ブログ更新はイザぶろぐで続いてますよぉ~。このFC2は停止となり。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メインのブログの方で、(この記事、m3ブログにも転載してます。)
「小児科の先生が地元の公立病院にきてくれて」地域としては、
「入院と救急外来の受け入れを希望されていて」地域住民として、何かできることはあるのでしょうか?
という質問がありました。
自分なりに考えたのですが、一度立ち去ってしまった小児救急医療を再開させることは、、、出来うるのか?と。
できないという考えはいくつも浮かぶのですが。

質問された方は、当然、自分でも調べられていて、医師会や開業医を含め、いろいろな障壁に交渉をしようと考えていらっしゃいます。
その方が知っているであろうことも含め、自分なりに以下のように記事としてまとめてみたのですが。

もし、小児救急を自治体や国公立病院が再開させたケースがあるのか?。その他、地域の医師会や開業医の努力でなんとかなるものなのか?など、どんな情報でもいいので、皆様に教えていただければありがたいなと。

私も私なりに考えますが、私の住んでいる大阪は、まぁ、言っても、小児科医は多い方で、小児科医療は機能していて、現実に困った、、、という経験はなかったり、いざとなれば、自分の勤務していた大学病院に小児科の友人先生を使ってでもねじ込める、、、という医者ならではのウルトラCもありましたので、、、。。。

とりあえず、一般論として、以下、述べてみて、、、何が出来るだろうというところで、記事が止まってしまいました。

実際に、どこの段階で、救急再開が難しくなっているのか、、、という細かな話でも、アドバイスできる内容は大きく変わってしまうのでしょうが、、、とりあえず。読者の皆様に期待して、ちょいとアップしてみています。
以下、少しばかりお付き合いくださいませ。

小児科を大規模の病院でやると、ほぼ赤字になる(だから全国で小児科の撤退が続いている)ということがひとつはあると思います。
(小児は処方する薬の量が少なくて薬剤では儲からない上に、手間もかかる、他にも儲からない理由はたくさんあるのですが)
次に、医者を呼べても、小児の採血や点滴をするなど手技の出来る、医者や看護師さんの数の確保が必要であること。
最後には、小児科を開いた限りは、入院や夜間救急などの受け入れをどうするかという問題もあります。

読ませていただいた所、
「小児科の先生が地元の公立病院にきてくれて」外来だけであれば、ある程度可能であると考えます。
「入院と救急外来の受け入れを希望されていて」というのは限りなくハードルが高いのではと考えます。

夜診察と2次救急あたりを「開業医が輪番制」で地元の公立病院(基幹病院)で引き受けて、入院が必要、もしくは3次救急が必要な場合の受け入れ先が複数確保されていること。これが地域で小児科の入院と救急外来の受け入れの最低条件です。

私の知っている大阪北方面(阪大など)相当に広い範囲<豊能広域こども急病センターを参照>です。では、夜間は、基幹小児科病院の先生が輪番で派遣された、たった一つの受け入れ病院に患者を集中させ、そこの先生の判断で、阪大や市民病院などがやはり輪番で3次救急や入院を受け入れています。

大阪市なんかは、さすがに病院が多いので、かかりつけなら受け入れてくれたりしますが、基本は、夜間急病診療所のみ、それも中央のみです。ものすごく待たされます。軽症患者も非常に多いです。

堺市は少し特殊なようで、地域の開業医が地域の小児夜間診察や救急を支えて当たり前という意識が、地域に伝統的にある(と聞きました)そうで、地域の開業医が輪番で支えていらっしゃると聞きます。(開業医が輪番に自ら進んで参加されることは、結構珍しいと考えます。)

地域の医師会が、いろいろな権力?や地域での発言力?を握っていますし、医師会に所属して開業するかどうか。。。
要するにわかりやすくいえば、やくざ(医師会)の縄張り争いとその構成員(開業医)みたいなもの。。。
開業医と勤務医は全く違う生き物でして、、、その辺り、説明すると、、、大変な話になるので割愛します。

えっと、気を取り直して。

ひとつは、小児科は儲からないこと。
ひとつは、開業医に輪番を押し付けるのは、体力的にも精神的にも相当辛い。(正直、やりたくない仕事です)
ひとつは、入院や転院を必要としても、受け入れが絶対に可能な病院がなければ、リスクが高い。(よく、たらいまわしと報道されます)

一番、簡単な解決方法は、自身の自治体で体制を作るのを放棄して、他府県などに丸投げしてしまうことです。
奈良の産科で救急なら、大阪に送れという、アレです。

実際に。
奈良の自治体病院の赤字は全国的にかなり低く、大阪のそれは全国トップクラスです。
(ただし、このデーターは小児科単独の比較ではありません)

大阪の豊能広域こども急病センターのように、数十人も小児科医を確保できなければ、開業医に輪番を頼るしかありませんが、そもそも、基幹病院に小児科医がいない地域には、開業小児科も少ないでしょうから、たった数人で30日回せ、、、となれば、やる前から不可能です。開業医さんは、基本的に個人経営ですから、当直(おそらく一睡も出来ない)明けも外来ですしね。体力が持ちません。


大阪や兵庫の内科の救急でさえ、かなりギリギリです。
ましてや、内科医よりもはるかに数の少ない小児科医が、十分な24時間体制をとることは、、、やはり難しいかなと感じます。

で、否定的な意見ばかり書きましたが。
おそらく、小児科の先生のブログは結構あるので、そういうのを見て、何か参考にするのが、ひとつ。
地域住民が何か出来ることといえば、、、どうでしょう。

小児科医を数人、お金を積んで、、、という程度で出来るほど、簡単な事ではないと思います。
分娩だけなら、一人産科医を招致すればなんとかなりますが。

小児科の患者は、一晩で多ければ、数百人押し寄せる可能性があります。。。お産は、数件ですし、時間をなんとか工面できます。

えっと、なかなか結論にいきませんね。
地域住民が何か出来ること

ごめんなさい、すぐには思いつきません。
また、考えて、何か思いつくことがあれば、書いてみます。お力にあまりなれずすいません。
なお、この文章は勢いで書いたので、わかりにくい点など、たくさんあると思いますが、もし、もう少しここをどうすれば!ってポイントが明確にありましたら、他のブロガーさんにも聞いてみますので、書き込んでいただけると幸いです。

あと、読者の小児科の先生で、何かいい案、あったら、、、同じく、ご教示くださいませ。
スポンサーサイト
あまりにも無意味で、現場の取調べを本当に知らないのか、知っていてとぼけているのか、キャリアの警察官には想像も出来ないのでしょうか、取調べ室で行われている非道な行為に関して、という内容でした。

私の取調べでは、あまりの暑さもあり、途中から一時、取調室のドアを開放したまま取調べが行われることもありました。
怒号、机を蹴る音、など、扉を開放しなくても聞こえるかもしれない大きな音が鳴っていたと思いますが。

誰一人、それを常軌を逸する行為と感じ、止めに入る警察関係者など、いませんでした。

のぞき窓やマイクを付けることが大事なのではなく、いきすぎた違法な行為があった場合にすぐに仲裁に入る組織や人間が必要なのだと。

ただ、先日も書きかけて、いまだに書けていないですが、犯人に威圧感、恐怖感を感じるくらい、調べる側(警察?)が高圧的で、相手を完全に制御、支配するような状況でもない限り、犯行をやっていない人はもちろん、やった人も、やったと認めれば犯罪になるわけなので、よほどの取調べをしない限り、自分がやりましたなどと、犯行の自白をしないであろうことが、考えられます。

そう考えると、自白というものが、証拠として採用されるに値しないものであるという結論にまで達するのですが。

やっていようがいなかろうが、さらには、自白をしようがいまいが、警察や検察は、自分たちに都合のいい部分だけを作文にして、自白としてまとめ、それを証拠として、犯罪を立件し有罪にしたいわけなのですから。

行き着かなければいけない結果が見えているのに、自白がそれにそぐうものでなければ、取調べは終わらないだけの話で。
さらに、問題なのは、やっていないことをやっていないからわからない、自白しないと、裁判や報道でで、反省の色がない、とされ、罪が重くなる傾向にあるように感じることです。

素直に自白すれば、悪いようにはせん。

確かに、日本の裁判を考えると、素直に自白して反省の色を深く示せば、人殺しだって、慈悲深く温情を持って裁いていただける。
心の中で、何を考えていようとも。

マイク、のぞき窓 取調室に設置検討 警察庁長官
11月27日8時2分配信 産経新聞

先日の大阪の郵便局強盗事件報道で、読売や産経などの記事に、そう記事として載っていたのですが。




郵便局強盗 白昼のオフィス街騒然 刃物振り回す上半身裸の短パン男

調べでは、上半身裸だった。郵便局内で現金自動預け払い機(ATM)の列に割り込み、わけのわからない叫び声を上げていたという。

調べでは、容疑者は犯行時、上半身裸で下着だけ身につけ、長髪のかつらに帽子をかぶり、マスクにサングラス姿。包丁のほかにも果物ナイフを持っていた。府警などはなぜこのような格好で犯行に及んだかについても追及している。

下着1枚になるなど不可解な行動を取っており、府警はさらに経緯を追及する。

大阪南船場一郵便局の近くでズボンや上着を脱ぎ捨てたという。

容疑者は「宝くじ売ってないか」「そんなの関係ねえ」と口走り郵便局に押し入った。局員らの怒号が聞こえてきた。間もなく、ポリ袋のようなものに札束を入れて局内から飛び出し、近くに止めた自転車に向かった。

着衣は、下着のパンツだけを身につける異様な格好だったが、顔はマスクやサングラスで覆面するなど、

犯行当時、グレーのボクサータイプのパンツだけを身につけ上半身裸で、スリッパを履いていた。




そんなに下着一枚と、犯行に重要な因果関係があるのか、、、。。。という疑問よりも。
新聞、テレビ、マスコミ、大学教授、医事評論家、厚生省役人、厚生省大臣、政治家、医師会、地域医師会の偉い人。。。
立派な肩書きや信用度を持ち、世論や一般の方の思想に強力な影響を与えるであろう、この方々の。

医療、介護、看護、福祉、、、そして特に医者叩きw。

現場のことがわかってない。
現場を体験してから言えば?。
あなたはやらなくてもいいからいいよね。

特に、新聞などの文章にすると、あまりにもトンチンカンな意見を述べられている「識者」が多い。

で。

まるでイヌの遠吠え、負け犬根性丸出しの医者どもwがブログや講演会で意見を発信するのであるけども。
そんなの見てくれる、聞いてくれる人って、、、既に、医療や福祉行政がアブナイって理解して、なんとかしなくっちゃ、、、という方が大半で。

現場を知らない人間が、偉そうなことを言うな!。

と、思ったりするのですが、、、さて、他の業界を見てみれば。。。

上は政治家に始まり、下々のサラリーマン(サラリーマンは税制などで優遇されている??)自営業の皆様や公共性の高い警察、お役人まで、、、

現場を知らない人間が、偉そうなことを言うな!。

の、大合唱なんではなかろうかしらんと、ふと気がついた。

評論家は、言うだけ。実際にその専門分野で登用されると何の役にも立たない。
私の唯一のグルメ自慢は、パリのタイユバンでディナーを食した事があるということ。

パリのJCBプラザ(JCBカードをお持ちの方、海外旅行ではJCBプラザ!、絶対オススメですw)で予約をしていただき、15000円程度(当時、もう10年以上前)で、JCBオリジナル?スペシャルディナーコースを頂きました。

3時間ほどゆっくりとお食事させていただき、それはもう、至福の時をw。

予約がすぐに入って(JCBのお力かもしれませんがw)、2万円以下で、時間を気にすることもなく、贅沢な時間と食事をいただけてこそ、三ツ星レストランだと思うのですが、どうでしょう?。(もっとも、その時、タイユバンは☆2個に格下げられていましたが)
女性の方は不快だと思いますが、冤罪を語るには避けては通れない問題なのでご容赦ください。

性を辱める(主に男性が女性を)犯罪で、最も穏便な解決方法は「示談」です。
要するに、お金を払うことで、犯罪自体をなかったことにするという方法です。

弁護士も示談を勧めますし、示談にならなければ、自白を強制させられ冤罪で有罪となることも非常に多いのです。
裁判になれば、男性がやったかやっていないかではなく、女性の被害を受けたという事実が唯一の証拠となります。
男性がやったかどうかは、どうでもいいこと。
女性が被害を受けたのはこの人だという証言が唯一の動かぬ証拠で、その証拠は無条件で信用に値する証言だとされます。

強姦でも、先日、アメリカ兵に集団で犯されたと訴えた女性が、実は事前に合意があったり、お金のトラブルであったりと、証言に信憑性がないとされ、アメリカ兵は無罪放免となりました。
しかし、このような国際的な障壁問題でもなければ、警察は、男性側の犯罪がなかったことを証明するよりも、女性側の犯罪が行われたことを証明し、犯罪として立件するほうがよほどに簡単ですし、さらには、犯罪がなければ自分の実績にもならず時間の無駄。冤罪でも逮捕立件有罪にしてしまえば、自身の査定に有利になるとなれば、一文の得にもならないことに身を裂くよりは、楽な方に流れるのが当たり前のことでしょう。

自白を強制させられる現場の状況は、私のこのブログでいくつも書いてきました。
自白の強制を拒むことなど、かなりの信念と2週間の強制的な拘留で職を失ってでも戦う勇気、そして、裁判で戦っても有罪になる可能性が高いという恐怖と戦いながら裁判を続ける根気、いずれも相当の覚悟が必要です。

憎むべきは、犯罪と、犯罪を犯した犯人であるのに、明らかな犯罪者が社会的制裁を受けるにせよ、無実(当然前科なし)で解決、限りなくシロに近い冤罪被害者が有罪で前科もちでは、法の下の平等に反すると思うのですが。

これが日本の法であり、法の下の平等であるという現実だけは知っておいて欲しいです。

引用記事
集団強姦の財務省2職員を懲戒免職
太田房江 大阪府知事の話題ですが。。。
しつこいくらい粘着して悪事の限りの記事(事実)を紹介してきましたが。。。

各種テレビや私の有力情報源ふたつ

こんちわコンちゃんお昼ですょ!
たかじんのそこまで言って委員会(リンク先、音が鳴りますので注意^^)

で、紹介されましたので、、、私の役目もきっと終わったと思うので、選挙も近いしw。
この記事で終了としますね~。

誰が立候補するのかなぁ~、大阪府知事立候補者。
誰も出なけりゃ仕方ないから共産党だし。。。

京都がどうなるか、、、自公民相乗りか共産か、どちらが勝つのか。見ものですねぇ。。。

ほんとは、選挙後が大事なんですけどねぇ。。。やっぱ選挙結果は気になりますです、ハイ。
先日の「トンデモ会社員、電車内で座り込む少女蹴る」の話に関係するのですが、殴ってしまうと示談にならなければ「傷害罪」になります。

それが正しいのでしょうか?。

そして一方で、示談で解決になってしまうという事実も、正しいのでしょうか?。

裁判になれば確実に有罪、だから法律家や弁護士は示談を勧める。
そんな法律や裁判は正しいのでしょうか?。

もし、これが一般人がやった犯罪であれば、
報道されたか?。
示談に持ち込めたか?。
裁判になったら有罪になったか?。
社会復帰は出来たであろうか?。名誉回復はどうだろうか?。
自分が冤罪で捕まって、こういうケースで何か対応された方がいるのか?、いるならば、どのように対応されて結果はどうなったのかなどを知りたくて、ネットを使って調べ始めて、気がついたことなどを書こうと始めたこのブログです。

まずは、冤罪に関係する事件を引用することで、どのくらいそういう事件があるのか?そしてそういう事件はどのように報道されているのかを知りたくて、とりあえずブログの記事にして引用もし始めました。そしてブログに慣れてきたので、コメントを付けてみました。

やってみて、とりあえずわかったことといえば、

1、冤罪の事件は思ったよりも多い。
2、冤罪で無罪になるケースがここ1年くらい非常に増えてきた(ように感じる)。
3、痴漢や迷惑防止条例などの犯罪で逮捕される事件も少なくない。
4、予想通り、マスコミの勝手な決めつけ報道や見出しが目立つ。もちろん冤罪であった軽微な犯罪で、後に冤罪であったから、報道した事実が間違っていたからといって謝罪をしたという報道は皆無。
5、刑が軽微な事件でも報道されるケースも少なくない。しかし、報道するか否かの選択が行われている。これは、社会的に事件の重大性がというよりは、面白おかしく、いわばワイドショーのネタに紹介されているケースが多いと感じる。

その他、うまく書けないけれども、冤罪を生む警察の問題もあるが、それを報道する、マスコミのの問題性なども顕著だと、自分なりにわかってきました。

自分で自分のブログを読み返してみて、今までのスタイルでは、自分の主張もわかりにくいし、冤罪で何かにすがりたいとネットを検索される方の役にも立てない感じがするので、自分なりに変えていきたいとも考えています。

私の目的は、
私自身はすでに有罪で前科もちになってしまっていて、裁判すらする権利がなくなっている。
そういう法律のおかしさを知ってもらうと共に、
裁判に持ち込むべきか、泣き寝入りすべきかの判断材料や、今後の裁判や法律、弁護士の意識を裁判員制度を勤めさせられる一般の市民によって変えていただける、さらには、冤罪を少なくすることができるのではという感があります。

これからも、もう少し役に立てるようなものを書いていければと思っています。
さて、日本に帰ってきました、日本の補給艦。
国際的な役割を、、、とか、、、なんだか眠たい論争をやっている国会ですが。
すでに、中東の情報が外交ルートでしか入ってこなくなっている、、、とか、、、素人にはどうでもいいことなんですが。。。

疑問がひとつ。
日本が去った後、現場ではその「非常に大事で専門性や貢献度が高くて、簡単には代わりを務められないような仕事を誰かがやっているはずなのですが、、、

それは誰がやってるんですか?。出来ているんですか?という疑問。
不都合な真実で有名なゴアさんですが、、、自身の環境問題関係で立ち上げた??会社の理事に就任されて、月に数千?万?ドルの収入を得るんだとか、、、。そいでもって、その会社からお金を貰えるだろう人もたくさんいるんだとかで、、、。。。

やっぱ、、、環境でもカネですか。。。

奇麗事言っても、結局はカネなんだなぁと。。。なんだか失望。

今、ムスコの大好きな言葉は地球温暖化とCO2の削減です。
南極の氷が溶けると、、、とか、、、魚がいなくなる、、、とか、、、語ってくれます。。。

で、、、一番のオピニオンリーダーが、、、カネかよって。。。
私の貧弱な情報源による情報なので、ガセネタかもしれませんが、、、。。。
子供が夢すら語ってはいけない社会になりつつあるなぁとか。。。
移植をなめんじゃネェ!

院長は何者なんだろうとか。
手が震えてるのに手術は出来ねぇとか。
頼むから、点滴滴下始める時、エアーが入らないようにしてくれとか。
てかぁ、ルートの中の空気が全部入っちゃうだろうが、、、。。。とか。

敗戦処理だ?
敗戦処理のオペ担当だ?。

敗戦処理の治療なんてないんだよ。
何が何でも勝つんだよ。

そのためには医療費めっちゃかかるけど、、、
そんなの関係ネェ。

この国は~~~国民皆保険~~~さらに高額医療費は後で帰ってくる~~~だから無駄な医療にも金使い放題~~~でもそんなの関係ネェ。でもそんなの関係ネェ。でもそんなの関係ネェ。はいオパピ~。

ちゃうちゃう。

無駄な医療に金使うくらいなら、助かるかもしれない命に向かって無駄な医療費使う方がよっぽどましだと思わねぇか?。

ほとんど死んでる90才の患者に週2回、輸血して、週3回、透析回すんだったら。。。
あ、話思いっきりずれてる。

肝臓移植、順調に数をこなし、残るは心臓移植の認定施設になることのみ?。
あんた、肝臓移植された患者の生存率はご存知か?。
生体間のドナーとなった人の副作用報告は見てるのか?。

その程度の成績で成功?。

そんなんで、成功だったらなぁ、医者はとっくに神の領域超えてるってばよ。

移植くらい誰だって出来るワイ。難しいのは移植後なんだよ、ばかやろう!。

移植をなめんな!
「酔うぞの遠めがね」様の「技能五輪の謎」という記事をnni様より紹介していただいた。

私もこのイベントの速報が知りたくて、何度か静岡県にアクセスしたのだけれど、なんら詳しいことはわからず、個人情報?的にダメなのかもしれないけど、金メダルの報道だけ。

技能五輪国際大会 日本、単独世界一  国際アビリンピックは金12個←先日の記事はこちら。

う~ん、、、どうだかなぁ~とは感じながらも、紹介しておいてなんだけど、さらに突っ込んで調べるほどの疑問も感じずにいたのね。

でも。。。

確かに、ダメだよねぇ~。
折角、初の合同開催なのに。。。
観客も含め、結構動員数は多くて、実際の所はかなり、盛り上がっただろうに。

日本のそろそろ退職を迎える技術者の能力は抜群に高くて、世界でこの人しかできない!っていうような技能の持ち主も多かったりする。さらには、年収600万くらいで働いている人が、中国企業から億の金で移籍を持ちかけられたりする。。。

金型なんかの技術は、それはもう突出しているし、NASAに製品を納入してたり、宇宙ロケットや人工衛星の部品なんかを、コンピューター以上に精密なものを作ったりする。

技術者の誇りと、愛国心??のおかげであまり技術は流出していないけれど、、、日本がこれらの人をどのくらい大切にしているかというと、勲章をそれも5等程度のをポイッと渡す程度。

企業はさすがに、その価値をわかっているので、丁重に扱えども、評価としてのお金の桁数となれば、、、勝負にならない。。。

三顧の礼で迎えたはずの、サッカーのオシム監督の救急搬送にあれだけの不手際を見せた国、日本ならではの。

本当に価値のある人の報道にろくに力も要れずに、政治家に勲1等渡す、この国。
私が首長なら、こんなすばらしいイベント(世界中から注目されているはず)、それも日本の技術力の高さを自慢できる、国力誇示、国家高揚を詠える、またとないチャンスなのに。。。

近年長らく停滞していた成績も前回頃より非常に上がっていたはず。
今回は自国開催でもあり、大チャンスだったはずなのに。。。

ニート問題にも、一役買えるかもしれないイベントなのに。。。

これに金をかけずして、国家とはなんぞや?っていう感じがします。

本気でなんだかなぁ~です。。。
先日の大阪市市長選挙で、新人の平松氏に敗れた関・前大阪市長が、自公推薦で大阪府の知事選に立候補するということが関係者の証言で明らかになった。

大阪の現職知事、太田房江大阪府知事は、私が公認していただけるものと信じているとのコメントを急遽だし、3選を目指して立候補する姿勢を変えていない模様。

連合大阪、民主党は態度を決めかねているのか、様子を静観している。

なお、共産党は既に、丸丸氏を候補者に決めている。
栗本鉄工所といい、、、
大阪って買収や不正、裏献金など、やりたい放題ですなぁ~w。
こんなとこからも献金ですか、、、うっかり見逃す所でした^^;。

私もしつこいなぁ~。

初芝学園、裏金で政治献金 自民議員・大阪知事に
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。