ブログ更新はイザぶろぐで続いてますよぉ~。このFC2は停止となり。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近、凶悪犯罪が起こると、精神鑑定が行われることに、、、そしてそれが採用されたり採用されなかったりと、いったい裁判(そして犯罪そのもの)にとって精神状態と精神鑑定はなんなんだろういうことを、そろそろ学会レベルで意見を出せないものなのか、、、と思って記事を書こうと考想していたら。
和田 秀樹 先生が某医者求人サイトで連載しているものに記事があったので、(勝手に)引用する。
(記事を読みたい方は、医師 求人でググルよろしw)
<以下、記事引用>

レベルの低い日本の精神科医
 前にも問題にしたセレブ妻による夫のバラバラ殺人事件で、東京地裁は、弁護側だけでなく、検察側から依頼された精神鑑定医も心神喪失とした精神鑑定結果を採用せず、懲役15年の判決を出した。
 私は、この裁判官はプロの仕事をしたと考えている。それは前にも書いたように、事件当時精神状態がおかしかったという理由で、何でも心神喪失や心神耗弱にしていたのでは、とくに凶悪事件の裁判が成り立たない。原点に帰って、心神耗弱や心神喪失にあてはまる判断基準をきちんとしたものにするのが、司法精神医学のあり方だということを指し示した判断、つまり「鑑定をやるなら、ちゃんと勉強してきてね」と言わんばかりの判決だと私は考える。実際、犯行時、精神病状態だったことをこの判決はきちんと認めた上で、犯行が「殺せ」というような幻聴や妄想によるものではなかったし、統合失調症のような精神病によるものでなかったのだから、心神喪失はとれないという判断はまったく妥当なものだ。

 もちろん、それがこの鑑定医が精神科医として信用できないとか、藪医者だといっているわけではない。だから、彼らの鑑定結果の信用性に疑問はさしはさまないと明記している。実際、弁護側・検察側の鑑定医ともに、臨床医としては評価の高い医師だ(とくに一人は私が直接に知る良心的医師である)。ただ、司法精神医学は話が別だということである。

<以下略><引用ここまで>

和田 秀樹 先生が学会レベルで信頼に値する先生なのかどうかはよく知らないけれど。
(ここに連載を載せられている先生方は、よくマスコミに出てくる先生も多くて、、、医者からはかなり医者としての評価の低い人もいるのでw)

司法に、、、そもそも精神世界など割り込んで来た上に情状酌量の手段となって良い物なのかと。
100歩譲って精神的にどうしようもないなら、それで犯した罪が無罪であったとしても、社会に放免してよい根拠にはまったくならず、それどころか、治療して治る見込みすらないのであれば、生涯国が責任を持ってその人間(犯罪者と言えないならば)の人権も含め幽閉拘束するべき問題であろうに、、、と。

まぁ、木っ端内科医の私が言ってもなんの説得力がないだけに、、、
香山リカ(肩書きは精神科、精神科医として有名)みたいな、偽「精神科医」がマスコミからコメントを求められて、堂々と意見を述べるような馬鹿らしいこと許している状況だけは、そろそろやめにしてもらいたいものだなぁと。。。
医者として登録されていなかった?成形外科医の西川文子女医が内科の話題を語る方がよほどましだよね。
あ、話ずれた。

診断する人(著名な精神科医を含む)で、同じ症状に対し、病名が異なるなんてことは、朝青龍の病気の時によくわかったと思うけどw。

最後の方は、、、私の駄文で申し訳ないけれど、やはり結論としては和田先生の言うとおりだと思う。


あと。。。
先日、内科外来にかかった患者の苦情。。。
心療内科の先生が、非常に高圧的で、こちらの話をまったく聞いてくれず、とても怖く、二度と行きたくないと。。。

てめぇ!、、、即刻、医者なんか辞めてしまえ!少なくとも診療内科医を名乗るな!。

コメント
この記事へのコメント
はじめまして。双極性障害で治療中の者です。ホントにヤバイ精神科医師って多いですよね。私もあっちこっちドクターショッピングしてみて、身にしみてわかりました。いろんな文献を読んだり、ネットで調べたりするうちに病歴の長い人ほど精神科医にたいして不満を持ってるみたいだということがわかりました。中には素晴らしい医師もいらっしゃるんでしょうが、精神疾患を心底理解して治療されてる医師は少ない様に思います。以前から香山先生の発言には疑問を感じていました。「今の子達は弱いから鬱病になる。」っていぜん本でおっしゃってたのですが、『鬱病は脳の病気。様々な人生経験やトラウマや遺伝的なものが複雑に絡み合ってなるもののはず・・・?。』『?????』って感じになってしまいました。早く良い医師が増えて皆の病が治ることを祈るばかりです。遠い未来になりそう・・・。
2008/06/15(日) 03:03 | URL | ノバラ #-[ 編集]
N医科大の精神科教室の医師の診断書。子供たちがDVによるPTSD。子供はT大学の大学院に通って、、、元気。学業に支障が出るのがTPSDじゃないでしょうか?

いい加減な診断書を書くな、、、と思いきや、精神科の医師の診断書は訴訟で金が絡むときには使わないでください、、だってさ。

このやろう、てめぇ、、、いい加減なもの書くな、、、だって、N医科大はフロイト流の古典的な学校だもんね。
訴えてやるぅ、、、だから蕎麦食って記者会見で彼女から降られるんだ、、、僕なんか、奥さんに逃げられたぁ、、、そしたらうったえるというから、、、どうぞ、どうぞ、、、早く訴えろ。(訴訟法ってそういのがあるんです。)訴えてこなければ、こっちから訴えるぞ。

負けるもんか、、、だからね、香山リカなぁんて、、、、はははっはです。

アホな精神科はいらない。(怒)

和田秀樹は受験本を売ってろ。。。。今夜はパニックです。w
2008/06/16(月) 22:14 | URL | とまと #1Nt04ABk[ 編集]
精神医学までは不勉強ですので、知らないものをあまり詳しく書くことはできませんが。

いわゆる?軽い精神疾患では、患者は、症状を聞いてもらうだけでも心地よくいられることもあり、(このあたり、診療内科になる?)、、、特に女性では、なかなか内科からいきなり精神科に紹介しても、、、継続して通院してもらうことができないというデータもあるようです。(なので、間に女性外来などで、時間をかけて症状や悩みを聞き、数回の診察の後、精神科に相談を勧めるとうまく治療が継続できるらしいです)

まぁ、、、内科でも、いい医者はとりあえず、いくつ考えられる病名を思いつくか。そしていかにそれを絞っていけるかが技量の発揮のしどころなんでしょうが。。。

精神科のそれは、、、まず、、、医者がどんな精神医学に精通しているか、、、で。そう、医者によってそもそも思いつく病名がはじめから全く違う、、、ので、、、違う先生だと違う診断、、、になってしまう。。。のかなぁと。(下手な説明ですいません)

長くなるのでとりあえずこのくらいですが。
香山先生は知名度も高いのに、不適切な発言が多いことでも知られるのですが、、、どうしても精神科医という肩書をはずしたくはないようで。。。

心理学教授と精神科医とは、、、全くの別物。

心理学に限界を感じて、医者になった精神科医もいるくらいですしw。

説明が足りないお返事コメントばかりで混乱させてしまうと申し訳ないですが、あんな人のコメント、信じなくていいです!それだけは断言できます!。
2008/06/17(火) 23:31 | URL | 管理人 遊佐 #-[ 編集]
これまたすごい方向から攻めてこられましたね。。。あ、とまとさんこちらではお久しぶりです^^。

とにかく、。
戦うと決めた限りは戦って勝ってください!。(と、たきつけてもいいのかしらw)

医学的に相談事があれば、、、takechan先生にw。

うちの夫婦はラブラブではありませんが、、、お互いに面倒なことは大嫌いなので、ややこしいことはありえないだろうなぁ。。。と。

とにかく、お金大好き遊佐、、、としてはw、裁判で負けても金では負けてほしくないので、こうなったらこっちも精神的損害を出し返す?など、、、(炊き付けてますねw)

ガンバレ!
2008/06/17(火) 23:38 | URL | 管理人 遊佐 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nakoyusa.blog42.fc2.com/tb.php/1083-90979965
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。