ブログ更新はイザぶろぐで続いてますよぉ~。このFC2は停止となり。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
老人が老人を介護することを確かこういう言い方をすると思う。
世間には、老人を病院や薬漬けにして、その人の年金で家族一族暮らしているような人(見舞いにも来ないのに患者が死にそうになると病院に文句を言いまくる家族)がいる一方で、介護が生活の一部かそれ以上になっている人がいる。

そう、老人が老人を自宅で介護すると、当然のごとく全く自分の自由な時間もありとあらゆることを犠牲にして介護をしている。ただ、それが当たり前の人生になっていると、それを経験していない人にはわからない感覚におそらくなっているのだろうかなぁと、訪問看護などの医療をしていると感じる。

どうもその状況を、うまく説明できないし、実際に見てもらわないとわからないとしか言えないのだけれど。う~ん、もっとうまくその実情をうまく書けると思ったのだけれど、介護保険が本当に必要なのはどういう家庭でどういう患者(家族、家庭)なのか、老人医療を手厚くするべきはどういうケースなのか。もちろん生活保護やら政府の人権保障やらにもなっていくのだけれど。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。