ブログ更新はイザぶろぐで続いてますよぉ~。このFC2は停止となり。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんだか馬鹿ですねぇ。。。アホですネェ

医師の大量退職から一時、存続も危ぶまれた大阪府阪南市立病院で、新たに招いた医師らの多くが辞意を表明していることが31日、分かった。。。そうで。。。

ホームページのトップにこんなことが列挙されている病院なのに、、、。
やっと来てくれたお医者さんを、無理やり追い出そうなんてねぇ。。。
非常勤の内科医も相当数辞めるそうです。

こんな病院、早くつぶした方がいいです。

こんだけカネを貰って、まだ不服か?自分のことしか考えない医者め!という報道。
さすが、マスコミです。

なので。
情にほだされず、勇気を持って辞めましょう。
誰もこの病院の危機を救おうと立ち上がった先生方を責めはしないでしょう。

え?
患者が責める?

そんな患者がいる病院、それこそつぶれてしまえ!です。

人気ブログランキング バナー ←人気blogランキング投票はここをポチッと

FC2ブログランキング バナー ←FC2 ブログランキング投票は気が向いたらポチッと 


・2008年7月
小児科入院再開と9月より内科外来・入院再開

・2008年7月
看護師急募 詳しくはこちらへ

・2008年7月
給与改定2000万!

・2008年4月
第5土曜日に小児科の夜間救急診察を行います。 詳しくはこちらへ

・2008年3月
当直医師急募 詳しくはこちらへ

・2007年11月
お手軽ドックを始めます。 詳しくはこちらへ

・2007年6月
医師(常勤・非常勤)急募 詳しくはこちらへ


 医師の大量退職から一時、存続も危ぶまれた大阪府阪南市立病院で、新たに招いた医師らの多くが辞意を表明していることが31日、分かった。今月26日の市長選で、給与引き下げを検討する可能性に言及した元副市長が、医師招聘(しょうへい)を進めてきた現職を破り初当選し、医師が反発。同病院は再び危機的状況に陥る恐れが出てきた。

 同病院は医師の大量退職で昨年7月から内科を休診するなど経営難に陥った。市は医師確保のため、歩合給を導入するなどして、年収約1200万円の医師給与を約2000万円に引き上げ。医師確保が進み、今年9月からは内科診療も再開していた。

 市長選では、元副市長の福山敏博氏(58)が、医師確保に取り組んできた現職の岩室敏和氏(61)を破った。福山氏は当選後、歩合給について「公立病院にはなじまない」などとし、見直しの可能性に言及していた。

 同病院は慰留しているが、医師の1人は「8人が辞意を伝えている。新給与体系は議決されたもので、議会を無視した発言に不快感を感じる。新たな医師確保にも新給与で話を進めており、変わると信用にかかわる」などと話しており、来年にも辞職する考えを示した。
コメント
この記事へのコメント
表面だけの報道では真実はわからない。 一般論ではなく、この病院はということで論じてほしい。 マスコミ報道はむしろ旧市長、今回辞表を出す医師よりに賛同するような論調である。 元々、この病院、地域医療に貢献しているのは、(障害者にも対応している)歯科と(地域の輪番にも参加している)小児科だけで、実際に、病院存亡の危機にもめげず、病院を残そうと踏ん張ったのは、昔からいるこれらの先生方である。 そして、これらの先生方は、今回の給与削減案にも動じず、辞職の意向などは示していない。 辞職の意向を示しているのは、新たに雇われた医師たちで、これらの医師の領域は、救急に対応しているわけでもなく、周辺の医療機関だけでも十分に賄えるもので、辞めても一向に地域医療が崩壊するようなものではない。(病院が崩壊して困るのは、大量の退職者が出るため、それらに退職金を支払うと市が財政危機に陥り、債権団体に転落するからである。) 前の内科医師が総辞職したのも、礼を尽くせば、大学からの派遣の継続も可能であったのに元市長の見込みの甘さから、半ば喧嘩別れとなり派遣を撤退されたものだ。(別の大学に依頼すれば医師の派遣が可能であるという元市長の憶測があったが、それが成功しなかったため、最終的には、歩合制を含めた公募による採用をした。) その結果、それを目当てに医師は集まったが、地元のマスコミでは、内部告発で、新たに来た医師たちが、過剰診療(検査)を行っているとの投書もある。 給与体系の約束が反故にされ辞表を呈する医師をとやかく言うつもりはないが、「我々は地域医療の貢献のために来た」ということを堂々と言うべきではない。 むしろ、「金のために来たのだ」と正直に言えばいいではないか。 無医村、産科の医療崩壊などと同列に論じるべき話題ではない。
2008/11/01(土) 19:22 | URL | 一傍観者 #-[ 編集]
内情をどの程度ご存じかはわかりませんが。(私は某医師掲示板程度の知識しかありません)

はい、だから、潰れればと無下に書いています。

儲けるためには、過剰診療、当然だと思います。普通にやってりゃ儲かりません。(いい病院は儲かっているから、その儲けたお金をつぎ込んでさらにいい医療が提供できます。潰れかけの病院には真似できません)

暴言かましてよろしければ。
たかだか2000万程度でこのような病院に来てくれた先生を非難するのだけは許せません。マスコミがその事実を正しく伝えるはずがないので。

潰れたら、まず市民やマスコミに責められるのは、誰でしょう?。
赤字の病院が潰れて喜ぶのは、、、。

医療従事者かどうか、文面から分かりかねますが、すっかりマスコミの言いなりになっていますよ。。。どこがどうよとは言わないお約束でお願いします。
2008/11/01(土) 23:51 | URL | 管理人 遊佐 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nakoyusa.blog42.fc2.com/tb.php/1276-c28ac177
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。