ブログ更新はイザぶろぐで続いてますよぉ~。このFC2は停止となり。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エイプリルフール記事で時々書き込んでいただけるんだけど。
生活保護受給者=弱者ではないっていうのと。
生活保護の支給額と年金の支給額が同じなら生活も同じ、、、ではないというのとか。
生活保護ビジネスでググれば沢山、生活保護で儲けている人がいることはわかるし。
生活保護申請を勧めてくれたり尽力してくれたり支援者になってくれたり、住民登録やらさまざまな支援の手続きを熱心にお手伝いしてくれる人たちって、本当に、、、どうよ?と。
宗教系だったり、ビジネスだったり、、、するわけで。。。

サラ金で苦しんでいる人に再生させてあげる弁護士とか団体とかも含めて。
目の前の苦しさからは逃れられたけど、え?こんなはずじゃなかった、、、けど、、、懇切丁寧に地獄から救ってくれた支援者のご厚意を反古にはできないし、、、と悶々としている「救い上げられたけどいまだに弱者のまま」の人がいっぱいいるわけで。

あと。
生活保護だけじゃなく。
住宅手当だとか、、、医療費無料だとか。
年金手帳を借金のカタにして、、、というビジネスは法律で禁じられたので。。。

障害者とか、高齢者とかの福祉や年金だって、その本人に支払われている補助金?を家族がそっくりといただいて、そういう金に群がって生き延びているような家族も結構に多いわけで。

セーフティネットが生活保護しかないというのはこの国の問題だけど。

なけなしの年金支給額から、医療費も居住費も捻出しなくちゃいけなかったりする年金暮らしの方と。
年金の掛け金さえ一度も支払わなかった(支払えなかった?)のに、生活保護じゃぁねぇ、、、と。

母子保健とか、遺族年金(一部公務員系に優遇だよね)だってさぁアレでしょ。
偽装母子家庭とかも結構あるし、そもそも、育児のために支給された金を使って幼児虐待とかに精を出す親とかいる訳で。

以前、生活保護患者で医者は稼がせてもらっていますという記事を書いたけど。

常連さんで、必要のない点滴とか、リハビリとか、命に関係ない?大量の湿布とか、誰かのために処方希望なんていう薬とか。
頼まれるのは当然、医療費無料の方なので。
あ~夜間とか休日とかも医療費無料な方の天国ですね。。。お前ら誰の金で食わしてもらってると思ってるんやと窓口でごねたりする方には、残念ながら生活保護の方が多いです。あ~救急車を無駄にご利用の方とかも。

なので。
生活保護=悪
というわけではないのですが。

返す気もないのに借りる奨学金にしろ。
再就職する気もないのに、貰う失業手当にしろ。
就職支援に資格を取るために支給されるお金にしろ。

返す気もないなら、貰わないでと。

将来税金を納める側になるつもりもないなら、せめて税金納めている人の負担をこれ以上増やさないでと。

酒を飲み、煙草を吸い、仕事は自分勝手にキャンセルするのに。
仕事がないのは国のせいだ。だから税金で食わせろ。
体が治らないのは医者のせいだ。だから点滴を毎日しろ。

と。

え、やっぱり、生活保護ビジネスではなく、生活保護受給者を非難していますね、私。


やっぱり。
同じ生活困窮者、弱者を税金で救うなら。
慎ましく生きながらも日々を自分なりに精一杯生きている方に金が行って。

「自己責任」な人にはびた一文支払われないといいのになぁと思うのは。
税金を支払っている納税者として、その税が誰にどのように使われているのかを、やはり選びたい訳です。

少なくとも。
自分が突然、いろいろな理由で生活保護を受ける側になることも十分にあり得るのですから。
自分がそうなったとき、あれだけ税金を納めていた社会や国は自分に何をしてくれるのだろうと思うと。

おそらく何もしてくれないだろうと。


それが恐ろしい、そんな税金の使われ方がしているのが、とても恐ろしい。
なので。
生活保護という制度と、生活保護受給をしている人を、批難してしまうのです(すいません、そろそろこの陳腐な記事も終わりですので、無理やりまとめてます)

生活保護というものは。
最低限の生活を維持するために。
必要最低限な「期間」支給されるもので。

一度得れば、恒久的に、下手したら世襲的にさえ受給し続けられる「権利」ではないのだと。

ということで。
エイプリルフール記事として。

生活保護を受けるからには、それはあくまで一時的なものであるということを、否が応でも認識せざる負えないシステムにするしかないのではと、家計簿提出の義務と書きました。
それで新たな仕事(レシートを張る、家計簿を作るなど)ができるのと、金の出入りを管理することで、生活保護ビジネスを駆逐できる効果を狙ったものです。医療面でも、酒やタバコばかり購入しているとか、野菜が少ないとか、ギャンブル依存症だとか分かりますし、子供の教育のために金が使われているかとか、家計簿をチェックすることで、この人が生活保護を受け続けなくては仕方ない方だとか、この人は職業支援で立ち直れるとか、この生活では「自己責任該当者」か、強制入院治療該当者かなど、、、

病院に来る「生活保護」患者や「障害者手帳保有」患者を診ていると。
。。。あえてこれ以上書きません。

長くなりました。
非難ではなく、弱者を食い物にしている輩があまりにも多いということ(政治も含めて)を記事にしたく、エイプリルフールとして投稿しました。
あの記事を読んで、こんなことを書く奴がいると、悲しくなるような方には、記事内容は当てはまらないであろうと思いますので、相当に不愉快な記事でしょうが、ご了承ください。
コメント
この記事へのコメント
確かに生活保護は限りなく悪に近い制度だと同意いたしますね。

親子兄弟、親戚皆が生活保護を受給しているという猛者もいます。

私見ではありますが、5年なり期間をきめて、継続的に生活保護を受けている人は、保護を打ち切る、みたいにでもしないと、本当に保護が必要な人が保護を受けれない、という事態は避けれないでしょうね。
2009/06/17(水) 12:55 | URL | 桃の実神慈 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nakoyusa.blog42.fc2.com/tb.php/1419-f7fda5e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。