ブログ更新はイザぶろぐで続いてますよぉ~。このFC2は停止となり。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
巷では党を出ることに同意してくれた議員の数がたったの?14人だったから慰留に同意して辞意を撤回したとか言われてますけど。

私はこうにらみます。(根拠はないです)

小沢ちゃんに、国会でどうしても追及されたくなかった法にも触れかねない疑惑が浮上しかけた。
福田ちゃんから、党首会談が持ちかけられ、あべたんほど正義感もなければ人気も期待もない自民に、民主でゴタゴタを私自身が起こす代わりに、ぼくちゃんの不祥事が公にならないように闇に封じてくれと。。。
[小沢民主党の真相]の続きを読む
スポンサーサイト
 03年の鹿児島県議選買収無罪事件に絡み、任意で取り調べた男性に親族の名前などを書いた紙を無理やり踏ませたとして特別公務員暴行陵虐罪で在宅起訴された元警部補、浜田隆広被告(45)が、県が負担した男性への損害賠償金68万円(遅延損害金を含む)のうち50万円を、県に支払っていたことが5日分かった。伊藤祐一郎知事が定例記者会見で明らかにした。

 鹿児島県議選買収無罪事件に絡み、任意の取り調べ中に親族の名前を書いた紙を踏ませる「踏み字」行為を強要された、同県志布志市、ホテル経営、川畑幸夫さん(61)に県が支払った賠償金60万円について、県警は15日までに、踏み字を強要した元県警警部補、浜田隆広被告(45)=特別公務員暴行陵虐罪で起訴=に支払いを求める方針を固めた。
12人全員の無罪が確定した鹿児島県議選買収事件。鹿児島県警はいまだに元被告に直接謝罪をせず、無罪事件を生んだ捜査の過程や背景の内部調査結果を一切明らかにしない。「誰が何の目的で私たちと家族をこうまで苦しめたのか」。19日、鹿児島地裁に国家賠償請求訴訟を起こした元被告らは、無罪事件の全ぼう解明を訴えた。

 同日午前、地裁近くの県弁護士会館。訴状を提出し終えた原告団長の藤山忠(すなお)さん(59)は「これは冤罪(えんざい)ではない。警察、検察の犯罪です」と声明文を読み上げた。


 中部弁護士会連合会の定期大会が19日、金沢市内のホテルで開かれ、日弁連の平山正剛会長が記者会見を開いた。富山県警に強姦容疑などで逮捕された男性が服役後に冤罪(えんざい)と分かった事件について、「(当時の)弁護人が話を聞き出して、より真剣に取り組めなかったのか」とし、十分な調査を行っていくとした。
 富山県警による冤罪(えんざい)事件で、再審で無罪が確定した柳原浩さん(40)が20日、同県高岡市の高岡法科大学で開かれた学園祭で講演し、法律を学ぶ学生ら約70人に、誤認逮捕や不当捜査の恐ろしさを伝えた。


富山の強姦(ごうかん)事件と、鹿児島の公選法違反事件で、それぞれ無罪が確定した柳原浩さん(40)と中山信一さん(62)が25日、民主党の国会議員らに取り調べの録画・録音など可視化の必要性を訴えた。同党は全過程の可視化を柱とした刑事訴訟法改正案を今国会で参院に提出する方針。現在、内容の最終調整を進めており、この日、冤罪(えんざい)事件の被害者から、直接、聞き取りを行うことにした。

冤罪に至る経緯6 に戻る

その後、もう早くこのことは忘れたい私と、何か手は打てないのかと考える妻と2人で相談した結果、弁護士さんに相談に行く事にしました。(この時の相談の内容もこういった文書にして持っていきましたが、弁護士さんも文書の受け取りを拒否されましたし、もう思い出すこともないと思い、相談後即消去しました)
相談した結論から申せば、私は冤罪で前科持ちになってしまったわけだけれど、法律的にはどうしようもできないことを説明を受けて納得しました。
1、利害関係のない第3者が私を犯人と断定していて、それ以外に証拠もなければ目撃者もいない場合、私の言い分は何一つ通る可能性がないこと。
2、名誉毀損などで訴えてもまず無理である事。
3、略式起訴であっても正式な裁判であり、私が自白している調書がありそれが唯一の証拠となり、それを私が事実に間違いないとして刑を受けているならば、控訴して裁判をやったとしても自白証拠を大逆転する事実でもない限り、無罪にはならないこと。
4、真犯人がもし見つかったとしても、この程度の事件の場合、警察から謝罪も含めそういう事実が私に連絡されることは絶対にないこと。
5、現に、一切情報が公示されておらず、有罪になったことは大変重い事実であるものの、被害は最小限であり、裁判を控訴すれば、事が明らかになるわけで、私にとってあまりメリットがあるとは思えないこと。

要するにどうしようもありませんと弁護士さんから説明を受けました。

事件があってから既に1年以上経過しました。さらに後日談に続きます。近日アップします。
冤罪に至る経緯5 に戻る

そういった矛盾点はおそらく証拠にはなりえないこと、もう厳しい取り調べには戻りたくなかったこと、そういうことを妙に冷静に考えると、自分にできることは、とにかく早くここから出たいという願望しかありませんでしたし、自白という名の刑事の作文に応じてからは、刑事さんも非常に紳士的な対応をしてくださり、気分はもうすっかり犯人でいいかという気分でした。法務局の検察官に「これは事実と間違いありませんか」と聞かれたとき、違う!と叫びたい気は山々でしたが、それを言えば、またあの状態に戻る、もしかしたら被疑者を平気で殴るような取調べ刑事に代えられるかもしれないと思うと、「はい間違いありません。」としか言えませんでした。手錠もかけられ、私は既に立派な犯罪者なのですから。略式裁判で、裁判官にも会いましたが、形式だけですし、こんなことよりもこれに「はい」と答えれば釈放されるという嬉しさしか私にはありませんでした。

罪を認め、無事に釈放され、私がお願いした身元引き受け人である妻に2日ぶりに会いました。私はやっていないけれど捕まってしまった、有罪になってしまったと話しました。妻はやっていないのにどうしてそういわなかったと涙してくれましたが、私がただひたすらに怖かったこと、何もこちらの言い分は聞いてはもらえなかったこと、刑事さんがマスコミや職場にも報告などせずいろいろと配慮してくれたことなどを話すと、私の体の事を気遣ってくれました。

冤罪に至る経緯7
 に続く
冤罪に至る経緯4 に戻る

これは取り調べもひと段落ついて刑事さんが言ったことです。
「犯行があってから20分以上経つのに何故戻ってきたの?。」
これが事実なら、私は20分前にはスーパーの本屋に立ち寄っていたので防犯カメラでも見れば私の無実は証明されるのではとも一瞬考えましたが、もうあの恐ろしい取調べに逆戻りになるような発言は出来ませんでした。(後で弁護士に相談したところ、個人の無実を証明するために、店が防犯カメラの画像を証拠を貸してくれる事は稀だそうです)。
証拠写真を撮る際には、「器用やな。どうやって事をしていたんや」と。当時前述したとおり、雨で片手に傘、片手に手提げカバン姿の私ですから、自慰の行為をしたとされる両手が完全に塞がっております。確か無理に傘を首に挟んで写真を撮られたのではと思います。刑事から見ても明らかに不自然に思われるような体勢だったはずです。

他には、取調べの際、「オマエが犯人に間違いない、女子高生もオマエの顔をはっきり見ていて間違いないと言っている」と。でも私はたまたまその現場を通りがかっただけで、傘をさしているし、わざわざその校舎の窓の方を見上げた覚えもないし、実際に間違いないと判定されたのは、校舎から30メートルは離れている顔など判別もできない道路上だったにも拘らずです。背格好や風貌はともかく、顔を彼女たちと合わした面識はありませんし、第一、犯人も傘をさしていたのでしょうから、顔などわかるのでしょうか?。

冤罪に至る経緯6
 に続く
冤罪に至る経緯3 に戻る

この時私は、早くこの場から逃れたい一心だけでした。弁護士さんを呼びたいとも思いましたが、呼んでどうなる?自分は既に捕まっているし、他に第3者の目撃者もいない、おまけにそんなことをして取調べが長引いたら、仕事に影響するし、自宅や職場にも迷惑や心配をかけると。そんなことを考えれば、もしかしたら厳重注意、起訴猶予になればこんなにありがたいことはないと。
その日、取調べが終わり、釈放されるのを期待した私でしたが、現実はそんなに甘くはありませんでした。指紋を取られ手錠をかけられ、自分はもう犯罪者になっているんだと実感が重くのしかかりましたが、それ以上に、あの苦しい取調べから逃れられるならこれでいいかと。

冤罪に至る経緯5
 に続く
冤罪に至る経緯2 に戻る

取調べの際、どうしてもおかしい点がいくつかありました。「オマエは先週も同じ場所で同じ事をしていたんや初めてやないやろ、もう何回もやっていると言っていたぞ」と。私がその場所を歩いたのは初めてですし、先週はその時間にその場所に絶対にいないことが簡単に証明できることを何度も説明したら、このことは不問にされ、それでも「今回オマエがやったんや」と、その話はなかったことにされてしまいました。納得はいきませんでしたが、それをさらに突っ込む勇気など出るはずもありませんでした。

時々優しい刑事さんと交代されるのも、よく使われる手のようですが、私は既にこの環境に耐えられなくなっていたのか、自分で思っていたよりもあっさりと犯行を認めたようです。供述書(自白)は刑事さんの言うままに、私が「そうです」と繰り返す事で順調に作成されました。犯行のことなど当然やっていないからわからないわけですが、自白を始めると紳士的になった刑事さんの作文に合わせ、よほど自分の妻や子供が侮辱されるよう文言を除いては、私は「はい」「そうだと思います」と返事を繰り返しました。

冤罪に至る経緯4
 に続く
先日の自民党総裁選挙でもわかったように、政治家さんの言う国民って誰のことを指しているか皆さんわかってます?。
選挙権のある日本に住んでいる人じゃないですよ~。
政党や候補者を支持くれる人でもないですよ~。

ズバリ党員の人です。

そこんとこしっかり赤丸よろしく!テストに出るよ、これ!。

では、最近よく見かける謝罪する企業の、皆様にご迷惑とご心配をおかけしての「皆様」って誰のことを指すか知ってます?。
大阪市の市民税の何割が大阪市の生活保護費になってるか知ってます?。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。