ブログ更新はイザぶろぐで続いてますよぉ~。このFC2は停止となり。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宮崎駿映画で最も好きだったラピュタ
今日子供と見ました。(地上波でやってましたね)

う~ん、、、まだ子供には難しいのかしら?。
ナウシカを作ったとき、映画館に子供が沢山見に来ていて、こりゃいかん!と思い作ったのがラピュタだと言われます。

なんか私が感動した所で、なんだか違う感想を持つ?我が息子を見ながら、、、まぁいいかw。

ラピュタ、改めてみると、、、結構無理のある話ですねぇ。。。
宮崎映画自分ランキングが少し、、、替わりそうです。。。
スポンサーサイト
マスコミはもちろん、医者の皆様の中でも全く盛り上がらない話題。
医者(看護師)が刺される系事件。

治療が気に入らなかった。治らなかったにはじまり、入院した家族の扱いが悪かったとか、何故刺したか分からないとか。
明日は我が身な事件だと思うんですけど。。。

事件そのものは、よくある?殺人や殺人未遂(毎日のようにありますね殺人事件、それも普通の一般人の)のひとつなのかもしれません。でもね。今、厚生省がやっきになって、夜間や24時間開業を叫ぶ時代です。

防犯カメラもない。
警備員もいない。
確実にお金がある。
おまけにそこには女性しかいなかったりする。(医師が女医な場合、、、高齢の男性のケースもありかw)

えっと、、、。

計画的に犯行を考えればこれほど襲いやすく金儲け、、、いや、犯罪を犯しやすい職場はないのではと。
コンビニ強盗するより、夜間診療個人経営医院に踏み入る方が、なんて効率的。

あえて今まで書かなかったけど、、、大学医学部医局に堂々と日中に泥棒に入れるのと同じ位にハイリスク。
何故白昼堂々と犯行が可能かは、、、医局にいた人なら分かるよね^^。

一人刺し殺すくらいの決意で犯行を行うなら、是非夜の診療所へ。。。

そんな時代が来るかもしれません。

私も、、、自分では気がつかないうちに、患者に恨まれているのだろうか、、、。
常識を逸している苦情には毅然と対応してしまうタイプだからなぁ。。。
一応、、、診察が終わって車に乗り込むまでは、周囲に気をつけながら歩いてます。
今そこにある危機です。

警察は、事件が起こってからでないと何も動いてはくれません。

警察官が殉職したら2階級特進の上退職金や恩給?年金がもらえます。
医者が刺されたら、、、それで一家は路頭に迷うことになります。なんの補償もありません。労災も、、、どうなんだろう。てか、雇われ外来医に手厚い保険がかけられているはずもなかろうに。。。

刺されないように訳の分からないクレーマーに屈するつもりはありませんが、、、刺される事件が多くなれば、、、私の態度も変わるのかもしれませんね。

医者が刺されてもニュースの時間はせいぜい1分、ワイドショウの話題にすらなりません。
医者(看護師)は刺されて当然の職業なんでしょうか?。
医者ですら話題にしないところをみると、、、当然なのかもしれませんね。
今日も夜道には気をつけよう。。。
胃カメラをする際に患者の感染症(HBs抗原・HCV抗体・梅毒反応)を調べますよね。歯科治療をする時にも出来れば行いたい検査です。(ところで歯科で採血されたことあります?w)あれって何故するのって疑問に思われる方、きっと多いと思います。検査前に採血するんだから、きっとなんかいいこと(患者の利益になること)調べてくれているんだろうなぁと気軽に腕を看護師さんに差し出してはいませんか?(いや、それが別に悪い事じゃないんだけどw)


知ってのとおり?カメラをきっちりと洗浄すれば、これらの感染症が検査で感染するリスクはありません。(きっちりと洗浄する、、、のがポイントですね。。。カメラの所の看護師さんはとっても怖いですよね。。。よく救命救急で使い終わったカメラを洗浄した記憶が、、、ああ、、、時間外に洗浄を頼む時のそれはもう看護師さんの対応の悪い事w。。。残業すいません!でも、、、あなたは手当てつくけど私はこのブラシでこすったりする作業に一円も、、、自主規制w)(思いっきり脱線w)
えっと、なんでしたっけ?
あ、そうそう、感染症ありと感染症なしを使い分けていない病院なんて多いですよね。
(くどいようですが、きっちり洗浄すればなんの問題もありません。)

では、誰のためにやっているんでしょう?この検査。。。私が結論を出す必要もないのでw。(オイオイ、、、オ~~~イw。)

さて、エイズです。(ここまででこんなに字数が増えるとは予想外!ですw)(無理からに本題に戻る遊佐センセイw)

私の過去記事 「エイズ増えてるんですか?」 http://blog.m3.com/nakoyusaBlog/20070605/1
の、子持ちししゃも様のコメントを端に記事追加してます。でも私の持っている情報や認識とは少し異なるのですが^^。
「マイアミの青い空」のブログ記事に先を越されていますがw。「HIV婚前検査は必要か」 http://blog.m3.com/Neurointervention/20070613/1

性感染症は、ここで堂々と書くとそれは違う!いや、そんなこと言ったら感染症が増えるじゃない!とお叱りを受けるでしょうが、、、女性から男性には移りにくく、男性から女性には移りやすい傾向があると思います。(いい切ったね、、、勇気アル?)もちろんすべてのSTDの話ではありません。で、エイズの話になかなかなりませんね。。。

要するにだ。(言い切っておいて逃げるのか遊佐。。。はいw)(この記事乗り突っ込み多すぎ!)

話をエイズに戻しましょう。
精子、血液には豊富にウイルスがいてます。肛門にそんなぶっといものを突き刺したら切れます、、、目に見えなくても。もちろん膣だっていきなり無茶したり激しすぎれば、、、自主規制。なかなか本題に入れません。だから~。エイズは男性から男性もしくは女性に非常に移りやすい。よく昔言われましたね、エイズ患者の唾液をバケツ一杯飲んでも移らないって。。。(それ話題ずれてるよ。。。)

なんだ、この低レベルの記事は!本当に医者が書いているのか!。

さて。

本題。(ふぅ~)(その2へ続く)

最近、毎朝、娘が学校に行きたくない><と大泣きします。。。

正直、気が狂いそうです。。。毎日毎日。。。

ナニー911育児書にあるような適切な対応を心がけるのにも疲れ、、、何がイヤなんだろうと、、、正直切れそうです。。。

いやね、だって、、、行ったら行ったでとっても楽しくしているんですよ。。。毎日学校で楽しかったこととかいろいろ話してくれるし。

甘えたい年頃、赤ちゃんがえり、、、と簡単に育児専門家に一蹴されそうなことですが、実際に毎日毎日号泣し、先生に無理やりに押し付けて足にしがみつく我が子を引き離すのは、、、相当に苦。。。

はぁっって。

思えば、上手に使えていたお箸も全然ダメだったり、なんか今まで出来ていたことが出来なかったり。。。

まさに育児参考書どおりなんですが、、、それが自分の子の現実だと結構辛い。まぁ、それも長い目で見て、振り返ればあんな可愛い頃もあったのよと笑える話になるんでしょうけど。。。

はぁ、、、明日もまた理由なく泣くんだろうなぁ。。。辛いなぁ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。