ブログ更新はイザぶろぐで続いてますよぉ~。このFC2は停止となり。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タバコが値上げされたことをきっかけに、禁煙に取り組もうという人が多いらしい。

私の知人のドクターは喫煙者なのに禁煙外来担当を院長から命じられたのですが、本人は禁煙するつもりはまったくないそうで。。。

そうそう、ニコチン製剤?処方が保険適応になったのですね。
普通の外来にも禁煙したいと来る人が時々います。

本当はきっちりと説明(まぁそれなりに説明しますがw)した上で、患者(喫煙者)本人の固い意志を確認した上で処方するのだろうけれども、はっきりいって、、、面倒だw。というか、、、。

おそらく、会社から命令されたのだろうなぁと思われる人が結構多いように思うのですね。そう、禁煙するつもりはないけれど、会社が禁煙しないと~~~ってね。例えば生命保険とか、医療関係とかね。
(ニコレット作っている工場では敷地内完全禁煙になったとか。)

そう、本人がイヤイヤなのに、薬だけもらうために来ているのだから、当然説明も全く聞く気がない、明らかにやる気がない。そんなに不機嫌そうな態度とらなくてもいいのに、、、と感じながら、形式的な説明だけして。。。

はぁ。やる気のない人に、薬だけ処方するのって本当に医療費の無駄ですよねぇ。。。

てかぁ、、、この薬って、、、病名なんて付ければいいんだろうw。
喫煙って、、、病気なのかなぁ?。
医療保険からお金が出てるんだからねぇ。

まぁ。。。

タバコ吸いながらこの薬使わないでくれ(危険だし)と願いながら処方するのだけれどね、、、多分どうせ二度と来ない患者だし。。。

まぁ、どんな病気にでも言えるのだろうけどね。
血圧の薬でも、、、絶対に飲んでないでしょ!と断言できる患者がいても、、、下がらなければ薬の力を強くする必要があったりとか、、、。

タダ(もしくはタダ同然)で医療を受けられる人は、多分皆さんが思っているよりも多いのですね。医療費を削減だとか言う前に、病気を治す、良くするつもりもないのに医療だけ受け続ける人たちを、、、

何とかしてほしいです。。。

勤務医的にはね。

病院経営者としては、そういう自分の体や病気に興味がない人こそお客様!なんでしょうけどね。。。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。