ブログ更新はイザぶろぐで続いてますよぉ~。このFC2は停止となり。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一人で年収1000万はなかなか難しいかもですが、世帯年収で1000万の家庭は少なくはないのではと遊佐は思います。
節税をいろいろと研究していますと。。。
日本の税制は最高に、頑張って給与所得が増えた成功者?に厳しく、次いで??節税対策が出来ていない(笑)中小企業に厳しく、さらに、、、大企業にもかなり厳しいです。。。一方、節税対策って、、、こんなにいろいろとあったんだと、、、驚きます(大笑)。

人気ブログランキング バナー ←人気blogランキング投票はここをポチッと

FC2ブログランキング バナー ←FC2 ブログランキング投票は気が向いたらポチッと 
佐は来年は数十万程度しか節税できませんが、、、数年後には2~3百万ほど節税出来そうです^^v
節税したらしたで、、、将来払う税金が増えていく可能性があるのですがw。
あと、医者は退職金がないからなぁ。。。
金が金を生む、すばらしい日本の税制を熟知し、使いまくる人こそ、、、成功者なんだろうなぁと。。。
給与所得だけの人は、、、黙って税金をむさぼり取られるしかないのがこの国の税制。。。かなりえげつないです。

消費税10%くらいで、、、増税だ、弱者いじめだ、、、幸せな国です。
消費税10%くらいじゃぁ。。。一番苦しむのは、この国に一番税金を払ってくれている家庭のみ。
頑張れば頑張るほど、、、税金で取られる、そう、働かなければ楽に生きられる社会だから。。。

この記事は以前の記事のお返事も兼ねています。
以下、検索引用と自己記事のちゃんぽんです。

給与から引かれる所得税・住民税は、扶養家族の有無や人数、実際に支払った社会保険料(加入する健康保険でも異なる)などによって人それぞれ違ってくるが、ここでは専業主婦と子ども2人の会社員で、社会保険を一定の保険料率で試算し、改正後の所得税(平成19年1~12月分)と、住民税(平成19年6~翌5月分)は年間でどれくらいの負担になるかを見てみよう。

グラフのように、年収400万円(月給25万円、ボーナス年4か月含む・以下同)の場合、改正後の所得税は年間3万3000円、住民税は8万円で、合計 11万3000円。年収640万円(月給40万円)の場合は所得税13万1700円、住民税25万700円で合計38万2400円、年収800万円では所得税27万6500円、住民税37万3500円で合計65万円。年収1000万円以上になると、合計税額は100万円以上とかなりの金額になることがわかる。

http://editorschoice.jp.msn.com/070226B/04.htm 参照

 年収        所得税+住民税 総額
年収400万円(月給25万円)  11万3000円
年収640万円(月給40万円)  38万2400円
年収800万円         65万  円
年収1000万円        111万8000円 年収200万増えると税金は47万円アップ!!
年収1500万円        258万3400円 さらに年収500万増えると税金は147万円アップ!!!
年収2000万円は、、、計算するのが怖いっすw。

やはり、、、世帯毎に税金をかけるべきでしょうねぇ。。。
なんなら、新入社員孫の数倍、年金をもらうおじいさんとかも合わせて。
そうなったら、、、
熟年偽装離婚とか、、、偽装親子の縁切りなんかが増えそうですねぇw。
今でもあるでしょ、、、偽装母子家庭とかw。(母子家庭の方で、これで気分を害するならすいません)

以下もネットより抜粋

家族構成を夫婦と子供2人、給与所得者で配偶者は無職、特定扶養親族は含まれないものとし、生命保険料控除や地震保険料控除は考慮せず、通勤交通費も収入に含まないものとします。

 年収 400万円の方の所得税額は  31,300円
 年収 450万円の方の所得税額は  48,300円
 年収 500万円の方の所得税額は  66,000円
 年収 550万円の方の所得税額は  81,500円
 年収 600万円の方の所得税額は 101,000円
 年収 650万円の方の所得税額は 136,400円
 年収 700万円の方の所得税額は 167,500円
 年収 750万円の方の所得税額は 207,600円
 年収 800万円の方の所得税額は 265,300円
 年収 850万円の方の所得税額は 351,100円
 年収 900万円の方の所得税額は 435,900円
 年収 950万円の方の所得税額は 520,500円
 年収1,000万円の方の所得税額は 605,300円
 年収1,050万円の方の所得税額は 688,900円
 年収1,100万円の方の所得税額は 722,500円
 年収1,150万円の方の所得税額は 856,100円
 年収1,200万円の方の所得税額は 945,300円

同様に夫婦と子供1人の家庭では

 年収 400万円の方の所得税額は  50,300円
 年収 450万円の方の所得税額は  67,300円
 年収 500万円の方の所得税額は  85,000円
 年収 550万円の方の所得税額は 103,600円
 年収 600万円の方の所得税額は 139,000円
 年収 650万円の方の所得税額は 174,400円
 年収 700万円の方の所得税額は 205,500円
 年収 750万円の方の所得税額は 258,700円
 年収 800万円の方の所得税額は 341,300円
 年収 850万円の方の所得税額は 427,100円
 年収 900万円の方の所得税額は 511,900円
 年収 950万円の方の所得税額は 596,500円
 年収1,000万円の方の所得税額は 681,300円
 年収1,050万円の方の所得税額は 764,900円
 年収1,100万円の方の所得税額は 848,500円
 年収1,150万円の方の所得税額は 932,100円
 年収1,200万円の方の所得税額は1,030,100円

これに住民税があるから忘れるな!w。忘れたころに後から銀行でいきなり引き落とされる気分は、本当にムカツクよねぇw。

あ、出てきた、日本共産党のページだw(こういうのをさせると、共産党に勝るものはいないねぇw)
でも、、、データが2006年度、、、ガンバレヨ。。。

金持ち減税シミュレーション
http://www.jcp.or.jp/tokusyu-06/10-hutanzo/zozei/kanemoti/kanemoti0.html
金持ち減税シミュレーションの結果
88年と比べた06年の減税額は129万円!(給与所得2000万のみの場合)

小泉増税・サラリーマン増税・消費税10%の試算
http://www.jcp.or.jp/tokusyu-06/10-hutanzo/index.html


ということで。
税金高い!と文句言う暇があったら、勉強することにしました。
この国は努力すると税金が減らせるんです、合法的に。

税金は払わない、一流企業や世界番付に載る人も税金払ってません。
個人が何故、払わないといけないんでしょう?。

どうせ払っても有意義には使ってもらえないんですから、払わないでいいものは払わないように頑張りましょう!。
コメント
この記事へのコメント
先生、今晩は。
 さて、何時もながら先生のHPは、色々と吠えて頂いて読みごたえがあります。今日のラジオのニッポン放送『笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ』で、2兆円の使い方の中で、羽田等を滑走路を延ばして、国際空港に整備するお金に使うべきだと、言われておりました。なかなか良いことを言うと関心しました。また、私が思うのは、税金を負担している世代がの給付が、1.2万円。小学生等の子供が2万円。これは、逆だろ。お金をばらまいても、不景気は良くならない。TVで見ていると、失業手当日数もかなり少ない日本。結構、多くのサラリーマンの方が思っていると思いますが、明日は我が身かな~~~~と、お金、大切に使おう。
2009/02/01(日) 22:26 | URL | そろそろ中年 #-[ 編集]
確かに日本では戦後ずっと直接税に極端に偏った税体系が取られてきましたね。これは戦後のシャウプ勧告によって所得税の極端な累進税率が敷かれたのが始まりです。法人税というのも戦前はなかったようで、このときに初めて作られたようです。実際に日本が戦後の復興を果たす上で安定した税収を得るにはそれはそれで意味があったかも知れません。しかし、日本が経済成長をしてみんなが豊かになった頃から、努力したものに重い負担を課す税制は勤労意欲の低下を招きかねなくなったのも事実です。多くの日本人はそれでもずっと勤勉に働いてきましたが、努力してもしなくても同じことに甘えて怠けてしまった人も多いのかも知れません。最近の格差といった問題もそういう背景もあるかも知れません。
実際に日本も少子高齢化が進む今日において、今の直接税に偏った税では安定した税収を得られなくなるのは目に見えています。それに、今のようなグローバル化の時代に税制も国際的な調和のとれたものにしないと活力は生まれません。日本は先進国のなかではまだ法人税の実効税率や所得税の最高税率が高く、消費税率は低いといえそうです。法人税率などはもっと引き下げたほうが外国企業からの投資なども活発になり景気も上向くので、雇用も生まれるし税収もかえって上がるでしょう。所得税にしても最高税率を引き下げれば、金持ちがもっとお金を使えるようになり景気にもいい影響を与えることでしょう。「金持ちを貧乏にしたからといって貧乏人が金持ちになるわけではない」と、かつての英国の首相マーガレットサッチャーも名言を吐いています。最近の日本は格差格差といって騒ぎ過ぎのように感じます。実際に格差というのは機会が均等ならあって当然です。今の日本は何の努力もせずに不平不満ばかりをいっている人間が多すぎます。またマスコミもそれを助長するかのような報道が目立ちます。派遣社員にしても責任がないのをいいことに、知識や技能を磨く努力もしなかった結果ああなっているのです。それをまた税金でいちいち助けていたのでは真面目に努力している人間は報われません。日本もグローバルな競争に勝ち抜いて行かなければならないのに、国や会社に甘え余裕のある人間に嫉妬し努力しない人間が多いのが何より問題です。今は消費税が何%上がるだのといって騒いでいるときではないはずです。あまりに危機感のない国民が多い中で、日本の舵取りをするリーダーも大変なことでしょう。政治だけが悪いのでなく日本人のそういう意識そのものを改めないと、日本の地位も落ちて行くばかりでしょう。そうすれば今の生活も続けられるはずがありません。
とはいえ、「神は自らを助かるもののみを助ける」というのはいつの時代でも基本でしょう。やはり自分の身は自分で守るしかありませんね。少しはお金にも敏感になったほうがいいかな?
2009/02/04(水) 00:47 | URL | T #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nakoyusa.blog42.fc2.com/tb.php/1355-11e6447f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。