ブログ更新はイザぶろぐで続いてますよぉ~。このFC2は停止となり。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、勉強もろくにせずに記事を書いたので、少し調べてみた。

柔道整復師をウイキペディアで調べてみた。
なかなかに興味深い見地が書かれていた。

あん摩マッサージ指圧師(→国家試験のある国家資格だったんですね。。。)
鍼灸師
整体

などの項目を参照すべし^^
ウイキの説明はすべて真実とは限らないことは承知して読むべし。

遊佐がへぇ~と思った所をいくつか抜粋


はり師 、 きゅう師 の資格も全て持つ者を通称して、鍼灸マッサージ師という。(→それぞれ別個の資格なんですね)

マッサージを業とできる者は「あん摩マッサージ指圧師」のみである(業務独占)
第1条に「医師以外の者で、はり・きゅう・あん摩マッサージ指圧を業とする云々」とある

しかし「整体」や「カイロプラクティック」「足のツボ療法(リフレクソロジーを含む)」などの看板を掲げ、無資格でマッサージ類似行為をする者が後を絶たない。(→これは本来違法行為なんだ~でも、、、堂々と一番儲けているよねぇなんで?。)

整体の民間治療法を用いる者は整体師・整体士・整体療法士などの名称で呼ばれる。(→資格試験をパスして名乗っているわけじゃないんだね)

整体師(士)は、医師法に定める医師ではないので診断を行うことはできない。(→え~診断めっちゃやってるしw)

ちなみに医師免許を持ってしても、マッサージ施術はやってはいけないんだと。(→逮捕されます)

法律上、診察および治療は医師および歯科医師のみができるとの規定は何法にも存在しない。医師・歯科医師・柔道整復師らは自ら診断して治療を行うべき責任を有する。(→柔道整復師は診断付けてもいいんだ)

日本臨床整形外科医会のいうところの整形外科の定義 「整形外科という診療科は、整骨院(接骨院)とは全く異なります。整骨院は柔道整復師という人達が行なっている施術所のことです。整形外科は当然のことながら医師が行なう診療科です。」

ここから遊佐の記事
整形内科が多くなっているんだねぇ~
確かに、、、面倒、、、もとい、専門外なので、整形外科に聞いてねとはよくいう台詞だけど。
整形外科にかかっているのに、、、内科的に見ても、、、その治療でいいんだろうか、、、。
検査して、湿布と痛み止め大量に出しているけど、、、診断違うくない?って症例は時々見ます。。。

患者の希望がない、かかりつけの愛する患者さんじゃない、、、とおりすがりの患者さんの場合は、、、その診断にケチつけることはほとんどないですけどね。だってあちらは専門家、こっちは内科医だしw。

ってことは。。。

整形内科、、、外科的治療をしない整形外科標榜の開業医をこう呼ぶらしいw。

その不良整形内科医と、、、まともな治療施術をするつもりはない不良整体師が、、、この世界にはゴマンとあふれていて。
それ以上に。
国家資格や民間資格すら持たないマッサージ治療(当然保険診療外)がそれよりも多く、、、。


で。

美容整形にしろ、レーシックにしろ、医者の求人欄を見ると素人の人でもわかるように。
美容整形外科募集、経験不問年収2000~5000万とか
レーシック、年収4500万から5000万以上可能(要眼科専門医)
(まぁ、、、眼科の先生で専門医持ってない人は少ないでしょうがw)

なんて、広告をみてわかるように。

まともな医療をしている医者は。。。
毎日患者の嫌がることを説明して(これを食べるな、痩せろ、タバコやめろ、死ぬぞ!。。。)
患者にいやなことばかりして、採血痛い、胃カメラ苦しい、エコーこちょばいw。

治療しても、、、
治らない。
薬多い。
治療費高い。
無愛想。
女医なのに可愛さが足りない?

など散々に文句を言われ、患者にいやな思いばかりさせてなけなしの診療報酬を頂くのと。

患者から望まれて。
治療費高くて結構。
保険診療?自費で結構。
治療してくれて本当にありがとう!。
先生感謝します!

それだけ患者から感謝して、お金もいただけて、、、。。。

どちらがいい医療なんだ!と。

というのが、整体なんかにもあてはまるんだろうなぁと。

15分2000円も出して、自主的にマッサージしてもらって、文句を言っている人を見とことないし。
町の接骨院に通っている人も文句を聞いたことがないのに。

整形外科で治療をしている人の苦情は多いことw。(効かない、治らない、先生の顔がイケメンじゃないなど)
そして、治らないのに治療費が高い!と。

とりあえず。ここまで。
多分もう少し続けます。

勇気あるコメントつけていただいてありがとう。
私も記事にした以上、少し勉強しますね。

ただ、、、
患者さんからすれば、
こういう5000万年収の医者も最高の医療を命削りながらやっている医者も同じ医者。
テレビに出る医者から相手にされていないような医者が名医扱いなんですね。。。

整体、鍼灸、マッサージ、、、ごっちゃにしないでくれ!という叫びは本当にわかるのですが。
医者からみても、、、同類、似たようなことやっている人たち、、、そして民間療法レベルと変わりない評価なんですね。
同じ内科でも今流行りの?心療内科なんかもありますね。
不定愁訴で面倒な患者に、、、薦めたりしますが、、、内科的には、、、いいわけないのになと思うことも。

いい医療や治療、施術を提供している人も多いのでしょうが。

まぁ、、、歯科なんかも、、、本当にいい治療を患者のために提供すれば経営がやっていけない現実がそこにありますので、綺麗事ばかり並べるな!なんでしょうけどね。(医者でも開業医でウハウハなのはごく一部なのに、平均年収2500万って言われ続けてますしね。

なので。。。

この業界へのイメージを変えるのは医者病院よりも困難かもしれません。

ただ、、、。。。
イメージを変えるよりも今のままの方が、、、儲けるという意味では都合がいいのだろうなぁと。。。

多分、きっちりと施術治療している方は、、、儲からないでしょうからw。

あ、あとがきが長くなりました。また書きますね。
コメント
この記事へのコメント
私の書いたこと取り上げてもらってありがとうございます。
マッサージが、マッサージ類似行為と線引きできない理由のひとつには、国家資格を持つ鍼灸マッサージ師なんかは、保険を使わなくても、病院などと同じように宣伝広告に関する制限があり、かなり制限されているので、鍼灸、マッサージに関して、どんなことにどんな施術がおこなわれるのかを一般に知らせることがおこないにくい状態です。ですが、国家資格をもたない場合、制限はないので、自由に宣伝広告ができますから、全然効果の無い、治療行為的なことを書いていても、表現さえ工夫すれば簡単に伝えることができ、まあ医師の方々も、その宣伝文句をうのみにして、病院でのリラクゼーションとして、そういった方々を雇われていることもあります。実際、なんの国家資格を持たない整体師やセラピストと呼ばれる人達に患者さんへの施術をさせていますから、患者も信頼するでしょう。
 それと、医師は、診断などには命がかかわり、鍼灸やマッサージでは命にはかかわらないと思っておられるようですが、以前、整形外科医が腕の振るえをストレス性の痙攣と診断して、ストレス解消に来られた患者さんが破傷風による痙攣で、おかしいと思った私は、一度診断を受けて納得しない患者さんを説得して、別の病院に受診させ、即入院、その後危篤状態になりましたが、なんとか一命を取り留めたという経験などもあり、マッサージ師でも、一歩判断を間違えば、危ういこともあるとしみじみ思いましたし、もともと、症状を聞いて、おかしいなと思えば病院への受診をすすめたり、施術を断ったりしています。こういうことしている人は以外に多いですけど、医師が、一般の情報で思い込んでいるのでどちらかというと、医師のほうでそういう人々を敬遠しているようにも思います。
 もちろん、まだまだエビデンスなんかが少ないことも要因だけど、医師は一般人とは違うし、患者さんにもそういう施術を受けている方はいると思いますので、正しい認識は持っていて欲しいかと思います。
 内科系でいえば、心療内科にかかっている人はストレス対策でよく来られますし、内科に行くほどでない腹部膨満感や胃もたれ、慢性的な胃腸の不良で来られる方はかなり多いですし、腹部の異常な緊張や圧痛から、施術をお断りして、内科への受診を優先してもらうことも多いです。
 信じられないかもしれないけど、今までに、脳出血の軽い状態や脳腫瘍、なんて患者さんや、腹部動脈瘤、ガンなんかの患者さんも来られたりしますので、鍼灸師やマッサージ師でも、医師ほどの数はないけど、自分の判断が命にかかわる場面てあるんですよね。みんながマッサージでそうなることはないと思っている中で、そんな患者さんが来ますから、アル意味、医師より危険なこともあったりしますよ。
 近隣の腕のいい医師なんかもできるだけ調べて受診をすすめるときには教えたり、受診のさいに医師に伝えておいたほうがいい症状や所見なんかはメモして持参してもらって医師に見せるように指導したりもします。でも、こんなこと宣伝広告には書けないし、制限がない民間資格なら、それすらうまく宣伝に活用できると思います。
 国家資格である以上、医師とできることは違っても、設備や広告、行動なんかには、かわらない制限があるんですよね。そのうえ、柔道整復師みたいに保険も使えないですしね。
まあ、できないことばかり並べても仕方ないので、やれることやるしかないんですけどね。笑
2008/06/06(金) 10:05 | URL | 鍼灸マッサージ師 #-[ 編集]
整形では治せない分野もきっとあるのかなぁと感じています。(整形外科の悪口を言いまくる、鍼灸や整体で症状が良くなっている患者は多いのでw)

あと、今回の記事は、先のコメントにも書いたのですが、、、相当な説明を省いていますので。

あと、いくつかの論点に分けるべき話をごちゃまぜに悪いものと自分でも思っていたし、書いて初めて、なんかこの記事おかしい点がいっぱいあると気がついたところも多く。

今、思いついたことを記事にするべく、文章を考えてはいますが、、、なかなかに整理がうまくいかず記事にできるかどうかまだわかりません。

もし書けたら、またよろしくお願いします。
2008/06/10(火) 23:26 | URL | 管理人 遊佐 #-[ 編集]
初めまして。静岡県で柔道整復師の3年生をしています。
まだ、学生の身分でコメントをさせていただいていいものかと、考えましたが、書き込みさせていただきます。

治療と言う言葉を、一般的に手当てと言いますね。

私たち柔整師は、患者さんに【手当て】をする職業で、治療ではない気がします。
自分が病気になったとき、お医者さんから『はい、治療しましょうね』なんて言われたときに、なんだか自分の意思や人間性なんか、一切無くて、ただただ命を維持するために体をいじくられた気がしました。
生きるためにやる医療と、QLOのための手当てを対比するのはおかしいかと。
2008/08/11(月) 02:08 | URL | サイクル #-[ 編集]
患者さんは医者には、そのときだけ楽になる、、、といったことを言いますが、やはり、信頼し、楽になるからこそ通っているのではと。

手当てなど、、、言わず、俺が治すんだ(実際に治る、軽快するものも多くあるのですから)という心意気で、仕事に誇りを持ってやってください!。

整形外科で治らない病気を、整体師が治せる可能性は十分にあります。患者さんはそんな低いものを求めてはいません。治せるもんなら、治してやってくださいませ^^!!。

もちろん、医者といい関係をもち、連携してより良い「医療」を提供できればさらに良しです。
2008/08/16(土) 15:21 | URL | 管理人 遊佐 #-[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/06/07(金) 17:26 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nakoyusa.blog42.fc2.com/tb.php/1075-f6441d5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。