ブログ更新はイザぶろぐで続いてますよぉ~。このFC2は停止となり。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「生きてることが辛いなら いっそ小さく死ねばいい 恋人と親は悲しむが 3日と経てば元通り…」
そして、直太朗さんは、次のようなエンディングで締めくくった。

「生きてることが辛いなら 嫌になるまで生きるがいい」
「生きてることが辛いなら くたばる喜びとっておけ」

「いっそ小さく死ねばいい」 森山直太朗新曲の本当の意味 (J-CASTニュース)

個人的には、死のう、死にたいと思ったことは毎日のようにあった時代もあるのですが、、、生きていることが辛いと思ったことはないなぁと。

医師のブログでも、自殺やうつなどに関してはよく取り上げられるのですが、、、。

自殺の動機として、生きていることが辛いという感覚があるのか、、、と、ドキッとさせられました。
学校生活なんて何にもいい思い出が思い出せないって人も多いでしょうし、社会に出てからも何もいいことなかったと、、、今まで人生生きていて何にもいいことなかったな、、、という人は。

多いと思う。

人は一人では生きていけないし、思い出せなくともそれなりにいいこともきっとあったんだろうけど。
誰かのおかげで今を生きられていて、そして、自分も誰かのためになっているということに気づくのは難しいけど。
生きていることが辛くなったらどうすればいいのかな、、、と。
ちょっと悩んで考えてみたいと思った。
でも。
死ぬことを真剣に考えてみるってことは、、、一度くらいは必要なことかもしれないなとかも思う。。。
死ぬよりも、、、もうちょっと生きてみるかとか。。。
死ぬことを一度も考えずに生きられてきたなら、、、それはそれで結構なことだけど。
それならば、死にたいって何故思うんだろうって考えてみるとか。

私は、ただ、ただ、、、死ぬ勇気もなかったので幸い今生きていて、最近やっと生きていて良かったなと思えるようになったけど。。。

生きていて良かったなと思える時は必ずくるとは、、、そんな無責任なことを言ってはあげられないけど。

それでも、生きる努力はしてみるべきかなって思う。
それでも駄目なら。。。
死んでみることを考えて、できれば、もうちょっと生きてみようかなと思ってほしいかなと。
でも、やっぱり、、、死のうという結論に達したら。。。

ゴメン。
私はそれはそれでいいのではないかなと思う。

ただ。。。
日本では、前世とか生まれ変わるとか、、、安易に、、、死んでもいいんだよって、、、金儲けをやっている人間が多くいて、、、。。。

話が最後の最後にずれてしまった。。。

生きてることが辛いなら いっそ小さく死ねばいい
確かにとてもいい方法かもしれないなと。

死んでみても、、、なんにもかわんないじゃん。
じゃぁ、、、死なずに生きていてもおんなじかな?
だから生きるか!って。

今、私はどうしても死ぬことはできない。
毎日のように死ぬことを考えていた人間でも、生きていればここまで変われる。
生きていればいいことがあるかどうかはわからないけど。
死にたくない、死ねないと思える日はどんな人にもきっとくると信じたい。

だからやっぱり。

死ぬことを一度考えても、、、生きてほしい。
そしてできれば、、、。。。
まだ死ねない理由を、、、自分の力で見つけ出して欲しい。
きっと見つかると思う。
だから生きて。死なないで。

死にたくない、もっと生きたい、、、。。。
最後の一行は書くんじゃなかったけど、、、書いちゃったので、消さないでおこう。


PS
(この記事、私が死ぬとかいうメッセージでは全くないので焦らないでネ^^w)
コメント
この記事へのコメント
死ぬのなんて勇気でも何でもないです。
思いきるとか、勢いは必要なのかもしれませんが、そこに勇気なんてものは全く存在していません。
逃げないということには、勇気は存在するでしょうけど。
2008/07/31(木) 21:24 | URL | 奈菜 #-[ 編集]
私は(医者が言うべきセリフではないのですが)、人には死ぬ権利はあると思うのです。

どこからどう説明すればいいのか、、、なのですが。

確かに勇気などではないのですが、、、。。。

誰にも迷惑をかけず、誰も悲しませないなら、、、死ぬことも自由かなと。ただ。。。それを踏みとどまる勇気を与えるものが、、、少ないかな、、、と。

心を病んでの自殺と、心を病まずの自殺が、、、とりあえずごちゃまぜになっているんだろうけど、、、。。。

というか。。。
そういうのを研究している人の意見って、、、看護学や教育学なんかを教えたりする偉い人の意見とかと同じで、、、実際には何の役にも立たないことが非常に多いですからねぇ。

と、話はじめだけで終わってスイマセン。
2008/08/05(火) 22:28 | URL | 管理人 遊佐 #-[ 編集]
人の命を奪うのは犯罪であり罪です。自分の命とは何処からその発想は出てくるのでしょうか?
あなたの命はあなたが作ったのですか?
あなたは作られたのですよ!
自分勝手にその作品を殺す権利は有りません。
この事から。
「生きてる事が辛いならいっそ死ねばいい」と言う言葉は絶対使ってはならない言葉です。どんな事情意味があろうとも、使ってはならない言葉です。あなたは本当にいじめにあったり、苦しい生活、生きてゆく望みがなくなって死にたいと思って居る人が何十満人も居る事をご存知ですか?そんな人は皆なしねばいいのですか。もう既にこのフレーズ子供の間ではいじめの材料に使われ出しました。
いじめる相手にこの言葉を投げかけるのです。
こんな歌メヂアで流さないようにしなければいけません。
使ってはならない差別用語です。
2008/09/10(水) 01:17 | URL | 森田英義 #-[ 編集]
考え方にもよるかもしれませんが、本文にも書いたかななのですが。

本当に死にたいと思う人に、死ぬという選択もあるよと言ってあげる勇気は必要なのかなと。

死んでもいいけどさぁ~。もうちょっと生きてみるのも悪くないかもよと。

いじめにつながってしまう言葉であるということは承知ですが。

リスカや自殺未遂が結構気軽に語られる一方で。スピリチュアルとか、宗教とか、そういうのを商売にして、さらに、、、。と。

そういう人の気持ちなど金儲けとしか考えない蛆虫よりは、死にたいと思っている人に死んでもいいけど、生きてみようと。


生きていることが辛いのに、死ぬことさえ考えてはいけないなら、そこに救いはないかなぁと。

死ぬことまで考えて、、、こういう歌や、なにかのきっかけや友人やらで、死なないでおこうと思えることもあるはずと。

そういう悩みを持っている、死のうと思っている人は自分以外にもいるんだと。

どんなものが救いになるかはわかりません。
でも、これが救いになる人がいると思います。なので、意味がある歌であると私は思います。
2008/09/10(水) 22:56 | URL | 管理人 遊佐 #-[ 編集]
生きてる意味もない
なんで生きているのか、生かされているのか、わからない
死にたい
早く死にたい
お迎え来ないかな
高いところに上ったら、下をのぞいて飛ぶ瞬間を考え、
鉄棒を見たら、どうやったら首くくれるかな、と思い、
不慮の事故や事件で亡くなった人のニュースを見聞きすれば、なんで自分じゃないんだろ、いつでも私が代わってあげるのに、と、
いつも考えている人間にとっては、
「気が付きゃみんな年取って
同じとこに逝くのだから」
「くたばる喜びとっておけ」
という、「生きる」と「死ぬ」という選択肢は、「死んではいけない」という強迫観念めいたお説教よりは、病んだ心にはしみ通りました。
2008/09/13(土) 18:03 | URL | 月夜 #-[ 編集]
まだコメント内容に余裕があると判断していますので、すいません、また近日、コメントのお返事とさせていただきます。
2008/09/16(火) 00:34 | URL | 管理人 遊佐 #-[ 編集]
死にたいと思う人には、その人なりの理由があるわけで。いじめにつながるから、いっちゃいけない、使えないというようなことは、やはりないのかなと。どんな手段や接し方でも、そして、取り方によっては真逆に感じ取れることでも、感じ方は人それぞれ、どんな所に救いがあり、助けられたと思うことがあるかは、わからないので。

死にたいと思う人に、死ね!というのはもちろんダメだとは思うけど、死ぬな!というのも同じくらいダメなことで。

だからといって、その境遇やいきさつをすべて共有することなどできるはずもなく。

少なくとも、聞いてもらえる余地、逃げ込んでもいいよ、という逃げ道を用意。。。

もちろん、死にたいとか、生きていても仕方ないとか言うのって、、、な議論はあるでしょうが、まずは、死のうと思ったけど死ななくてもいいかなと思えるようになるまでは、見守る続けるしかないのかなと、月並みな意見ですが。

こんな返事でいいとは思いませんが、誰かに、何かに頼り、救われるものを探し出すのは、やはり本人自身。無責任ですが、そういうものが見つかるといいのですが、、、と。
2008/09/20(土) 20:59 | URL | 管理人 遊佐 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nakoyusa.blog42.fc2.com/tb.php/1125-14f4b934
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。