ブログ更新はイザぶろぐで続いてますよぉ~。このFC2は停止となり。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
村上ファンドの企業買収の話を記していて、そういえば似た世界が身近にもあるような・・・と思っていたのですが、思い出しました。

そう、現在にわずかに残る、おかしな制度、大学医学部医局制度。

さらに、教授選。

教授が辞めると、新しい教授を選ぶ選挙が行われます。
前の教授の力が絶大だと、後継者を勝手に推薦したりするわけだけれど、一応は公募制なので、対立候補が出ることは多い。

前の教授が人事のことはあまり。。。というノホホンとした人の場合は、多くの候補が連立する。もちろん学内(その医局から)からも出るし、場合によっては、学内でも助教授と講師とかOBで学外に出ている先生とかが立候補する。まぁ、学内だけならいざしらず、医局員にとって恐ろしいのは、学外から有力候補が立つ場合。

大抵の場合、学内候補よりも論文も業績も立派な人が来る事が多いw。

で、。

トップが変わると、医局の方針も完全に変わる。

すべてが悪い事ではないけれど、、、
さらに怖いのはこの後。

なんだと思います?。

明日に続けようw。

どんな人が来るんだろう。。。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。