ブログ更新はイザぶろぐで続いてますよぉ~。このFC2は停止となり。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高知県の国道で06年3月、白バイとスクールバスが衝突し、バイクに乗っていた警官が死亡。バスの運転手は業務上過失致死罪で起訴され、一審は禁固1年4ヶ月の実刑判決が下り、昨日(10月30日)の控訴審も、これを完全支持した。
[また冤罪か?疑問残る「白バイ警官死亡事件」有罪判決]の続きを読む
スポンサーサイト
民主党の法務部門会議は25日、取り調べの録音、録画を義務づけ可視化する刑事訴訟法改正案を再提出することに関連し、富山県氷見市の冤罪(えんざい)事件で誤認逮捕された元タクシー運転手柳原浩さん(40)と鹿児島県議選を巡る選挙違反事件で無罪判決が確定した中山信一さん(62)を招き、ヒアリングを行った。


 愛知県青少年保護育成条例違反=淫行(いんこう)=の罪で逮捕、起訴され、無罪が確定した同県春日井市内の男性(33)が、捜査は不当だったとして、国と県を相手取り、500万円の損害賠償を求めて名古屋地裁に提訴していたことが2日、分かった。

 この日の第1回口頭弁論で、国と県は請求棄却を求める答弁書を提出した。

全国警察本部の本部長会議が2日、東京都内で開かれた。警察庁の吉村博人長官は「取り調べの在り方が問われる深刻な無罪判決が相次ぎ、警察捜査に対する信頼が大きく揺らいでいる」とし、取り調べの適正化に特に配慮するよう指示した。

愛知県青少年保護育成条例違反の罪で略式命令を受けた後、自ら公判請求して無罪判決が確定した男性(33)が、逮捕や拘置などで精神的苦痛を受けたとして、国と県を相手取って500万円の損害賠償を求める国賠訴訟を起こしていたことが分かった。名古屋地裁(黒岩巳敏裁判長)で2日、第1回口頭弁論が開かれ、国と県は「捜査は正当だった」といずれも争う姿勢を示した。
警察庁が1日、来年度にも取り調べの監視監督部門を新設する制度導入の方針を示したのを受け、志布志・県議選事件で無罪となった県議中山信一さん(62)=志布志市=らは「警察が目先を変えただけ。実効性に疑問」と声を上げた。
 中山さんは、取り調べの監視には全面的に録音・録画する「可視化」の実現が必要として、「新制度は一定の評価ができる。しかし、可視化に抵抗している警察がこれで適正化できると、国民の目を欺いているようにも思える」と話した。

昨日の医龍2ネタです。

<<<11/9追記>>>
バーディーバーでお越しになった皆様へ。情報追加しましたので、こちらもどうぞ~
今日の医龍2 バーディーバーが続きます


心臓の難手術を控えて、輸血暦のある女の子の血液型が、バーディーバーということが判明して。。。

バーディーバー!?!?

ドラマに出てくるお医者さんは、内科も外科もみんなご存知で一同に大変驚き、大変なことになるということを瞬時に理解されていましたが、、、皆さんどうですか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。