ブログ更新はイザぶろぐで続いてますよぉ~。このFC2は停止となり。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、お別れとなる皮膚科の先生に、この「しみ」と「ほくろ」なんとかなりませんか?
そして、、、黒色腫とかじゃ、、、ないですよねと聞いた話を書きましたが。

いい情報を得たので、公開^^。(意外と調べる際、検索に手間取ったので、、、これは書かねばとw)

皮膚の腫瘍やホクロなどの色素病変をみる時に、ダーモスコープと呼ばれる特殊な拡大鏡にゼリーを
つけ、詳細に観察する検査です。ほくろの癌といわれるメラノーマか、普通のホクロかどうかを判断し
たり、どのような皮膚の腫瘍なのかを診断したりするときに有用な情報が得られます。
<東京女子医科大学東医療センター皮膚科 HPより一部引用>

ものすごく大雑把にいうと
足の裏なんかで「しわ」がありますよね。(黒色腫が多いのは足の裏)
その凹の所が黒いとホクロ、凸の所が黒いと悪性黒色腫なんだそうです。
もう少し詳しく言うと。
人気ブログランキング バナー ←人気blogランキング投票はここをポチッと

FC2ブログランキング バナー ←FC2 ブログランキング投票は気が向いたらポチッと 
良性のホクロ(母斑細胞母斑)の場合には指紋の溝の部分が黒く見え、
悪性のホクロ(悪性黒色腫)の場合には指紋の盛り上がった部分が黒く見える、、、だそうです。


なんでも日本で提案?された診断法で95%近くの診断率とか。

黒色腫は、、、診断と治療を兼ねて大きくえぐる様に広範囲で取り除け!っていうのが教科書的な知識だったので
(転移しやすいので、下手に組織を見えている範囲だけで小さく取ると、その手技のせいで全身転移して命を落とすというのね。)

(注意!)
ダーモスコープは角層下の病変まで見ることができるのですが、皮膚の深い部位(真皮)まで観察することは不可能
疑わしいシミやホクロは外科的に切除する必要があり、病理組織検査を行うことで最終的な診断、、、だそうです。
他にも、色素母斑から有棘細胞腫、血管腫とか、いろいろありますので、、、素人判断は絶対に禁物ョ!

ちなみに。。。
美容整形でほくろを取ると、保険適応ありなしもあるのですが、ひとつ1万円~1.5万円くらいみたいですね。
(前回ブログ記事で書いたように、色は「一発」で薄くなるようですが、、、あとのケアが必要なようですよ。)
(どうしてもほくろ取りたい人は、まず美容整形の前に皮膚科で診断・相談してもらうことを強く勧めます!)

ということで。
皮膚科の先生としては。

ほくろ取るのを、相談、即、お勧めしませんよぉ~(ニコッ)というものなので。
ほくろ取るまではともかく、、、悪いものじゃないだろうかと不安な人は結構多いのではと思います。
すべての皮膚科の先生がお持ちではないかもしれない器具ですが。
こういう診断法もあるんだ~と安心していただければ、ちょびっと嬉しいなと。
まぁ、、、もちろん、美容整形検索は、こちらのHPのグーグル広告から^^;。。。(オイオイw)
ちなみに。。。
美容整形のHPに、、、ダーモスコピーとの情報が一切載っていないのは、、、不親切だなぁ、、、とちょびっと思いましたです、ハイ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nakoyusa.blog42.fc2.com/tb.php/1190-9d4f8764
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。