかるってのが普通じゃねぇ?

大臣、ここはひとつ。

風邪くらいで医者にかかるな、医療費と貴重な医療資産の無駄だ!

とでも、、、恫喝しちゃいただけませんかねぇ。。。



で。
インフルエンザかかっても
遊佐はタミフルは飲みません。
飲まなくても1~2日で熱下がるし。熱下がったら元気だし。

そもそも。
風邪くらいで休めない医者が大半なのにさぁ~。
風邪は大変ですよ~と医者に言わせること自体おかしい話だよねぇ。。。
患者は家族が発病しただけで7日間自宅待機なのにw。
医者は発病してもそれを必死で隠して、咳をこらえて、熱でフラフラになりながら、診療w。
まぁ、、、本当はダメなんだけど。。。
誰も代わっちゃくれないし。。。

どうせ、、、病院に来りゃぁ、インフルエンザ患者の一人や二人、いるわけで。
医者からうつらなくっても。
長い待たされりゃ。。。
医者がインフルエンザかもと誤診しても
自宅に帰る頃にはしっかりと
確実に感染してしまっているわけで。

あ、また無駄なことを書いてしまった。。。

ってことで。

予防投与って。。。
どんだけすればいいわけ?
という、お話でした。

そういえば。。。
インフルエンザに汗と網のふぇん、、、違う!アセトアミノフェン以外の解熱剤を処方されるセンセイってまだまだ多いですね。。。
処方するセンセイもすごいですが。。。
それを何事も指摘しない薬剤師センセイもこれまたスゴイにゃぁと。
まぁ、、、。。。

医者にモノ申す雰囲気ではないのでしょうけどねぇ。
まさか、、、
薬剤師さんもご存じない?

そうでしたか。。。
まぁ、こんだけ出しているのに、脳炎の患者が少ないんだから。。。
意外と関係ないのかもしれませんねぇ。。。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nakoyusa.blog42.fc2.com/tb.php/1486-aea75689
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。