ブログ更新はイザぶろぐで続いてますよぉ~。このFC2は停止となり。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドラマ小児救命始まりました。録画したので、、、ほとんど他のことをしていてきっちりと見ていないのですが。

とりあえず。
開業2日前に診療始めたら、、、即タイホ!ですよねぇ~。

コンビニにしたいんです!かぁ。。。
とりあえず。。。
小児科医の女医なら、髪を切れと。
ウンチ・よだれまみれになるぞ。。。

日本の小児科開業医は高度な医療を保ち、場合によれば緊急手術も可能。当然入院ができる。
それを24時間365日続け、すべての患者(自分の病院の患者ではなくとも)に、全力で過不足ない責任と義務を負うようですね。

そして化粧はきっちりとして、身なりも整えて、綺麗な服を着て、疲れも微塵も感じさせない笑顔で。

こんな医者は2話目ではで過労死、または医療ミスしてタイホ。

そういうオチを期待します。
そして、、、主人公シボウまたはタイホでドラマ打ち切り。。。

なんてリアリティw。

ただ、、、現実にあるクリニックなんですってね、、、この話。。。
コメント
この記事へのコメント
こんにちは。
『小児救命』 遊佐先生の感想を読んで、先生のツッコミに思わず笑ってしまいました。(小児科の女医なら髪を切れ! のところと、最後のオチのところです。)

10月16日の先生の記事、読売新聞の提言と通ずるものがあると思いました。
このドラマも、「今の小児医療が抱える問題を鋭く描く」とか言いながら、結局、有り得ない理想を描いているだけで、なんだか、現場で身を粉にして働いてる医療従事者を馬鹿にしてるとさえ感じます。
この前の Tomorrow の時も同じようなことを思いました。

今回の『小児救命』のモデルとなったクリニックさんって、以前、テレビのドキュメンタリー番組で取り上げられたのを見たような気がします。(もしかしたら違うかも知れませんが)






そういえば、阪神の監督、真弓氏に決まりましたね!(違う話ですみません)

2008/10/18(土) 01:09 | URL | みみこ #-[ 編集]
小児科の先生は何日も風呂にすら入れないなんてことは、普通にあります。。。激務なんてものじゃありません。

本当に子供が好き、、、(好きすぎてもできない仕事ですが。。。)子供はこんな薬や治療する位なら死んだ方がましだ!とか平気で言いますし、、、採血(血管ルート確保)では、体をネットで縛り付けて身動きできなくしてやったり、、、と。。。

最近では、子供を子供として扱わず、きっちりと病気や予後、治療法などを丁寧に、子供でもわかるように説明してあげる先生が増えているようですが。


相当に不評です、このドラマ。(某医者限定掲示板にてw)

突っ込みどころ満載。。。

地域の人が小児科医を守り、役人の手など借りず医療崩壊を防いだある有名な病院のケースでは、「コンビニ受診をやめる」ということもありました。

まさに、、、時代に逆行しまくるこのドラマ。オチだけが楽しみですw。

ところで。。。
真弓カントクになると。
カネモト、シモヤナギ、ヤノさんなどは、どうするのかなぁ、、、とか。
岡田を優勝させると意気込んでいた彼らが素直に体制を受け入れられるのかなぁと。

まぁ、この年寄りw3人組に頼ってちゃだめなんですけどねぇ。。。
2008/10/18(土) 14:50 | URL | 管理人 遊佐 #-[ 編集]
個人的なブログですし何書こうが勝手ですけど…


実在する医者に何度も助けてもらってますし…先生も看護師さんもいつも優しくて…


私も勝手に書かせていただければ…


主人公死亡…ってどうなんですかね
2008/10/27(月) 05:09 | URL | #-[ 編集]
実際にあのドラマのように働かされている小児科医が沢山います。

風呂に入る暇すらなく。
食事などもちろん。
寝る時間もないはずですね、あれでは。

あのドラマのような医者が一人いて、正義感だけで自分の手に負えない仕事まで自分勝手にされると、巻き込まれる周りの病院やスタッフが非常に迷惑することがあるということも、あるのだと理解してはいただけないでしょうか?。
2008/11/01(土) 23:28 | URL | 管理人 遊佐 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nakoyusa.blog42.fc2.com/tb.php/1189-996cd802
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。