ブログ更新はイザぶろぐで続いてますよぉ~。このFC2は停止となり。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私の部署で、ある時期、医局全体が希望にあふれ?重症な患者に高度な医療を数多く提供しようとした時があります。
それが始って数カ月。
あることが起こりました。

そう、受け入れが困難になったのです。
医者は死ぬ気で睡眠時間を削って頑張っているのですが。
重症患者の受け入れを拒否せざる負えなくなりました。

人気ブログランキング バナー ←人気blogランキング投票はここをポチッと

FC2ブログランキング バナー ←FC2 ブログランキング投票は気が向いたらポチッと 
そう。
重症者が入る部屋が一つもなくなったのです。
何故?。

重症者を受け入れたので、治療が長引くケースが増え、治療がうまくいかないケースも増えたからです。
そう、一度、受け入れた重症な患者を引き受けてくれる医療機関はどこにもないのです。

何故って?。
うち以上に、そんな高度な医療を提供し続けられる病院はないからです。

救急で研修中。
救急にも当然小児は担ぎ込まれます。
救急です。救急の仕事は目の前の命を救うことです。
うっかりと「救ってしまった」命は、今度は全力で生き続けさせなくてはならなくなります。
自分の力で生き続けられず、さらには、他人の力を猛烈に必要とする患者には。
高度なICUというベットが必要になります。

えっと。
ICUというベットは、そんなにたくさんあるわけではありません。
どんどんと埋まっていきます。

ICUとは、24時間管理してくれちゃいます。
必要とあらば、10分毎でもありとあらゆることをやってくれます。
最低でも1時間ごとにいろいろなことを調べます。

救急は毎日稼働しています。

なので、受け入れ拒否をしないためには、誰かをICUから追い出す必要があります。
一番、元気そうな人が追い出されます。ごく普通の病棟にです。

そこでは、1日3回血圧や尿量を測ってくださいというだけで、え~~~~そんなの必要なんですか?と言われても当然なくらいに、別の意味で忙しい病棟です。えっと、、、さっきまで、1時間ごとにありとあらゆるモニターをしていた人ですが。。。

で。

ちっちゃな子供がいます。
救急のICUにいます。
2人も3人もいた時があります。

そこを追い出すと、、、追い出されるということは、結果は見えています。

追い出せば、新しい重症な患者を受け入れることができます。

できるのならば。
あなたが追い出してください。
マスコミの皆さま、行政の長の皆さま。
たらいまわし、受け入れ拒否と報道するあなたたちです。

その患者を、ICUやNICUから、追い出してください。

命を救う医者が、うっかり救ってしまった命を、今度は病院から追い出すのに悩み心を痛めているのです。
新しい、救えるかもしれない命を救うために。
誰かを追い出さなくてはいけません。

やれるもんなら、やってみなさい。
コメント
この記事へのコメント
こういう事を言う香ばしいブログがあったんで晒し上げ。



「トリアージ」 - 隠遁斎の「はらたち日記」
http://blog.goo.ne.jp/haratachi/e/f47c51d6938028c77ee401065dc019ba

子どもの頃、金魚鉢を壊してしまったことがある。
金魚は地面に放り出され、パチャパチャと暴れまくっている。
大急ぎでバケツに水を汲んできて、一匹づつ入れてやると嬉しそうに泳ぎ回っていた。
「魚って水から出しても、すぐには死なないもんなんだなぁ。」と子ども心に思った。

昨年11月に札幌で、自宅で未熟児を出産した母子が7つの病院をたらい回しされ、結果、新生児は救急車の中で心配停止状態になり、ついに死亡してしまったという。(公にされたのは、つい先日の12月2日だ。)
受け入れを拒否した7つの病院は、例の「新生児集中治療室(NICU)」が満床、あるいは当直医が治療中という言い訳だ。
その反省も対策も無いまま、いまだにたらい回しは続いている。

満床であろうと、治療中であろうと、一旦は受け入れるべきではないか。
一旦は受け入れて、それから空いている病院を探すべきだ。
病院内であれば、治療用具も薬も看護師も、いざとなれば医師も揃っているはずだ。
救急車の中で、何時間もじりじりと待っているよりはるかに生存の可能性は高まる。

たらい回しにするのなら、病院内でやればいい。
「新生児集中治療室(NICU)」が満床であったら、一時、他の未熟児を出して救急の未熟児をそこに入れればいい。
不謹慎と言われるかもしれないが、金魚と同じだ。
ある時間内なら、「新生児集中治療室(NICU)」から出しても大丈夫なのではないか?
一定時間経ったら、次の未熟児と入れ替えてやればいいではないか。
医師が治療中なら、医師自身が「たらい」になって、病院内を回ればいい。
これが隠遁斎の言う「病院内のたらい回し」という考えだ。
足らないのは、「ベット」でも「医師」でもない。
何としても助けようという「意思」と「知恵」だ。


…だそうです。
2008/12/05(金) 12:56 | URL | 都筑てんが #D5O/1XSs[ 編集]
医療現場ってのは矛盾の塊ですよね。
つらいお気持ちはよくわかります。
2008/12/05(金) 15:16 | URL | oka #JalddpaA[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/12/05(金) 22:29 | | #[ 編集]
最後の言葉「やれるもんなら、やってみなさい。」に惚れました。
痛快で最高です。
今日、透析室が満員で受け入れ不能でしたが、重症が来ました。そのひとを受け入れるために比較的状態のいい人を他院に紹介しました。そのひとには「今、受け入れ不可能ですが、このままではマスコミでいうところの受け入れ拒否ということになります。でもその人を受け入れないわけにはいかないのでなんとかわかってください。」と事情を説明したら快く了承してくれました。とても申し訳なくお願いしたのですが6人部屋病室から拍手をいただきました。遊佐先生の言葉から勇気をもらいました。これからもこのブログを見続けますのでよろしくお願いします。
2008/12/26(金) 00:36 | URL | 地方の泌尿器科医 #-[ 編集]
医師には応召義務があります。いやだったら医師をおやめなさい。転職の自由があるのだから。安全地帯からの無意味な啖呵「やれるもんなら、やってみなさい」は、みっともないだけ。
2008/12/31(水) 22:57 | URL | 通りすがり #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nakoyusa.blog42.fc2.com/tb.php/1307-fd4ea364
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
■ICU・NICUに関して書かれたブログ記事2件 一方、「受け入れ拒否、けしからん!」という人のブログ記事。 「トリアージ」 - 隠遁斎の「はらたち日記」 http://blog.goo.ne.jp/haratachi/e/f47c51d6938028c77ee401065dc019ba 子どもの頃、金魚鉢を壊してしまっ...
2008/12/06(土) 06:28:46 | ぷにっと囲碁!なブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。