ブログ更新はイザぶろぐで続いてますよぉ~。このFC2は停止となり。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
医療ブログのコメントお返事を転載と追記しときます。

今日もショッピングモールのおもちゃ売り場で、中学生くらいの女子3人が、店の商品の20センチくらいのボールで思いっきりドッジボールしてました。。。

通路とかじゃなくて、おもちゃ売り場の中でです。。。それも数分間も。。。

[ありえないものを見てしまうシリーズ5]の続きを読む
スポンサーサイト
アッキーガールはあべたんを見舞ってこういったそうです。
「主人はずっと苦しんでいました。これでやっと主人の肩の荷がおりました」

国民は今、こんなことを言っています。
「安倍さん可哀想!誰が安倍さんを此処まで追い込んだの?」

何を言っても許される美しい国ですねぇニッポン。

さて、ひとつ質問です。国会は天皇陛下をお招きして開会宣言してしまい、所信表明演説もしてしまったので、会期の変更や国会開会そのものの延期も出来ませんから、当然、自然休会中です。。。

で。。。

温厚な上司を怒らせる方法って知ってます?。
ちょうど日経メディカルオンラインを(久しぶりに見たなぁ)見ていたのですが。
「トンデモ研修医 今どきの指導医」の連動企画とか一通りざっと読んで、ああ、そういえば、そういう本(実際はDVDかな)があったなぁと思いネットで検索^^。

ちなみに日経メディカルオンラインの人気記事はこれらです。(9月14日のメールより)

女性勤務医の育児サポートに関する実態調査 出産・育児への支援の重要性浮き彫りに 休職理由「働く必要なし」も 07/08/22
記事:Japan Medicine
提供:じほう


 水田祥代・九州大病院長らのグループが行った「女性医師の勤務に際しての育児サポートの状況に関する実態調査」がこのほどまとまった。女性医師1800人に、勤務の実態や出産・育児支援に対する考え方を聞いた。それによると、医療に現在携わらない理由の多くは出産や子育てで、女性医師が働き続けられる職場環境の整備の必要性をあらためて裏付けた。ただ、そうした一方で女性医師の多くは医療活動を再開する予定がないことも浮き彫りとなり、「働く必要がない」「他の職業に就いている」という人も少なくないことが分かった。

 調査したのは全国医学部長病院長会議・女性医師の労働・環境問題に関する検討ワーキンググループ。
  医学部を卒業してから5、10、15、20、25年目の女性医師1808人へのアンケートを集計した。調査票の配布数が不明のため回答率は出していない。
  設問は女性医師の勤務体制、出産・育児のサポート体制、出産・育児中の医学知識・技術の維持-に分けた。
  集計は開設主体別、地域別、年代別に行った。年代別集計に絞って内容をみると、非常勤や休職している理由に「育児」や「家庭生活との両立のため」を挙げた医師が多く、30歳以下で42%、31歳以上になるとすべての年齢区分で6割以上を占めた。
  31-50歳を5歳刻みで区分しており、36-40歳になると家庭との両立(44%)を挙げる人が育児(25%)を上回る。51歳以上になると、育児は5%と少ないものの、家庭との両立を合わせると64%が常勤で勤務できない理由に挙げていた。
  非常勤や休職をしている期間は、年代が上がるにしたがって「5年以上」と答える割合が増える。31-35歳では13%だが、36-40歳で33%、41-45歳では58%と半数を超え、51歳以上では82%に達している。
  さらに、今後の予定についても、30歳以下で20%が「5年以上非常勤・休職の状態を続ける」と回答。31歳以上になるとその割合が増え、41-45歳で68%、51歳以上では76%に達していた。
  医療にほとんど携わっていない理由については、45歳以下では51-80%の人が「妊婦・出産・子育てのため」を挙げ、46歳以上になると「介護のため」が増える。医師と結婚した人が8割前後と多い影響からか、「働く必要がない」が41-45歳で15%と二けたを超え、46-50歳が20%、51歳以上になると37%が診療に従事しない理由に挙げていた。  医療現場から離れている理由としてはそのほか、「他の職業についている」も目立ち、36-40歳で14%、51歳以上では37%だった。

「復帰したい」は少数派?

 医師不足対策では、女性医師の復職を支援するための研修がクローズアップされ、今回調査では「医療現場から遠ざかり医療を行う自信がない」という質問も設定した。ただ、それを復帰しない理由に挙げた医師は少数派で、上位2位が13%(51歳以上)、9%(36-40歳)にとどまった。特に46-50歳では0%だった。
  そのほか医療を再開する予定についても、年齢が上昇するとともに「予定がない」の割合が増えている。31歳以上の区分では、いずれも半数以上、特に41-45歳、46-50歳では80%が復帰する考えがないこともわかった。
  仕事と育児を両立させるために必要な条件としては、「配偶者の意識」が全年齢区分で13-14%でトップ。そのほか「自分の意志」や「上司の理解」「同僚の理解」も10数%で上位に挙げられた。物理的な支援では、保育園、託児所への期待が強いこともあらためて裏付けられた。
  回答者の現状については40歳までは大学病院で勤務する人が多く、41歳以上になると開業が増加している。診療科はすべての年代で内科・精神科が30-37%と多かった。


Copyright (C) 2007 株式会社じほう

コピペすると自分が偉くなった気がするなぁ、、、そんなことはさておき。

やっぱ、女医なんていらねぇ!。
という結論でよろしいんでしょうか。。。

国家を転覆しようと思えば国家元首を暗殺するなんて手はありますが、それを総理自らがやってのける、これこそ憎むべきテロリストあべたん。
おそらく、重要な法案はすべて占星術師に占ってもらうぶっちゅくんに脅されたんでしょうか?。総理になると墓場まで持っていくことが必須とされるアメリカとの密約。。。相当きつかったんでしょうねぇ。。。

で、あさしょうりゅうなんかよりも、この人こそ精神科医の診察が必要なんじゃないのと。
だって~。
目はうつろだし。
言っていることはおかしいし。
やっていることもおかしいし。

でも「うつ」じゃないし。。。

ってなると、やっぱ、、、他の誰かに洗脳されちゃったのかと。
宗教家、思想家?。誰が彼を洗脳したか?。

彼を洗脳されやすいカラダにしちゃったのは国民なんだから、彼を治療してあげる責任くらい国民にもあるはず。
だ~か~ら~。

聴診器や、ワシの声が聴こえるか?。ワシはメガネと呼ばれておるものじゃ。お前は聴く事しか出来んじゃろうから、よぅ聴いておく

れ。ワシはある老人の元で大事な仕事をしているアイテムなんじゃよ。そしてお前も主を持っておるじゃろ。先生のことじゃ。お前の

先生に身の危険が及ばぬよう、よう聴いてくれ。本来なら、ワシの主がお前の先生を守ってやらんといかんところなんじゃが、こちと

てやらにゃぁいかんことが一杯出てきてな。そうもいかんのじゃわい。ただ、今のところ、奴らは先生の存在には気付いておらんし、

先生も自分が「能力者」だとは気づいておらん。そのことは今の所、好都合じゃとてな。事態は急を要するんでな。
門が開かれたのじゃ、奴らを止めんといかんじゃ。ただ、先生の身にもしもの事があったらお前は叫べ、そうすれば我らの誰かがその

声を聞きつけて駆けつける、必ずお守りするからな。安心せぃ!。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。