ブログ更新はイザぶろぐで続いてますよぉ~。このFC2は停止となり。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
某新聞が、タミフル耐性インフルエンザでこの世の終わり的な書き方をしていたり。
同じ新聞が、リレンザでマンションから飛び降りを決めつけて報道したり。
まぁ、医療界では信用ゼロの新聞ですからどうでもいいのですがw。

まぁ、こんな国ですから、笑ってみんなで感染しましょう^^。
不況で役所の防災訓練で、今まで業者にやってもらっていたテント張りなんかを自分たちでやることになり、経費節約よりも何より、いざという時自分たちで災害対策を出来る自信がついたとかいう笑うに笑えない話もありますし。。。(役所の人はテント張りから必要な物の発注などすべて業者任せで、本当に何も知らなかったそうでw。)

いっそ。。。
インフルエンザ。
健康な成人には、処方しないとすればいいだけだと思うのですが。。。
莫大な医療費削減になりますしねぇ。。。
インフルエンザだけじゃなく、風邪は、、、自分で治せと。。。
(薬局に薬剤師もいるんだし市販薬だけじゃなく、医者の出す薬も在庫にすりゃいいじゃん。。。)





香港から成田空港に到着した台湾人の男が入国チェック中に突然倒れ、簡易検査で新型インフルエンザの発症を疑われたため、立ち会った東京税関や入国管理局の職員らが一時隔離されるなどの騒ぎがあったことが29日、分かった。

 関係者によると、騒ぎがあったのは22日。男はその後の精密検査で大量の覚せい剤入りの袋を飲み込んで中毒症状を起こしていたことが判明、騒動は終息した。関係機関の幹部は「思わぬ実地訓練になった格好で、検討課題が確認された」と話している。

 関係者の話では、男は22日午後1時55分ごろ、香港発のキャセイ航空で到着。午後4時ごろ、空港第2ターミナルビルの税関検査場内でけいれんを起こして倒れ、昏睡(こんすい)状態に陥った。

 高熱があり、すぐに空港内の日本医科大成田国際空港クリニックでインフルエンザの簡易検査を実施したところ、陽性反応が出た。けいれんなど特異な症状も出ていたことから、クリニックは新型インフルエンザの可能性も考えられるとして関係機関に通報。

 男に近づいた税関や入管の職員や航空会社のスタッフらに隔離措置が取られ、クリニックは閉鎖。男が接触した場所を消毒するなどの騒ぎになった。

 しかし男はその後搬送された成田市内の総合病院で精密検査を受け、反応は陰性と出た。さらにエックス線検査で飲み込んだ約90個もの覚せい剤入りの袋が腸の中から見つかり、職員らの隔離措置は解除されたという。

 空港を管理・運営する成田国際空港会社は当時、社内の担当部署から広報室に連絡がなく報道対応できなかったと説明している。同社は「今後、新型インフルエンザの発症が疑われる事例があった際の連絡体制について検討したい」としている。




はい、、、何が、結局何が問題なのか、、、突っ込みどころ満載な記事ですが。。。
わかんないのに報道するのは、、、ねぇ。。。
まぁ、どうでもいいような気がしてきます。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nakoyusa.blog42.fc2.com/tb.php/1354-ed660136
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。