ブログ更新はイザぶろぐで続いてますよぉ~。このFC2は停止となり。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
妊娠は母体・胎児ともに死ぬかもしれないもので。
出産も母子ともに死ぬかもしれないもので。

それを理解できていないものは妊娠することも妊娠させることも出産することも

やめた方が良い。。。

などと(閉鎖的な掲示板ですら)書こうものなら、逮捕される

悪=即=斬

的な、、、医療に対する国民の目線と、医者=ミス=悪とする報道。

正常分娩でも死産はありえるし。
異常分娩ならなおさら。
実際に子どもを産んだ人ならわかるだろうけど。。。
陣痛が来て死にそうに苦しいのに、、、医者が来てくれなかったり。。。看護師が優しくなかったり。。。することは確かにある。誰かに当たり散らしたかったり、、、病院に対して不満感・不公平感は確かにある。。。(他に自分以上に苦しんでいる患者がいた場合、、、どうしてもそれ以下の患者は後回しになるから。。。)

ただ。。。

医療で悪い結果なら=医療ミス
患者の主張を受け入れなかったら=隠蔽工作に反省の意思がない非情で非常識な感覚
裁判になったら=医療側が悪

そういう報道をいい加減にやめていただかないと。
自己保身に走る医者は増えるだろうと思う。

誠心誠意・力の限り精一杯治療しても。
治らない病気なんていくらでもある。(妊娠は病気ではないだろうけど)

異常が見つからなくても進行したり悪くなったりする病気なんていくらでもあるし。
診断がつかない場合なんてそれこそいくらでもある。

気に入らないなら。。。
ドクターショッピングでも。。。
セカンドオピニオンというものを間違えた受診であっても。。。
日本はいくらでも、「名医」にかかれるのだから。。。

自分の気の済むように、医者を探して、理想と思う医療を受けてくれと

どうせどんなに医者が頑張っても、、、結局、、、最後に感謝すらしていただけないのなら。。。

はじめから引き受けなければよかった、、、と。

内科医は。。。
病気が悪くなっていく患者さん本人から。。。
患者さんが死んでなお、患者の家族から。。。

感謝の言葉をかけていただけることが少なくない科である。

なので。まだ、、、やりがいがあるけれど。。。

産科や小児科など。
医者が患者を助けて当然。
うまくいって当然。。。なような科は。。。

相当に辛いと思う。

もうすこしまともな報道だけでもしてはいただけないものか?

内科ですら。。。
もう、や~めた。
医者がゴロゴロいる。

数が多いので補充が効きやすい分、表面には出てきていないだろうけど。。。

先日も当直で救急車依頼を1日で6台も引き受けたけど。。。
(軽症と思われたものだけなので威張れるものでもないのだけれどw)
(だって、検査も何もできないんだもんw)

本当は救急なんて断りたい。。。
引き受けて、、、何かミスをすれば。。。
すべて自分の責任になるんだから。。。
断れば、体力も楽だし、医療ミスとして問題になる責任もないし。。。

正直、、、救急なんて。。。

ましてや。。。
産科医は救急で来るのは「野良妊婦」である。。。

やってられないだろうなぁ。。。と正直思う。。。

野良初診ではとりあえず内科的疾患ですら、、、診るのはそして診断をつけて、、、治療をして、、、自分の病院で、、、何かあったらどうしようと不安な夜を過ごすだけでも精神的に相当きついのに。。。

あ、長くなったからこのくらいにしよう。

しかし。
医者=即=悪
だから
悪=即=斬
という図式を、、、

やめてほしいけど、それをやめないマスコミは、、、国民の支持を受けているんだろうなぁ。。。
コメント
この記事へのコメント
保険会社が、妊娠という状態をどう扱っているかを考えると
高リスク状態と考えていることがわかります。

ほとんどの保険会社は、たとえ経過が順調でも、妊婦だと新規に
医療保険には加入できないか、加入できても妊娠・出産に関する
合併症を部位不担保にする契約になってしまいます。

また、医療特約についても同様です。
医療保険などの告知書には、妊娠中かどうか聞かれる欄もあって、
チェック項目になっているのです。ですから、妊婦は医療保険に
入れないわけではないのですが、加入に「制限がある」といえます。

妊娠がわかってから医療保険に入っていないことに気づきあわてて
入ろうと思う人もいるようですが、その段階での加入は、断られるか

あるいは

妊娠・出産による合併症は保障しないという条件付きの契約になる
ことが多いようです。妊娠・出産による合併症にリスクを感じて入
ろうと思っても、保障されないのでは意味がありません。

出産後に入ろうと思っていた場合、
まったく問題なく妊娠・出産が済んだ人はいいのですが、

もしも分娩が帝王切開などだった場合、

5年は保険に入れなくなる可能性があります。


それだけ、新しい生命を生み出すことは、
体に負担を掛けることなんですねよ。

社会的に認識する教育をするべきですね。

2008/05/08(木) 03:14 | URL | おやじ #mQop/nM.[ 編集]
「医は仁術」と言われ、占い師と同等に扱われた江戸時代から、ポストモダン以降の神扱いまで、随分と変わったものです。
しかし、良くも悪くもアメリカナイズされた現在の日本では、「医師も人の子、ミスはある。」という考えが以前よりも通用するようになってきたと感じます。
問診から検査、処方箋まで医師がやらされる現状で、完全を求めること自体が大変なことだという事実に、ようやく国民も気付いてきたようです。
2008/05/09(金) 17:36 | URL | Mk.Ⅱ #PQz7vE8o[ 編集]
小泉劇場も見破れずにいまだに小泉待望論とか言ってる国民が多いのをみると、こりゃ、期待できんね
司法もくさっとるから医者の味方なんかしないし、日本で医者をやる旨みは昔に比べると減ってるかもね
まっ、日本の医者は真面目で従順な人が多いからなんとか今の状況を維持してるけど、どうなることやら
2008/05/10(土) 19:51 | URL | ぽす #-[ 編集]
一部ネットでは、出産費用を踏み倒した武勇伝とか、妊娠?はぁ?、たばこからセックスまで好きなことやってたけど平気だったよなんて、先輩妊婦の堂々たる書き込みも多いようです。。。

医療に本気で資本主義を持ち込んだら、、、。。。(私は別にちらでもやることは同じなのでいいのですが)

困るのは患者(困らない患者も多いでしょうがw)なんですけどね。。。なんか、困るのは医者みたいに報道されますよね。


厚生省の役人がおかしい(もちろん財務省のイヌなので、、、予算範囲内に収めるにはどうすればいいかばかり考えるとそうなるのでしょうけど)のは当然として。。。
法曹界にも医療に不信感を持ちおかしな判断を出し続ける人、ビジネスチャンスを感じている人は多いです。。。まぁ、「変わってはいけない」世界なので、、、。。。

最近、仕事が忙しすぎるとすぐに、、、やめちゃおうかなぁ、、、と思ってしまう質の悪い医者になりさがています。。。ただ、医者に責任と多忙だけ押し付ける病院に未来はないなぁと。。。

どうせなら、もっとドンガラガッチャン、ガチャガチャポン!してくれればいいのですが。。。お金持ち、資産持ち、地位持ちだけは、、、しっかりと法を使いこなしてますからねぇ。。。

上から下まで、すべて改革ならいいのですが。。。今のまま改革進めても、、、中間層が下層に組み込まれ、下層が最下層に組み込まれ、、、中間がなくて一部の上の人間とそれ以外ってなるだけなんだけど。。。

それを望んでいる国民なんだから、、、ねぇ、、、と。。。
2008/05/14(水) 22:18 | URL | 管理人 遊佐 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nakoyusa.blog42.fc2.com/tb.php/1050-7b891bb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。