ブログ更新はイザぶろぐで続いてますよぉ~。このFC2は停止となり。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
医者、勤務医の年収は10年目くらいで1000~2000万円くらい。(都会では)転勤などが多いので退職金はほぼないと考えて欲しい。

医療ミスで一件数千万から数億の賠償を請求される仕事として考えれば報酬は多いとは思えないがどうですか?。

そんな悲しい医者の給料も、天井知らずのものがいくつかある。

ランボルギーニ、新型レヴェントン発表
msn自動車

イイ!。もう無条件に感動的にイイw。
スバラシイ。

TOYOTAのLEXUS LF-Aもこのくらいのデザインならいいのに。。。w
見てみたいけど関西では無理だろうなぁ。。。

世界で20台、誰が買うんだろう。。。
とりあえず、ランボ数台かビンテージ持ってる人しか買えないんだろうなぁ。
「ふじっ子煮」のテレビコマーシャル、海の野菜~海の野菜~昆布をおいしく召し上がれ~
っていうのがあって、子供は好きでまねているのですが、、、

もともとは、昆布をおいしく「お食べなさい~」だったのが、突然に「召し上がれ~」になって、、、とっても気になるのでネットで調べてみたら、答えが見つかった。(すごいぞネット!w)
以下あるブログの歌詞変更が気になって、思い切ってフジッコ㈱に問い合わせてみた人の書き込みを引用w。
私達はこの「小宇宙」と「門」に関して、誰にも話さないで置こう、そして忘れようという結論で一致した。
それは突然現れ、そして自然と消えていったこともあってね。

また会う?それとも会わない方がいいのかなぁとか他愛もない話をしていると、本当にそろそろお開きの時間になった。

最後に安倍くんがTOMOに思いつめたように言った。

「TOMO、ひとついっておきたいことがあるんだけど。
近々君は誰かからリング(指輪)を貰うことになると思う。でもできればそれを断ることはできないだろうか。
そう、断ってほしいんだ。
でもね、それを断れないことは判っているんだ。君にとって大切な人から貰うものだからね。
さらには、君がそれを貰い、それを身に付けることは君にとっていい結果をもたらすから。」

「安倍くんの言うことは、いちいち難しいのよねぇ~」TOMOは話の腰を折ってそう笑って切り返した。
「はいはい、もうこのことはなかったことなんだから~」

TOMOは相変わらず屈託のない笑顔で笑っている、私、遊佐も、まぁいいかなぁってことで、笑っている。そして安倍くんも何か吹っ切

れたように笑顔だ。「じゃぁ、いつか縁があったら会えるかもね~今日でお別れ、お疲れさん!」
待ちに待ったランクル200が遂に発売です^^。
とはいっても、、、こんな環境に悪いクルマ、、、買わないんですけどw。

まぁ、SUVフアンとしては、欠かすことのできない存在。
いくら、BMW5やカイエンが素晴らしいとか、乗るならトゥアレグだなぁとか言ってはいますが、、、買えるものなら(安いしw)やっぱランクルなんですよねぇ。。。

買わないですけど(くどいってばw)

遂に西日本最大のトヨタ展示場、アリオ八尾に我が家が乗り込む日も近い?w

早く見たいなぁ~乗ってみたいなぁ~、、、欲しいなぁ~~~。
とってもとっても欲しいなぁ~。

駐車場、、、入らないんですけど。。。><

個人的には次期ランクルプラドを期待ですけどねぇ。
ランクル200もだけど、ディーゼル仕様、、、出て欲しいですよねぇ。

来週の連休には買う人多いんだろうなぁ~。いいなぁ~
「ハク様。遂に待ちに待った私達の時代がもうすぐそこまで来ましたね。」
「そうだな、この二百年、「能力者」を失い、時空の牢に幽閉され、そこから逃げ出し、新たな「能力者」を見つけ出し、我が一族は

本当に大変だったな。」
「そうでございます、やっと「能力者」の能力を手に入れることがこうしてできました。あとは、あやつらをどうしてやろうか。」
「まぁそう焦るな、クインよ。せっかく二百年ぶりに歴史を我が手中に入れたも同然なのだ、大いに策を練ろうではないか。」
「はい、わかりました、ハク様。」
「それではまずあの子の能力を頂き、そしてそれを封じる手はずを進めようか。」
「ハク様、早速手は打っております。もうすぐここに佐々木様は到着する手はずになっております。」
「彼女の新しい人生に乾杯って所だな。」
「そうですね、彼女にはどんな素敵な人生が開けるのでしょうねぇ。」
「そして我々の新しい人生にも乾杯!」
某尼崎をクルマで走っていたんだけど。(皆さんは尼崎=公害=センタープール(競艇)だと理解されているかもですが、尼崎の有能な市長をはじめ、尼崎は結構今、私、個人的にお勧めの町ですよw、高級住宅地もあるしねw))

小学生らしき子が数人、43号線(関西で一番大きな国道のひとつ)に自転車3台ほどで走りこんできたんですが。
彼らの1人の子の指先に白い棒状のものが、そしてその尖端からは煙が。。。

信号が変わり走り出す彼は、その白いものをクチに含み、、、クチからはふぅ~と白い煙が。。。

え?。まぢぃ?

タバコじゃん。あの子、多分10歳くらいだよね。。。
人気blogランキングへ応援、ポチッと
FC2 ブログランキング投票はここをポチッと
目の前には、よくマンガに出てくるような大きな門。外枠があって開き戸が左右対になっているような門。
その門の模様は先ほどの「小宇宙」で、ぐるぐると渦を巻いている。

「これって、何」「なんだろう」「怖いわ」
「何か入れてみる?」「危なくない?」

「危なくはない」安倍くんが断言した。「これは危ないものじゃない。でも何かはわからない」
「どうして危なくないってわかるの」TOMOが腰を抜かしてお尻を床にペタンとつけながらか細い声で聞いた。
「やめなさい!安部くん!!!」
遊佐が叫んだが、安倍くんは頭と腕をその門の渦の中に突っ込んだ、そして、何事もなかったかのように無事生還した。
「ダイジョウブなの!?」
「うん、なんともない」
「中は一体どうなっていたの?」
「う~ん、何もないというか、何も見えない」「でも、、、」
でも、と言って阿部くんはしまったという顔をしているようだった。
「でも、なに?」
「聞きたい?」
「うん」「是非」

「この門の先にいずれ僕らは行かなくてはいけない、でもそれはとっても危険だ」
「でももっと危険なのはこの門をくぐろうとするのは、僕らだけじゃないってことだよ」

「隠しましょう!誰も見なかったことにして!」TOMOは力強く言った。
「無理なんだ、、、この門のことは奴らも既に知っている。でなければボクの未来を知る「能力」が彼らがこの門を通ることは予知できない」

子供を近所の小さな公園で遊ばせていた時の事。
公園には5人くらいしかいなかったのだけれど、車椅子に乗った60歳くらいの男性の老人が公園に入ってきた。
そして公園の入り口近くを少し奥に入った辺りに車椅子を進め、そこでしばらく停まっていた。
私達も特に手伝う事もないだろうと別段注目もしていなかったんだけど。

ふと、次に彼に目を移した時、立ち上がってズボンを直している(様に見えた)。
移動していて、お尻あたりの服の具合でも悪いんだろうなぁと思っていたら。。。

ちょいと目を疑った。

人気blogランキングへ応援、ポチッと
FC2 ブログランキング投票はここをポチッと

彼は立小便をしているではないかw。(いや、笑うとこと違うけど)
一部の医者はバイトをしなくては生きていけない環境なので、複数のバイトを掛け持ちしている事も多い。
1件ではその額は年収数十万から2,3百万程度だから、給料が支払われる際に一応税金は取られているものの、本来は確定申告をしなくてはいけない。
内科よりも外科系のほうがちょっと高いか?眼科は別格。(今のところ楽で一番儲かる事もあり人気殺到、患者が死ぬこともないし、訴訟も少ないから。)逆に皮膚科は専門性によるがちょいと安い?。
倖田來未さんは素敵な方だとは思いますよ。
でもねぇ。

2年連続でベストジーニスト?って違わない?

彼女から生足フトモモを取ったら、、、何が残るの?
(なんて書くと、フアンから怒らえるのでしょうが。。。)

もちろん、私服で彼女がジーンズを素敵に着こなしているんだろうことは容易に想像がつくし、、、そもそも論として、こういう賞は話題づくりだから、、、ネイルなんてシナイ芸能人がベストネイルに選ばれたりするし、メガネなんてかけてるの見たことない以下同文。

でもさぁ。

彼女がジーンズはいているのって、全く魅力を感じないんだけどねぇ。
これが、日本で一番ジーンズが似合う人で、さらにそれが2年連続なんて、、、

本当に芸能界って人材いないんだねぇって感じ。
その人の一番の魅力を隠して、それがベストだなんて、おかしいよねぇってお話。
TOMOはまだちょっといじけながらも安倍くんに聞いた。
「安倍くんは未来のことがわかるの?」
「わからない、自分でも表現しにくいんだけど、未来で起きた、起こると決まっていることならその結果がわかるんだ、そしてその結果を変える事もできる。簡単に言えば、」
「安倍くんの話はいつも難しいから、簡単にね」
「おう、だから、未来で起こることがわかって、わかった未来は変える事が出来るんだ。」
「全然わかんない!」

「まぁまぁ」と遊佐が口を挟んだ。
「安倍くん、じゃぁ、このTOMOが作った「小宇宙」も私のこの手の「光」もいつでも出せるのかしら?。」
安倍くんは困ったような顔でこういった。
「そうなんだ、そこがボクにもわからないんだ。でも多分、この3人が出会うことで力は安定していることだけは確かのようで。」
「でも、会っていても、力が増す時とそうでない時の差が激しいから」

TOMOが立ち上がり、「ちょっと飲み物でも入れるね」と台所の方に向かって歩いていった。
「おかまいなく~」と遊佐。首から下げた聴診器をかばんに入れようと手に取った。
「ありがとうございます」と安倍くん。ズボンからはみ出たシャツを立ち上がって入れようとした。その時ズボンからハーモニカが落ちたので拾い上げた。

「あ~~~~!あ~~~~~~!!!」と遊佐と安倍くんが叫んだ。
TOMOが慌てて居間に戻ってきた。お盆には入れたての冷たい飲み物が、そして首には大事にしているお守りがぶら下がっている。
「何かやった?TOMO!これ何?!」

「嘘でしょ、これは何?」TOMOは叫び声すらあげることが出来なかった。
海の野菜、海の野菜、昆布をおいしく召し上がれ~で子供に人気の「ふじっ子煮」のCMとあかちゃんとの謎
「ふじっ子煮」のテレビコマーシャル、海の野菜~海の野菜~昆布をおいしく召し上がれ~

おしりかじり虫、小島よしお、と並び、子供に人気ですが、、、

もともとは、昆布をおいしく「お食べなさい~」だったのが、突然に「召し上がれ~」になっています。
どうして歌詞変更になったのか気になりません?。
思い切ってフジッコ㈱に問い合わせてみた人の書き込みを引用します。


今の看護師さんは、看護婦と呼ばれることには何の抵抗もないのではないかなと。
ただ、オトコの看護婦さんは呼ばれ方に少々困るだろうなと。
多分、男子看護師さんでも患者さんから看護婦さんって呼ばれたから嫌な気がするとかはないかなと思う。

男性看護師は増えてきましたね。
特に救急や外科系なんかでは。
男性看護助手(看護師資格はなく、病棟業務の補助をするお仕事)も多くなってきましたよね(民間病院では)。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。