ブログ更新はイザぶろぐで続いてますよぉ~。このFC2は停止となり。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エイプリルフールのような本当の話?その2
国内初「がんワクチン外来」開設 2時間で1700人が殺到
http://www.j-cast.com/2009/04/02038773.html

がんの治療は外科手術、放射線療法、化学療法の3つが一般的
そして、時代は、、、

第4の治療法:ハイパーサーミア(温熱治療)
第5の治療法:免疫療法
そして、テーラーメイドワクチン(数10種ある薬剤から個々の免疫にあうものを最大4種組み合わせる)

倉伸クンが書く予定だそうなので、あえて触れないでおきますがw。
要するにだ。

一旦、医療崩壊させて。
日本人が望む医療で経営が成り立つようにシステムを構築しなおして。
当然、求める医療の質に対しては対価を払わせて。

払えない人には、税金でお金を支払う国や自治体がその都度同意し許可する制度にするので、どうよ。

人気ブログランキング バナー ←人気blogランキング投票はここをポチッと

FC2ブログランキング バナー ←FC2 ブログランキング投票は気が向いたらポチッと 
税収と、生きていく上での最低限の権利とを
そろそろ天秤に掛けないと。

無理だって。
医療ですら危機なのに。
介護・福祉なんて、実はもっと金がかかる(はず)

なのに、現場の人間が人間として最低限の権利すら保障されず、酷使され搾取されて成り立っているのがこれらの制度じゃん?。

今以上、それ以上に「生きたい」人はたくさんいるんだからさぁ。
生きるためには金を払う必要があるんだし。
人を生きさせるためにもそもそも財源が必要なんだし。

生きるための権利とお金位は平等にしません?。

記事内容と大きくずれたわw。まぁ、こんなネタが元ね。
以下記事全文引用
まともな一流?新聞社の記事よりも、こっちの方が断然わかりやすいし、ましじゃんねぇ。。。


死亡率の高い「がん」の新しい治療法として、「がんワクチン」が注目されている。久留米大学医学部(福岡県久留米市)が2009年4月1日に国内初の「がんワクチン外来」を開設したところ、2時間で1700人が申し込むという異常事態が起こった。まだ臨床試験段階で安全性や効果について確証はなく、治療費も高額だ。にもかかわらず、期待を寄せる患者は多いようだ。
次回の受け付けは数か月後を予定

久留米大学医学部が4月1日に開設した国内初の「がんワクチン外来」が、同日から資料請求の受付を開始したところ、応募が殺到して約2時間で締め切るという騒ぎになった。

同大ペプチドワクチン事務局によると、同日午前10時からホームページと自動応答による電話で受け付けたところ、午後12時までにホームページに1600人、自動応答に100人が申し込んだ。

大学研究レベルでの臨床試験段階で、安全性や効果について確証はない。保険が効かないので高額な治療費もかかる。にもかかわらず、新しい治療法に期待を寄せる患者は多いようだ。

今回の募集枠は約60人。各疾患によって細かく設けられた条件をクリアした場合のみ受けられる。今後も臨床試験を行い、次回の受け付けは数か月後を予定している。

がんの治療は外科手術、放射線療法、化学療法の3つが一般的だ。理論上はがんに侵された部位を取り除けば元気になるはずだが、免疫が弱まり再発したり、治療による副作用に苦しむ人もいる。がんによる死亡率は今も高く、新しい治療法が模索されているが、「第4の治療法」と呼べるものは見つかっていない。

日本で研究が進んでいるワクチンの多くが、薬剤にアミノ酸の一種ペプチドを使う「ペプチドワクチン」だ。がん細胞に特有のペプチドを患者に注射し、自身の持っている免疫力を高めてがんの増大を抑えるという仕組みで、東京大学、大阪大学、名古屋大学などでも研究が進められている。
腫瘍の縮小がみられるのは、ごくごく稀

なかでも久留米大は、「日本でも、世界でも例がない」(同大)という珍しい治療法を取り入れている。通常、ワクチンは誰にも同じものを用い、いわば「既製品」であるのに対し、数10種ある薬剤から個々の免疫にあうものを最大4種組み合わせるという「テーラーメイド」方式だ。

久留米大学免疫治療学講座の講師は、

「一人ひとりの体内の免疫機能は異なっています。コストは数10倍かかりますが、臨床実験の結果、テーラーメイドのほうが効果があることがわかっています」

と明かす。

治療は週に1回、注射を打ち、6週連続で行う。注射を打った後は帰宅できる。かかる費用はおよそ60万円弱にものぼる。保険が効かないので患者には大きな負担だ。

効果については、

「腫瘍の縮小がみられるのは、ごくごく稀で、効果としては認められていません。ただ、免疫反応が増強するのは確実であること、一部の患者については生存期間が延長するといった効果が見受けられます」

と説明する。

 ただ、がんワクチンの利点は副作用が少ないことで、他の治療法を組み合わせた利用が期待されている。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nakoyusa.blog42.fc2.com/tb.php/1403-d62cc978
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。