ブログ更新はイザぶろぐで続いてますよぉ~。このFC2は停止となり。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本から独立
検索すると結構ひっかかるものでw。
アドバイスも妙に信憑性がある真面目なもので、こういうこと考える人って少なくはないんだなぁと。
小説もいろいろとあって、題材に取り上げられているし、そういえば沈黙の艦隊なんてマンガはまさにこれだよなぁと。

で。
冷静に考えると。
個人の家だとか、個人的に日本から独立しようとするから無理があるのであって。

国として独立するには、何が何でも「金」と「国防」だと。
日本は幸い?なことに、自衛隊が国家から独立して?いるようだし(総理大臣でも自衛隊トップを罷免できないもんねw)
さらにありがたいことに専守防衛だから、日本から独立した国家にこちらから攻め入ることはできない(よね?)

金は難しい。たった一人で莫大な金持ちでもいればいいのだけれどw。

政治家は、例えば北海道なんて、日本の主力?政党に属さない人は多いから。
沖縄の独立はおそらく不可能だし。

場所的に立地的にいいのは、北海道かなぁと。土地もいっぱいあって、資源も石炭なら腐るほどあるし。
北海道独立なら、ロシアと日本の間になって、なんとなくロシアが後ろで睨みをきかせてくれるし。
(まぁ、ロシアに占領される可能性は否定できないけどw)

治安といえば、ラスベガスなんかが非常に治安がいいように、カジノと同時に治安ノウハウを一緒に導入すれば、金も儲かり、治安維持にも役立つし。

食料自給率という意味でも、きっと悪くないような気がする。
問題は寒い!雪!ということだけど、温暖化で昔ほどひどくないし。

世界一高い法人税に苦しむ、海外に出ていきたい日本の優良企業なんかをいくらかでも誘致できれば税収も雇用も。

産業廃棄物や刑務所、原子力発電所なんて嫌がられる施設も、徹底的に管理して企業にやらせれば喜んで参入する所も多いのでは?。
最近では、太陽光を反射させて蒸気を起こしたり、海水を水素とマグネシウムに分けて発電なんて画期的技術もあるから、そういうトンデモナイ日本のアイデアを率先して受け入れて。

労働力は、これまた幸いなことに、日本が鎖国しているから、そして、韓国や中国などが経済沈下傾向だから、いくらでも輸入できるだろう。
(もっとも、日本人でもやる気があれば参加してもらいたいのだけれどw)

医療、役人仕事、警察や消防なんかはお隣の日本国からいくらでも優秀な有志!を移民として喜んで受け入れればいいわけだし。
道路工事なんて、それこそ自衛隊に防衛と警備も兼ねてやってもらおう。

年金や介護は当分は我慢してもらわないといけないのだけれど、そもそも独立直後は労働人口が多いだろうから、即莫大な金がかかるとも思えない。

あとは、税金は、、、お隣の日本国がとっても高いのでw。
日本国より少しだけ安くするだけでも十分に魅力的だと。
自国通貨を作るのは結構面倒なので、、、いっそ、すべて電子化、そして国民すべて(出稼ぎ労働者含めて)ID番号とコンピュータ管理としてしまえばどうだろう?。今なら十分に可能な技術が確立できると感じる。ありとあらゆるところで管理監視されるので、治安が悪くなりようがないと。
監視社会がいやなら国に来てもらわなくて結構w。

とりあえず。
優秀な政治家と役人
優良な日本トップ企業数十社
高額納税者、高額所得者
自衛隊
社会のインフラを支える職業の皆さん。(家族も含め)

こういう人、500万~1000万人位程度集まっていただけるなら。

北海道に新「日本」国独立宣言ができてしまうのではないかなぁと。

母国語 日本語
通貨  円(ただしすべて電子マネー)
法律  たたき台はいくらでもあると
外交  
教育
福祉
国防  自衛隊

政治家任せにしないで、当初はかなり国民が政治に参画する必要ありと。

日本国民って、、、意外とできそうな気がする(気がするだけかよw)

地震などが起こったのに、略奪やレイプ、その他の犯罪が全く起こらない、世界的に不思議な国民性なんだから。
やってやれないことはない。

問題は、、、誰がこの国の国民として認められるかという問題だなぁ。。。
失敗例は信じられないほど元の日本国が実行しているから、それを反省しそして見習えば。
かなりいい国になることは間違いない。
ただ、、、クレーマーのような、自分のことしか考えない人間が国民になると、か弱い新国家国民がそういう人間に牛耳られる可能性は高いから。

国家を作り独立することよりも、新国家にふさわしくない日本人をいかに排除するかの作業が、、、
困難を極めてしまうかぁ。。。

国家を管理し動かすのって、、、難しいじゃん!。

政治家も楽じゃないなぁw。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nakoyusa.blog42.fc2.com/tb.php/1314-0b5775d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。