ブログ更新はイザぶろぐで続いてますよぉ~。このFC2は停止となり。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
H5N1 強毒性新型強毒性日本上陸のシナリオ/岡田春恵という本があります。
パンデミックとかアウトブレイクとかいうキーワードもありますね。)

書評ではないのですが、この本、国の研究施設にいる人が書いた小説で、
出てくる施設の名前や登場人物が実在している。
政府の無策ぶりを指摘している。
最悪のシナリオが起こりうることを説いている。

いろいろな意味でスゴイ本です。

政府は、今年は流行しなくて良かったね安堵するだけ。
(安倍ちゃんが政府直轄でこの問題に対策チームを作ろうとして挫折したことを知っている人はいますでしょうか?。)
マスコミは、今年も備蓄したワクチンが無意味に終わり、税金が無駄となったと報道するだけ。

全国民のワクチンを用意している国も多い中、日本は、軍、警察、医療関係、役所そして国にとって大事な方々の分しかワクチンなどは備蓄されていないことが多いですよね。
[H5N1 インフルエンザ パンデミック]の続きを読む
スポンサーサイト
男性と女性のまた下の差が約14センチあり、「女性の被害部位には男性の下腹部が当たりようがない」と認定したことが決定的だったようですが、逆に、同じくらいの背丈ならば、やっていないことの証明のしようがなかったということにもなりますよね。

やったことを証明する(この人にやられたでOK)のは簡単。
やっていないことを証明するのは非常に難しいのです。

やっていないことが証明されるケースは少ないと思いますが、自白を拒み続け、裁判で戦って無実を証明し、名誉を回復されたこのケースは、私たち冤罪被害者にとって非常に心強いです。

ただし、確実に20日拘留され、場合によっては、罪を認めず悪質とマスコミに報道をリークされ、実名が出て報道されたかもしれません。もちろん裁判をやれば、名前が公になります。

この方が、裁判には勝ったが社会復帰は出来ていないとすれば、本当に痛ましいです。

あと、求刑・罰金50万円とのことですが、本来この罪であれば、10万円程度の罰金ではないのでしょうか?。罪を認めない=反省がない、そして罪がさらに重くなるという恐怖もあります。この辺りは、また次の記事があったときに考えたいと思います。

<痴漢>愛知県職員の男性、無罪が確定
今回の医龍2 つっこみポイント

つぶれかけなのに、医者多すぎだよ、ほくよう。
あれだけ優秀な心臓外科医集めたのに、症例数少なすぎだよ、めいしん。
人間関係ダメなのに、あそこまで手技が上手い?誰が教えた?。
次は肝臓移植のスーパードクターかよ。。。
難しい心臓外科後には術後管理のスペシャリストが必要なこと、もう少し語ってよ。(ドラマには、はなから期待してませんが)

てかぁ、予想通り、
手術ミス→全面的な謝罪→円満な退院

いやぁ、普通はなぁ。
最善の手術をしたが予測不可能なことが術後に起こる
→術前に説明したリスクにも関わらず、医者がいくら説明して、万全の処置をしても家族や患者は納得されず。
→裁判へ

って流れるんだけどねぇ。それをドラマにすると全く面白くないからこうなるんだろうねぇ~。

患者とあれだけ気楽に話せるなら、人間的に問題はなさそうで、、、と感じた医者は少なくないのではとw。
医者同士ですら人間関係上手くいかない医者の、患者に対するそれはもうひどい対応を取る医者を知っていれば、、、w。

アメ貰う→ゴミ箱直行、、、というシーンが予想をはずした以外、予想通り進むドラマに、医者はこうしろ!っていうテレビの思惑が臭ってとっても香ばしかったなぁ。

この後、医療ミスで良心の呵責でまともな医療が出来なくなっっていた、肝臓移植の名医と天才麻酔科医が復活、チームに参加。内田ニコニコちゃんの、ほくよう病院にこれらの役立たず医師をわざわざチョイスして人事異動させた本当の目的が、アサダ新チームを作ることだったことが判明して、政治やらのスキャンダルでメイシンを裏切って、そしてこの新チームにメイシンのアサダ元チームの人が合流、そして、、、

作者の本筋マンガがある(それを曲げて主要キャラを勝手に失脚させたり出来ないからw)ので、最後の方は多分違う筋になるはずなんだけどw。
小沢騒動にみた日本のベルギー化
オピニオン いてもいなくても同じ政治家――政治の不在は民主主義成熟の証し?

内容が私の昨日のm3の記事に似ている所があって、ちょびっと自信w。
この記事に書かれていることも問題なんだけど、一番問題なのは。。。

政治が空転しているのにも関わらず、国民の生活になんの変化もなくいつもと変わらず日常が送れているということの異常さに、なんの疑問も持たずなにのに、政局に注目している国民とマスコミがほとんどだという(私ってやっぱ文章へタだw。)。。。

う~ん、とにかく。
日本の政治が無能だと海外からは断定されているのに、日本人はいまだに日本の政治が国を動かしていると思い続けていること。
実際に、政治家が力を内政や国内で権力を持ち続けられていることに海外の人は気が付いていないこと。
そして国民がその状態を居心地よく感じていて。
それで、国が問題なく動いている上に、国民もそれを受け入れていることが。

う~ん。
私ってやっぱ文章へタだw。
とにかく読んでみてNewsweek。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。