ブログ更新はイザぶろぐで続いてますよぉ~。このFC2は停止となり。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小児科医療無料化に出産費用無料化(無料というのは反対です、窓口支払い申請にて返還にするべきだという自論)、と少子化対策が実現?。おまけに住宅ローン減税はやっと育児に金がかからなくる頃にはなくなっていて、おまけにキャリア捨ててまで産んだのに、今や出産後も元の職場に戻れるとか。

今、1~5歳程度の子供を持つ母親はありとあらゆる面で不遇を受けています。
[今、5歳くらいの子を持つ母親は負け組み?。]の続きを読む
スポンサーサイト
ブログに患者様からの書き込みを受けることは想定範囲内でもありながら、今まで意外となかったことなので、正直戸惑っています。

出来るだけ本音で語れればいいな、レスを返せればいいなとは思うのですが、不用意にレスを返す事で不安や迷惑をかけてもいけないと思い、少々悩んでいます。

このブログのスタンス?は職業医者が素人的な感覚で医者の意見を書く(意味不明w)なので、医者である時に患者様に接する際に言っていることと大きくかけ離れていたり、あえて自分の意見ではない事をわかっていて書いている事も多?かったりします。長く読んでいただいている読者さまは大変ありがたいことに、狙って書いただろというニュアンスをわかっていただける(と勝手に期待)のですが、引越し前のブログなどを読めば、こいつ医者なのにこんなこと言うのか!と感情的に怒りがこみ上げてきそうな意見も多かった?ように思います。あえて、それを狙って、、、(繰り返し)。

というわけで、レスは返すことのできる範囲で返していますが、ガン医療に関しての記事はまた書きますが、一旦、NHKスペシャルに関しては自分の中で終わりにしたいと思います。もちろん私だって奇麗事を言いたい、患者の立場でモノを言いたい、でも、、、ってところを書いているこのブログ。真正直にレスを返すと、本来の書きたいことが書けないというジレンマに陥り、、、(何書いているんだろうw。)

もちろん、レスをつけていただけばぼちぼち返してはいきますが、一旦終了させて頂きます。

どういう立場で誰のための意見を言うためのゲストとして呼ばれているのか、そして誰の利益のために、、、か。患者様の利益だけを求めるのは本当の医療の姿ではありますが、現実はそうは甘くはありません。

どんな番組でも伝えたい幹となるテーマがあるはずです。
論議の途中にその幹が折れたり曲がったりするようでは最初からやらない方がいいとも思います。ですから、結論ありきの方向性がまず第一にある以上(でないと番組がまとまらない)、相当なデバイス(誰かの強い意向)がかかるのは仕方ない事。ネット掲示板のようなものを生中継しろ、カットするな、という意見は多いでしょうが、おそらくそうすれば誹謗中傷と自分の意見を主張し他人の意見を聞きもしない(たけしのTVタックルのような番組)になることでしょう。

NHKに中立を求める時点で間違っているのですが、NHKは正しい報道をしているとどうしても思ってしまうため、、、。

今の医療を変えるには患者様の声は絶対に必要です。
政治家の演説のようになってしまいますが、変えようと思わなければ絶対に変わりません。他方で、誰もに平等な医療というのもありえません。

ああ、何言ってるんだろう。

ということで、一旦おしまい。
それではまた平常どおり、自分の好きなこと書かせて頂きますね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。